1673
Cast >>Freeman F. Gosden (Amos), Charles J. Correll (Andrew 'Andy' Brown), Sue Carol (Jean Blair), Irene Rich (Mrs. Blair), Duke Ellington, Cotton Club Orchestra ....
Director >>Melville W. Brown
Writer >>Bert Kalmar, Harry Ruby
Producer >>William LeBaron
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 2.75点/5点満点中
内容 >>2 演技 >>3 演出 >>2 音楽 >>4

 レビュー
You can lie to me but you can never deceive me.
エイモス&アンディはニューヨークでタクシー会社を経営していた。しかし彼等のおんぼろ車のせいで、街は大渋滞になった。

白人の役者がコルクを焼いて墨にした物や靴墨などを顔に塗って黒人の姿を欺いたのがブラックフェイス。そのブラックフェイスの役者達は舞台で各地を回った。黒人が黒人すら演じさせて貰えなかった時代。しかしラジオの時代になってもその状況は変わらず、白人の声優達が黒人の姿を笑いものにする時代は続いた。その時に大ヒットとなったのが、異常に楽天家のエイモスと、口先ばかりで自分は怠惰なアンディというコンビ。大ヒットになったので映画化されるという今と同じパターンでもある。この映画はエイモス&アンディのどたばたコメディと、2人が働いていた家庭の成長した息子と女性の恋物語が同時進行している。

このエイモスとアンディのどたばたというのは、黒人の姿をバカにしているのが前提なので、全然笑えない。未だにあれを「面白かった」と言う人も居る。「面白いからいいじゃないか」と。しかし私には笑える所など一つもなかった。唯一、黒人が出てくるのがパーティシーンでのデューク・エリントンとオーケストラの演奏。もし面白ければいいというなら、なぜあれはブラックフェイスじゃないのだろうか?あのエリントン達の素晴らしい演奏が真の姿であり真似できないからだ。私が笑えないのはそういう事だ。
(Reviewed >> 5/29/09:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「Amos N’Andy」の映画版。デューク・エリントンや、ビング・クロスビー等も出演。

*(注)この作品はブラックムービーでは無いと思いますが、
 ブラックムービーの歴史の中でも悲劇の歴史として重要な作品でもありますので
 みなさまの参考になるように掲載しております。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "Three Little Words" - Duke Ellington and His Cotton Club Band
2. "Nobody Knows But the Lord" - lodge brothers
3. "Ring Dem Bells" - Duke Ellington and His Cotton Club Band
4. "Old Man Blues" - Duke Ellington and His Cotton Club Band
5. "Am I blue? (1929)"

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0020758/
http://en.wikipedia.org/wiki/Check_and_Double_Check
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2006-05-22
>> HOME