9. Do the Right Thing    フォントを大きくする フォントを小さくする

私は、ラップミュージックも大好きだ。私が好きになった頃に、パブリック・エネミー等のメッセージ色が 強いグループが居たからだと思う。その彼らが下火になってきて、ラップミュージックがポピュラー化し始めた頃から、 ちょっと距離を置いた時もある。最近は猫も杓子も聞いているラップミュージック。やっぱり、嫌いにはなれない... それには、訳がある...

ビル・オーライリーっていう、最近人気のキャスターがいる。彼は、この前の9/11以降、強いアメリカを象徴した言葉を繰り返し、 人気者になった。その彼が、先日テレビで、子どもに悪影響を与えるエンターテイメントっていう特集をしていた。 その中には、マリリン・マンソンに代表される先鋭ロックや、ラップ、「アメリカンパイ」のようなティーン向けの映画等を紹介していた。 他の事は、私も詳しくないので触れないが、ラップに関しての彼の意見が、滑稽だった。

ラップの創設者とも言える、ラッセル・シモンズが彼のインタビューに答えていた。 オーライリーは、「アフリカ系アメリカ人の10歳ぐらいの子供達のボキャブラリーが、他の人種から比べると劣っているのは、 ラップのせいでないか?」と言い放つ。シモンズは、微笑交じりに「君は彼らの事そんなに心配しているのか?そうは見えないけど」と 繰り返していた。私は思う。私は、彼(オーライリー)がその子供たちの事を心配してようが、してまいが、気にしてはいないが、 その意見は滑稽過ぎる。だったら、ロックが、そのロックを聞いていると思われる人種のボキャブラリーを助けているのだろうか? だったら、昔彼らが聞いていたソウルミュージックが、彼らのボキャブラリーを増やしていたのだろうか? 確かに、ラップで使われている言葉は、悪影響だとは思う。がしかし、そのオーライリーの意見は、こじ付けにしか聞こえて来ないのだ。 彼は、さらに曲の一部分だけを引用していた。曲全体を聞いてみたら、印象が違う曲だってあるのに...

確かに、悪影響を与える言葉だってある。だけど、それらを聞かせない事だけが、子供への教育の仕方なのだろうか? 確かに、その汚いとされている言葉を聞かなければ、それが一番いいのかもしれない。 だけど、それらの言葉を大人になるまで聞かない子供なんて、どこにいるのだろうか? それよりも、そんな言葉を使わせないように、子供に話す方がよっぽど効き目があると思う。

さらに、オーライリーは、ラップレーベルロッカフェラのCEOであるデーモン・ダッシュに向かって、 「システムに従う必要がある」とまで言った。ダッシュは、「君がそのシステムかい?俺達は、自分たちの文化を蔑ろにして、 君たちみたいに振る舞わないとならないのか?」と返していた。それは、ダッシュの意見そのまま、私の意見だ。

先に書いたように、私は、メッセージ色の強いラップが大好きだ。 色々な問題をストレートに投げかけ、聞く者を考えさせる。今のように「グッチのスーツだ、女だ、スモークだ、 ジープだ、ジェットスキーだ」と言っているラップ。でも、今のラップにも昔のようなストレートさはないが、 メッセージが隠れているように思える。わざと分からないように、隠すように... だから、聞く人によって、だいぶ印象が違うのではないかと思う。いつから、そうなったのだろう?

ラップがまだ今のようにポピュラー化する前で、グラミー賞にも部門がなかった頃は、ストリート色が強く、 そのストリートですごす青年達が好んでいたのが、このラップだった。だから、ストリート語も多く、 一般の人には分からず受け入れられなかったが、メッセージ色は強かった。それが、グラミー賞でラップ部門が出来て、 MCハマーが大人気になった頃から、少しづつポピュラー化していった。

ポピュラー化していくには、全米のたった20%にも満たないと言われているアフロアメリカンにしてみたら、 やっぱりその他の人種が聞くようにならないと、ポピュラー化は無理だ。
そのその他の人種は、パブリック・エネミーのようなメッセージを聞きたいと思うだろうか? 彼らが一番聞きたくないとされるストーリーをラップしていたパブリック・エネミーは、自然淘汰されるかのように、下火に向かった。 ポピュラー化する事で、イメージがだいぶ変わったように思える。それよりも、イメージ先行のラップが持て囃されてきた。

誰もが、Ja Ruleを見たら、殺人なんか出来ないし、きっと彼がした一番の悪さは、万引きくらいなものだと分かるのに (それすらしてないかもしれない)、その彼が「Murder, Murder!」と叫ぶのを好んだ。
考えてもみてほしい。彼らは、お金を稼ぐために、どんなイメージにだってなりうる。誰だって、お金を稼ぐ事に一生懸命だ。 私は、それを責める気はない。ただ、もし観客がもっと違うイメージ(オーライリーの言うシステム)を求めるなら、 彼らはそれになるだろう。もちろん、今だって、パブリック・エネミーは活動し続けているし、ワイクリフだって、 同じように問題を投げかけている。

需要と供給。問題は、作る手と同じくらい、観客にだってあるって事だ。


5/26/02

>> Home