2002年映画放浪記

The BEST OF SOUL 2002

毎年恒例となった?がんばった人への私からの迷惑な賞...
これでも凄く悩んで選んだのよ


今年1/1/2001-12/1/2002までに米にて劇場ワイド公開
又はTV放映された中から選んでみました。
見てない作品も多いんで、何とも言えないんですが...


Best Performance of the Year
Samuel L Jackson
>> Changing Lanes

う〜ん、凄くいい感じに円熟味を増してきましたね。この映画のこの演技には、すごくハラハラドキドキさせられちゃいました。 いつも感じていたのだけど、彼の師匠であるモーガン・フリーマンとは違って、人間味を出さず、 クレイジー気味で人間離れしたサミュエルの演技がまた魅力だと思っていたのだけど、 この映画では師匠を超える人間味溢れるお父様役でした... あのバーのシーンは、非常に見ごたえありました。 こちらまで手が振るえ、「親父!飲むな!」と思わず叫んでしまいました。今年のオスカーおめでとう!(フライング気味)

Best Male Performance of the Year (Drama)
Denzel Washington
>> John Q

ひや〜、悔しいけれど、やっぱりあなた様にまた今年もお会いしましたね。 あなた様のブルーカラー役、やっぱり素晴らしかったです。役作りと思われる、今回のビール腹、さすがでございました(笑)
あんな悪役を演じた後の、愛情溢れるお父様役。裏切られた感じが、またしびれました。来年もまたお会いしましょう。 来年は、監督賞かしら?


Best Male Peformance of the Year (Comedy)
None
>> None

非常に悩みました。コメディ好きな私なだけに、厳しいです。「Undercover Brother」のエディ・グリフィン、 「Barbershop」のアイス・キューブも良かったのですが、2人で悩んだって事は2人とも抜きん出ていなかったって事だとも思うので、 該当者なしとしました。

Best Female Performance of the Year (Drama)
Halle Berry
>> Mosnter's Ball

去年って感じがするが、実際にワイド公開になったのが今年の2月なので、選びました。 綺麗なだけでないベリーの才能を知れて、これからが非常に楽しみであります。勝負はこれから...って気がする。 いい作品を選んでがんばって欲しい。

Best Female Performance of the Year (Comedy)
Aunjanue Ellis
>> Undercover Brother

エディ・グリフィンも、デイブ・チャペルも、スマートブラザーも良かったけど、この映画で一番輝いていたのは、 シスタガールの彼女じゃないか...なんて思った。彼女の7変化も楽しかったが、一番胸踊ったのは、彼女のハツラツとした姿。 アンダーカバーブラザーが浮気中に、店員に扮していたのが、妙に可愛かった。 去年の「ダイバー」で見せた、したたかさの欠片もなかった部分に、彼女の才能を感じた。彼女なら、蹴られてもいい...

Best Male Supporting Performance of the Year (Drama)
Mario Van Peebles
>> 10,000 Black Men Named George

後悔していた。去年、思わずジェイミー・フォックスをこの欄に選んだけど、本当はこのマリオ・ヴァン・ピープルズだった気がして..  そんな彼は、本作品でまたもや泣ける演技を見せてくれ、今度こそ後悔なしに、選んでみました。あぁ、すっきり。 彼は本当にいい役者になったぞ!メルビンパパ....

Best Male Supporting Performance of the Year (Comedy)
Anthony Anderson
>> Barbershop

ふふふ。嫌でも目立つこの体...いやいや、この演技。画面に映るだけで、面白度がアップする憎い人...  あなたの破壊度はボブ・サップ並... 今年も大忙しに私たちを楽しませるために働いてくれた人。 このお体なのに、なぜかスローダウンという言葉が似合わないお方でもあります。来年も全力投球で楽しませてもらいましょ!!

Best Female Supporting Performance of the Year (Drama)
Kimberly Elise
>> John Q

演作品を見る前までは、彼女がデンゼルの奥様??若すぎないか...なんて思ったけど、実際に見たら、凄い迫力! 彼女の作品選びは非常に賢いと思うので、これからが期待だ。彼女の憧れは、シシリー・タイソンだそうだが、 そんなタイソンの堅実さを彼女からも非常に感じた。ちなみに「今年のベスト一言」があるとしたら、 彼女がこの作品で言った「私はクリスチャンの女性だから」だっただろう。この一言に私は文化を感じた。

Best Female Supporting Performance of the Year (Comedy)
Eve
>> Barbershop

イヴの演技なんて、正直、楽しみにもしてなかった。けど、この映画での彼女は、非常に魅力的。 ラップをしているときの彼女って、タフなイメージだけど、この映画に関しては、かわいくてかわいくて...  この役は彼女にすごくぴったりだったと思う。「誰が私のアップルジュース飲んだのよ〜!!」の一言、 最後に聞いた時にすごく心暖まった。ラップの時とは違う彼女の魅力が今までになくセクシー。

Best Director of the Year
Robert Townsend
>> 10,000 Black Men Named George

私の場合、彼に関してはBest Director Of the Yearってだけでなくて、Best Director.(ピリオド)だったりする。 とにかく、私が楽しめて、夢一杯の映画を作ってくれる、私にとっての現代のウォルト・ディズニーが、 このロバート・タウンゼント。って事は、彼の映画に沢山出ていたレオンが、 ミッキー・マウスで、ウェイアンズ一家が7人の小人だったり... と冗談はさておき、日本における彼の知名度がかなり低いが、 現代のブラックムービーの形を築いた一人なりぞ!これからは心して見るように!!

MVP
Samuel L Jackson
>> Changing Lanes, SWII, XXX...
今年はサミュエル・イヤーとブッシュが決めたんじゃないかってくらいに(ブッシュに意味はない)、 忙しい1年だったサミュエル。そんな中で、「チェンジング・レーン」で見せた演技に心奪われた。 一つの仕事も無駄にしてない役者魂。

Best Newcomer of the Year
Michael Ealy (actor)
>> Barbershop

今年はパッとした1年でなかった気がするけど、彼が出現してくれたおかげで、随分と明るくなった気がした。 オマー・エプス以降、今まであまりいい若手が出てこなかったけど、その分これからは彼に期待だ!

Best Movie of the Year (Drama)
10,000 Black Men Named George (TV)

今年は劇場公開された映画では「ジョンQ」かな?とも思ったんだけど、派手ではないが、3人の熟年された演技が印象に残り、 どうもこちらのテレビ映画の方が私の心を奪ってしまった。 そんな3人の演技の個性も十分に生かしきった監督も素晴らしい。お金をかける映画ばかりでなく、 愛情をかける映画、それがこの映画だ。そんな作品が増えることを願って、今年はこの作品。

Best Movie of the Year (Comedy)
BarberShop

色々とすったもんだがあったけど、やっぱり面白かったこの作品。 面白いだけでなく、心暖まる良質なコメディ作。一人一人のキャラクターも濃いのに、なぜか共感できてしまう。 初期の「フライデー」の良さがそのままいい形で再建されている気がした。それぞれの演技も素晴らしい珍しいコメディ作品。

2002年総まとめ

私が去年ここで書いた事を、そのまま実現してくれたのが「BarberShop」。非常に嬉しかった。 ここで今年を予測しちゃった、私って、凄い...と誰もほめてくれなそうなので、自分で褒めておく(悲)。 が、他の作品が非常に小粒。というか、今年は例年に比べて作品自体が少なかったように感じる。 テレビ映画も少なかったし、インディ作品も少なかった。 年末に立て続けに公開されるので、来年に期待かな? しかも新人が出ている作品が多い年末映画、来年は良質な新人が多数出るぞ!と勝手に予測。やっぱり来年に期待しよう....


Last modified 12/12/02


>> Home