8245
Cast >>Sugar Ray Leonard, Roberto Duran, Mike Tyson ...
Director >>Eric Drath
Writer >>
Producer >>
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>N/A 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"No Mas (No More)"
アメリカのアイドル的ボクサーだったシュガー・レイ・レナードと、パナマ出身のロベルト・デュランの2戦目となった1980年11月に「ニューオリンズのリベンジ」といわれる一線で起きた「ノー・マス事件」について追っていくドキュメンタリー。

シュガー・レイ・レナードはアメリカでも大人気のボクサーだった。そのレナードの対戦相手になったのが、パナマ出身のロベルト・デュラン。1980年6月にその2人がカナダのモントリオールで対戦する事になった。デュランにとってレナードは富に溢れた巨大国家アメリカを象徴する人物だった。パナマの貧しい所から出てきたデュランは、そんな巨大な存在であるレナードを打ち負かして、自分みたいな者でも勝てる事を証明したかった。しかし無敵だったレナードが、デュランに負ける訳などないと誰もが思っていた。しかしデュランの情熱が勝ったのである。なんとウェルター級チャンピオンとなった。負けたレナードは呆然とした。ボクシングとも離れようとも思って引退宣言までした。しかしその気持ちがまたレナードをリングに立たせる。半年も経っていない1980年11月、その「ニューオリンズでのリベンジ」戦で復帰する。6月にチャンピオンとなって以来、地元パナマでは王様扱いで、パナマとニューヨークでパーティ三昧だったデュランは体重を大幅に増やしていた。何よりも勝つという情熱を失っていた。7ラウンド目にレナードは、デュランをイラつかせる作戦に出る。8ラウンド2:44、デュランは「ノー・マス(ノー・モア)」と試合を放棄してしまう。勝ったレナードは喜ぶが、レナードにも何か腑に落ちない気分を残した。レナードはその気持ちを整理するために、33年後にパナマに飛ぶのだった...

そんなレナードを気持ちを知っているのが、デュラン。「レナードは絶対に2度と満足なんて出来ないんだ」。ノー・マス。ノー・モア。
(Reviewed >> 10/15/13:TVにて鑑賞)

 100本映画
この事件というか、出来事が起きた時、まだ10歳にもなっていなかったので(はい、生まれてましたけど、何か?)、知らない。でも私と1歳しか変わらないうちの夫は「よーく覚えている」と言っていた。アメリカと日本の違いですかね?文化の違いですかね?それとも夫はシュガー・レイ・レナードが好きだからですかね?でもボクシングファンには、タイトルの「No Mas(ノーマス)」だけで、何のことだかピーンと来る、そんな出来事を追ったドキュメンタリーです。スポーツ専門チャンネルESPNがまたもや制作した「30 for 30」シリーズ。このシリーズ、どこまで続くんだろ?

アメリカではアイドル的な人気となっていたボクサーのシュガー・レイ・レナード。次の対戦相手は、パナマ出身のロベルト・デュラン。パナマの貧しい地区出身で、粗野で野性味あるボクサー。あのガッツ石松かともWBA世界ライト級チャンピオンを掛け戦いTKOで勝っている。ガッツですら「勝てない」と思ったのがデュランだった。デュランは「とにかくアメリカから勝ちたかった」と語っている。富の象徴でもあるアメリカ。デュランからは、それに勝ちたいという執念心を感じる。そして第1戦。1980年6月20日カナダ・モントリオール。「モントリオールの戦い」。デュランの執念が勝つ。「俺はあのアメリカを倒したのだ!」。パナマは祭になる。デュランは国のヒーローとなった。シュガー・レイは呆然とする。ハワイにバケーションに行ったが心ここにあらず。バケーションを早めに切り上げて、デュランとの再戦を誓う。「今度こそ勝つ」と。今度はシュガー・レイが挑戦者となり、執念心を燃やした。しかしデュランは勝った満足から、パナマとニューヨークでパーティ三昧。体重も増やした。シュガー・レイ側は同じ年の11月に再戦を設定。「ニューオリンズの復讐」。シュガー・レイの本名はレイ・チャールズ・レナード。あの名シンガーであるレイ・チャールズから名前を付けられていたのだった。再戦のスタートを飾るのは、そのレイ・チャールズ本人が歌う「アメリカ・ザ・ビューティフル」。歌い上げた後、レイ・チャールズはシュガー・レイと握手し、何かを耳元で囁いている。この作品でシュガー・レイがそれを「キック・アス!」と言われたと明らかにしている。何かを失っていたデュラン。7ラウンド目に入り、シュガー・レイは突如戦術を変える。遊んで、デュランをイラつかせる戦術に出た。8ラウンド2:44、デュランはグローブを上げ、「No Mas(ノー・マス)」と言った。試合を放棄したのだ。一瞬何が起きたのか分からなかったが、シュガー・レイは勝った。シュガー・レイの兄弟は喜ぶシュガー・レイに向かって「お前がそう(放棄)させたんだ!」と喜んだ。しかし次の朝、マスコミは違った。「八百長」だの書きたてた。デュラン側も「5ラウンド目辺りから、お腹が痛くなった」と説明。太りすぎていたので、下剤を飲んだと話した。

それから33年後。シュガー・レイがあの時の事を話す為にパナマに飛ぶ...

っていうドキュメンタリー。何が面白いって、マイク・タイソン!最近のマイク・タイソンは可愛くて仕方ない!トラブルも最近無いでしょ?そのマイク・タイソンが2人の対戦を1人で話しながらモノマネ?(再現)してます。それが見もの。タイソンは2人の対戦を見てボクサーになる事を決めたと話していた。しかも、あのタイソンの横柄な態度は、第1戦目のデュランが勝った後の態度を真似したとも告白している。そして上↑のレイ・チャールズの秘話も面白いでしょ?本当は5点満点でも良かったんだけど、減らした理由は1点。デュランが「No Mas」についてシュガー・レイに「俺はNo Masって言ってないんだ。レフリーが聞き間違えやがったんだ...」と語りだすんだけど、その告白がなぜか途中からシュガー・レイのナレーションでがぶって全部聞けなくなっている。聞きたかった。全部聞きたかった。監督は「またどうせつまらない言い訳」って思って、シュガー・レイのナレーションをかぶせたのかもしれないけど、やっぱり聞きたかった。そこだけです。

そして1989年12月、あれからほぼ10年後。2人はまた再戦している。ロベルト・デュラン38歳、シュガー・レイ・ロビンソン33歳の時だった。第2戦目からデュランは完全に低迷していた感じを受けるが、彼は90年代もボクサーとして引き続き戦い、2001年50歳で引退。シュガー・レイはデュランとの3戦目ほどなくして引退。97年に復帰しているが、負けている。デュランはシュガー・レイについて「レナードはもう絶対に2度と(ボクシングで)満足する事なんてないんだ」と、レナードの心を見透かしている。

つーか、この2人の戦いみたいに、激しく打ち合うボクシングって最近あんまり見ないよねー。それだけでも見る価値があるってものです!!そしてこのレナードとデュランの戦いは、映画化される。歌手のアッシャーがレナード役、エドガー・ラミレスがデュラン役。ロバート・デ・ニーロが伝説的なトレイナー役。アッシャーは撮影に備えて、めたんこ鍛えて体作ったよー

 トリビア
ESPNが製作の「30 for 30」スポーツショートドキュメンタリーの1作品。シュガー・レイ・レナードとロベルト・デュランの2戦目に起きた「ノー・マス」事件についてのドキュメンタリー。
日本ではスカパーの『ドキュメンタリー 〜The REAL〜』にて放送。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3232958/
http://en.wikipedia.org/wiki/30_for_30
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-10-16
>> HOME