Things I Lost in the Movies, but I Think I Love My Movies

The BEST OF SOUL 2007

毎年恒例となった?がんばった人への私からの迷惑な賞...
これでも凄く悩んで選んだのよ


2007/1/1-2007/12/31までに米にて劇場ワイド公開
又はTV放映された中から選んでみました。
見てない作品もあるので、何とも言えないんですが...(毎年恒例の言い訳です)


Best Male Performance of the Year (Drama)
Samuel L Jackson
>> Black Snake Moan

「The Great Debaters」のデンゼル・ワシントンとも悩みましたが、 好き度から言ってみると、このサミュエル・L・ジャクソンが演じた役が 魅力的でした。


Best Female Performance of the Year (Drama)
Ruby Dee
>> American Gangster

パチーン!
「私が叩かなくてどうする!」と思いっきり叩いてくれたその女気に!母の強さと女の弱さ。両方が見事でした。


Best Male Performance of the Year (Comedy/Musical)
Don Cheadle
>> Talk To Me

ドン・チードルの明るい演技中々でした。本物のラルフ・グリーンはこんな感じだったんだろうなって 想像しやすい表現力でした。胸がワクワクするそんな役でした。またこういう明るい役も見てみたいです。


Best Female Performance of the Year (Comedy/Musical)
Taraji P Henson
>> Talk To Me

この映画の魅力を最大限に語るには、やはり彼女の存在が必要です。一見だらしなく見える役ですが、 あそこまでチャーミングに出来るのは彼女だけでしょう。それで居て、ラルフを心配する姿が、 1人の普通の女性でもあり...本当に魅力的でした。


Best Male Supporting Performance of the Year (Drama)
John Cothran Jr.
>> Black Snake Moan

サミュエル・L・ジャクソンとのバランスの取れた存在感。2人揃って渋い。聖職者という役柄らしい風格。 だからこそ、悪魔が潜んだブルースマンである主人公とバランスが取れた。彼がいい盾になっていたと思います。


Best Female Supporting Performance of the Year (Drama)
Jurnee Smollett
>> The Great Debaters

子役の時から本当に名子役だったけど、最近ではすっかり大人になって綺麗になりました。 でも子役の時の「凄い!」という印象はそのまんま。将来は絶対に名女優となって活躍するでしょう。 本当に成長が楽しみな人です。


Best Male Supporting Performance of the Year (Comedy/Musical)
Chiwetel Ejofor
>> Talk To Me

デューイ・ヒューズという2枚目を見事に演じてました。本当に何をやらせても面白くて素敵。 どんな大物と絡んでも上手い。 あのビリヤードシーンにやられました。


Best Female Supporting Performance of the Year (Comedy/Musical)
Tasha Smith
>> Why Did I Get Married?

「Daddy's Little Girls」の怖いママから一転して、「Why Did I Get Married?」では友達思いの女性に変身。 カンディ・アレクサンダーに似てますが、きっとタイラー・ペリー映画でも今後も大活躍してくれる事でしょう。


Best Director of the Year
Kasi Lemmons
>> Talk To Me

Talk To Meは期待を裏切らないいい映画でした。面白さとか悲しさとか怒りとか全てが詰まった作品。 「Eve's Bayou」とはまた全然違う映画でしたが、すばらしい映画でした。


MVP
Denzel Washington
>> The Great Debaters (Actor/Director)

ごめんなさいだけど、「アメリカン・ギャングスター」は無視して、 「The Great Debaters」の俳優と監督としてMVP。


Best Newcomer of the Year
Denzel Whitaker (actor)
>> The Great Debaters

彼の名前が全てを語ってますよね。背負っている物が大きい名前ですが、名前に負けてない青年です。 「The Great Debaters」では、一番若い青年役でしたが可愛いだけじゃなく、存在感もありました。 あの子が本当に将来「CORE」を作る立派な青年になるんだろう...と想像が出来ました。
次点に同映画のネイト・パーカー。


Best Comedian of the Year
Paul Mooney
>> Paul Mooney: Jesus Is Black

今年はベテランのポール・ムーニー氏に軍配。「Nワード」などで色々ありました コメディ界ですが、やはりこの方のコメディで答えが出た気がしました。


Best Movie of the Year (Drama)
The Great Debaters

真面目一直線の映画。筋が通っていて素晴らしい。勇気と感動が一度に押し寄せる、 力強い映画でもあります。それでいて、映画の核になる夢が沢山ある。パワーが出ます。
私の感想はこちら


Best Movie of the Year (Comedy/Musical)
Talk To Me

もう映画に吸い込まれてしまい、何もかもが忘れられて一体になれる映画。チャーミングで ユーモアがあり、それで居て時には寂しい。ラルフ・グリーンを通して人生の面白さがこの映画には 詰まっている。心から好きだと言える大事な作品。
私の感想はこちら


Best Movie of the Year (Documentary)
The Trials of Darryl Hunt

地元の活動家ラリー・リトルの言葉「差別は真実よりも強し」が未だに忘れられません。 DNAという証拠があるのに、中々無実を勝ち得なかったダリル・ハント。そこからの真実の言葉は 何事よりも強かった。
私の感想はこちら


Special Honorary Award
Killer Of Sheep
To all crews and casts of KOS and Milestone

今年「Killer Of Sheep」がDVDにて発売されたのは、歴史に残る快挙と言ってもいい。 多くの賞に今年になってから輝いている事からも、その事実は確かである。 その快挙を成し得たマイルストーン社と「Killer Of Sheep」に関わった人々に感謝する。
私の感想はこちら


2007年総まとめ

今年は可も不可もなく... なんかとっても普通な1年でした。 楽しみにしていた「アメリカン・ギャンスター」に裏切られ、 でも楽しみにしていた「Talk To Me」に救われ...


2007年作品で見た作品(以下の作品から選出しました)

American Gangster, Animal 2, Are We Done Yet?, Black Snake Moan, Blades of Glory, The Brave One, Code Name: The Cleaner, Daddy's Little Girls, Fantastic Four 2, Feel the Noise, Freedom Writers, The Great Debaters, Hairspray, Home of the Brave, The Hunting Party, I Am Legend, I Think I Love My Wife, Katt Williams: American Hustle, The Kingdom, The Last Days of Left Eye, The Last Stand, Life Support, Little Rock Central: 50 Years Later, My Brother, Norbit, Paul Mooney: Jesus Is Black, Perfect Stranger, Pride, Rambo, Reign Over Me, Resurrecting the Champ, Rush Hour 3, Stomp the Yard, Talk to Me, This Christmas, Things We Lost in the Fire, The Trials of Darryl Hunt, War, Who's Your Caddy?, Why Did I Get Married?


Last modified 1/3/07

>> Home