6864
Cast >>Mykelti Williamson (Uncle George), Antwan 'Big Boi' Patton (Marcus), Tip "T.I." Harris (Rashad), Keith David (John Garnett), Lauren London (New-New), Jackie Long (Esquire), Evan Ross (Anton "Ant" Swann), Jason Weaver (Teddy), Albert Daniels (Brooklyn), Bone Crusher (Security), Jazze Pha (DJ) ....
Director >>Chris Robinson
Writer >>Antwone Fisher
Producer >>Dallas Austin, Will Smith, Tionne 'T-Boz' Watkins
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>03 / 31 / 2006

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>5

 レビュー
Welcome to Atlanta where the playas play

高校卒業を間近に控えていたラシャド(T.I.)は、両親を交通事故で亡くし、弟のアント(E・ロス)を何よりも大切にしていた。掃除人をしているジョージおじさん(M・ウィリアムソン)が、2人の両親が残した家のローンを払いながら面倒を見てきた。ラシャドは、日曜の夜にローラースケートリンクで友達と一緒に過ごす事が唯一の楽しみだった。そこで、ニュー・ニューという女の子に出会い、初めて人に心を許す事を知る。ATL(アトランタ)に住むラシャドにとって、卒業シーズンは暑い夏の始まりでもあった...

音楽業界に於いて、アメリカ南部という場所が、以前にも増して脅威になりつつある。今年のオスカーの1番印象に残ったのが、南部テネシー出身「Three 6 Mafia」の受賞シーン。以前ラップと言えば、西か東か...だった。今は、その中間にある南部出身者がビルボートのチャートを賑わしている。この映画のタイトル、ATL(アトランタ)は、その中心で活躍している。所が映画となると、南部と言えば未だに「風と共に去りぬ」だし、ブラックムービーでも「Sounder」や「Eve's Bayou」位で、南部の脅威を感じさせてくれる作品が少なかった。両作品ともに、現代の文化を扱った作品でなく、南部の回顧録的な映画だった。現代の南部におけるブラックカルチャーを扱った作品は、やっと去年の「Hustle & Flow」で紹介された位だ。「ドラムライン」という作品もあったが、南部に拘った作りでは無かったし。

今回は、そんな南部の若者達の青春が垣間見られるのが面白い。キャラクターの1人をニューヨーク出身にした事で、南部のスラングとNYのスラングの違いを会話にしている辺りも面白い。それだけでなくて、若者が大人になっていく成長過程の映画でもあって、南部版「ボーイズン・ザ・フッド」的で色々と楽しめる。映画として、何と言っても叔父さんを演じたマイケルティ・ウィリアムソンの存在が、興味深い。父でもない存在で、決して父の振りをしない、普通の大人の男という、彼の存在が現実味があり面白かった。

ラッパーのT.I.やBig Boiが主演の映画なので、音楽の面でも間違いなく楽しめる。

これから、こういう南部の青春映画が増えると面白いかもしれない。今回の映画は、アトランタ100%の映画だったので、これからはテネシーやアラバマ、アーカンソー、テキサス産の青春映画が出来たら、土地それぞれの面白さがあって楽しそうだ。

映画産業にも於いて、アメリカ南部が脅威になって欲しい...と願ってしまう映画。
(Reviewed >> 4/9/06:劇場にて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア & etc...
「ATL」(アトランタ)が舞台の青春映画。主演に人気ラッパーのT.I.。ダイアナ・ロスの息子エヴァン・ロスがT.I.の弟役。「フォレスト・ガンプ」のババ役のマイケルティ・ウィリアムソンが2人の伯父さん役。アトランタ出身のラッパーデュオ「アウトキャスト」のBig Boiも出演している。T.I.の相手役を務めるのが新人ローレン・ロンドン。
歌手のモニカやボーン・クラッシャー、ジャジー・フェイ等、アトランタ出身者の多くがチョイ役で出演している。プロデューサーも、アトランタ出身のミュージックプロデューサー&映画「ドラムライン」にも参加したダラス・オースティンと、TLCのT-Boz、そしてなぜかウィル・スミス(彼だけフィラデルフィア出身)が名を連ねた。

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2006 Won Best Male Supporting Performance of the Year (Drama) : Mykelti Williamson

 サウンドトラック
1. "Georgia" - Ludacris and Field Mob featuring Jamie Foxx
2. "Dat Boy Chevy" - Noah
3. "Gold Teeth Shining" - D Large and The Crunkettes
4. "Kryptonite (I'm on It)" - Purple Ribbon All-Stars featuring Big Boi, Killer Mike, Blackowned C-Bone and Rock D the Legend
5. "And Then What" - Young Jeezy featuring Mannie Fresh
6. "Presidential" - Youngbloodz
7. "What's Up" - Xscape
8. "Move Bitch" - Disturbing tha Peace featuring Ludacris, Mystikal and I-20
9. "Sexy Lil' Country Chick" - Da Backwudz
10. "Gangsta" - Sliv
11. "Southern Girl" - Maze featuring Frankie Beverly
12. "Check My Footwork" - Mr. Biggtime
13. "I Ain't Heard of That" - Slim Thug featuring Pharrell Williams (as Pharrell) and Bun B.
14. "Git Up, Git Out" - Outkast
15. "Bubble Gum" - B.H.I. featuring K-Rab
16. "Must Be Nice" - Lyfe Jennings
17. "Blackberry Molasses" - Mista
18. "At Your Best (You Are Love)" - Aaliyah
19. "Hard Headed" - Bobby Creekwater
20. "Do It to It" - Cherish featuring Sean Paul
21. "Let's Get Personal" - Scola
22. "Where Did It Go Wrong?" - Anthony Hamilton
23. "Before I Let Go" - Maze
24. "Is That You God?" - Cee-Lo
25. "Motherless Child" - O.V. Wright
26. "Money in da Bank" - Lil Scrappy
27. "Love's Deceit" - Big Rube
28. "Right Now" - Cee-Lo
29. "What You Know" - T.I.
30. "Ride wit Me" - T.I.

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0466856/
http://en.wikipedia.org/wiki/ATL_%28film%29
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2006-05-17
>> HOME