1449
Cast >>Tamara Dobson (Cleopatra Jones), Stella Stevens (Bianca Javin/Dragon Lady), Ni Tien (Mi Ling Fong), Norman Fell (Stanley Nagel), Albert Popwell (Matthew Johnson), Caro Kenyatta (Melvin Johnson) ....
Director >>Charles Bail
Writer >>William Tennant
Producer >>Run Run Shaw, William Tennant
Genre >>Action
Country >>Hong Kong

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
ラッシュ・アワー・エピソード4

今度は、香港の麻薬組織を撲滅の為、香港に来たクレオパトラ・ジョーンズ(タマラ・ドブソン)。クレオは、旅先で助けてもらったミ・リン(二・ティエン)と共に、香港の暗黒街へと足を踏み入れる。そこで待っていたのが、冷酷なドラゴン・レディだった。

ジャッキー・チェンとクリス・タッカーの「ラッシュ・アワー」の原型がここにある気がした。アジア人とブラックが主演というだけでなく、色々な場面が「ラッシュ・アワー」に通じる。ラッシュ・アワーと違うのが、コメディじゃないという点。

今回は、香港に舞台を移した事で、アクションシーンがより多くなり、クレオのアクションも複雑化していたのが面白い。188センチもあるタマラ・ドブソンの体を生かしたアクションシーンは見ていてスッキリする。また、小さなアジア女性の機敏な動きも対照的でコンビにピッタリだ。

ただ、あんなに可愛かったクレオのファッションも、今度は進化し過ぎていて、グレース・ジョーンズ化してしまったクレオに憧れを感じる事はなかった。「1」のようなロマンスもなく、楽しみなファッションもスカンされたのが残念。

それでも、ラッシュ・アワーに匹敵する面白いストーリー。クレオが、書類を書けと急かすボスに向かって「Write it on your ass!(アンタのお尻にでも書け!)」は、爽快。ラッシュ・アワーではさすがに出てこない台詞。言いたい放題だった、当時の良さが出ていて面白い。
(Reviewed >> 6/13/05:ビデオにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
前シリーズが好評で、作られた2作目。しかし、主人公のクレオと、マーシャルアーツの達人で、クレオを助けていたジョンソン兄弟以外は、顔ぶれが全く異なる。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "Playing with Fire"

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0072791/
http://en.wikipedia.org/wiki/Cleopatra_Jones_and_the_Casino_of_Gold
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13761

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2006-05-25
>> HOME