1827
Cast >>Ralph Macchio (Eugene Martone), Joe Seneca (Willie Brown), Jami Gertz (Frances), Joe Morton (Scratch's Assistant), Robert Judd (Scratch), Steve Vai (Jack Butler), Tim Russ (Robert Johnson) ....
Director >>Walter Hill
Writer >>John Fusco
Producer >>Mark Carliner
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>3 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
悪魔の証明

ブルースのギタリストに憧れ、ジュリアード大に通うユージーン(ラルフ・マッチオ)は、ブルースの伝説ロバート・ジョンソンの幻の曲がある事を知る。その曲を手に入れて、自分がデビューする事を願い、ジョンソンを知る有名なブルースミュージシャンのウィリー・ブラウン(ジョー・セネカ)を見つけた。2人は、幻の曲を求めて旅を始める。

ブルースのロバート・ジョンソンという人物がブルースにとってどんな人物かは知っているけれど、ブルースの映画を作れる位は詳しくない。それでも、冒頭のロバート・ジョンソンを演じる俳優が出てくると胸躍る。何かいい映画になりそうな気がしてくる。そして悪魔の存在。「The Blues:Warming by Devil's Fire」でも、ブルースにおける悪魔の存在を見た。これもまた、面白くなりそうな予感がしてくる。

実際は、ラルフ・マッチオ演じるユージーンの真面目な姿にイライラしながらも、ジョー・セネカ演じるウィリー・ブラウンの台詞にじーんとなる。

最後は、スティーブ・ヴァイ演じるジャック・バトラーとのギター対決。無茶苦茶過ぎると思いつつも、面白がってる自分がいる。

悪魔の証明のように有り得ない設定だけれど、事実ロバート・ジョンソンとウィリー・ブラウンが実在する辺り、ファンタジーに満ちていて、胸が躍る面白い作品だ。
(Reviewed >> 8/4/05)

 100本映画
Not Yet

 トリビア & etc...
「カラテキッド」で御なじみのラルフ・マッチオが主演。音楽をライ・クーダーが担当したのも話題。ミュージシャンのスティーヴ・ヴァイも出演している。

 受賞歴
>> Flanders International Film Festival
1986 Won Georges Delerue Prize Best Original Music : Ry Cooder

 サウンドトラック
1. Crossroads
2. Down In Mississippi
3. Cotton Needs Pickin'
4. Viola Lee Blues
5. See You In Hell, Blind Boy
6. Nitty Gritty Mississippi
7. He Made A Woman Out Of Me
8. Feelin' Bad Blues
9. Somebody's Callin' My Name
10. Willie Brown Blues
11. Walkin' Away Blues

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0090888/
http://en.wikipedia.org/wiki/Crossroads_(1986_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6725

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack

Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2006-05-27
>> HOME