>> Novel


原作本、またはその作品に関する本で、
アマゾン(アメリカ)で買える作品の一覧です。
尚、一部には英語の本も混ざっているので、
アマゾンの詳細ページでご確認ください。
また作品についてはタイトルをクリックしてください。
前のページ 次のページ
Always Outnumbered / L.A. ブルース (1997)

映画のトリビア >>
ローレンス・フィッシュバーンが、プロデュースをしたテレビ映画。歌手のナタリー・コールも出演している。原作は、「青いドレスの女」等で知られるウォルター・モーズリー。

America / (2009)

映画のトリビア >>
コメディアンのロジー・オドネルが制作のドラマ。ルビー・ディが出演。ライフタイムチャンネル制作のTV映画。
小児精神科医の元に16歳の新しい患者アメリカがやってきた。そのアメリカは16歳にして既に厳しい人生をくぐりぬけてきていた。
原作はE.R. フランクの「少年アメリカ」。

American Gangster / アメリカン・ギャングスター (2007)

映画のトリビア >>
デンゼル・ワシントンがベトナム戦争終結の70年代から80年代に活動していたハーレムのへロイン売人のフランク・ルーカスを演じるクライムストーリー。デンゼルと同じくオスカーの主演賞に常連のラッセル・クロウと再び共演するのも話題。監督は「ブラックレイン」のリドリー・スコット。
共演には、「エージェント」にてオスカー助演男優賞に輝いているキューバ・グッティング・ジュニア、ミュージシャンのT.I.にコモン、RZA、アンソニー・ハミルトンが共演し、俳優の「Talk To Me」のキウェテル・イジョフォー、「Daddy's Little Girls」のイドリス・エルバ等旬の俳優も多く出演している。

Anita: Speaking Truth to Power / (2013)

映画のトリビア >>

Antwone Fisher / 君の帰る場所/アントワン・フィッシャー (2003)

映画のトリビア >>
アントワン・フィッシャー自身が書いた自伝の映画化。彼自身がアメリカ海軍での経験を描いた力強いドラマ作品。オスカー俳優デンゼル・ワシントンが始めてメガホンを握った期待の新作。主演は、ワシントンが抜擢した新人デレク・ルーク。初めて監督をしたワシントンは、あまりの緊張の為に体が固くなり、後日カイロプラティックに通わなければならない程だったという。彼の映画に対する真面目さが現れたエピソードでもある。ちなみに本物のアントワン・フィッシャーは「ソニー・ピクチャーズ」でセキュリティーをしていたが、そのフィッシャーを演じたデレク・ルークは「ソニー」の会社の売店で役を得るまで働いていた。

As Summers Die / ジョージアの熱い風 (1986)

映画のトリビア >>
名女優ベット・デイビスが出演している、南部を舞台にしたお話。共演には、「スーパーフライ」のロン・オニール、「招かるざる客」のビア・リチャーズ、「バクダッド・カフェ」のCCH・パウンダー等。
「フォレスト・ガンプ」のウィンストン・グルームの小説が原作。

The Autobiography of Miss Jane Pittman / ジェーン・ピットマン/ある黒人の生涯 (1974)

映画のトリビア >>
「サウンダー」にてオスカーの主演女優賞にノミネートされたシシリー・タイソンが主演の作品。この作品でもタイソンは数々の賞に輝いた。

Avatar / アバター (2009)

映画のトリビア >>
「タイタニック」で知られるジェームス・キャメロン監督の最新作。「エイリアン2」のシガーニー・ウィーバーとの久々の共演も話題。SF大作に「スタートレック」のゾーイ・サルダーニャ、「セントアナの奇跡」のラズ・アロンソ、「バグダッド・カフェ」のCCHパウンダーがナヴィ族を演じる。

Bad As I Wanna Be: The Dennis Rodman Story / デニス・ロッドマン ストーリー (1998)

映画のトリビア >>
NBAスーパースターのデニス・ロドマンのベストセラーになった自伝を映画化したテレビムービー。本人もナレーションで出演している。

Baggage Claim / 30日の婚活トラベル (2013)

映画のトリビア >>
劇作家のデビット・E・タルバートの最新作。「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のポーラ・パットンが主役。
前のページ 次のページ

>>HOME