1186
Cast >>Trina Parks (Syreena), Roger E. Mosley (Mellow), Shirley Washington (Theda), Bettye Sweet (Miranda), Stan Shaw (Raunchy) ....
Director >>William Witney
Writer >>George Armitage
Producer >>Gene Corman
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 2.5点/5点満点中
内容 >>1 演技 >>2 演出 >>2 音楽 >>5

 レビュー
"I sell them back to you folks!"
女バイカー軍団を率いているシレーナ(トリーナ・パークス)の母シンデレラ(フランシス・E・ニーリー)が誘拐された。ライバルの男バイカー軍団のリーダーのメロー(ロジャー・E・モーズリー)とシレーナは対戦しながらも一緒に差別的な警察官たちに共に追われるなどして良い仲になっていた。シレーナは母を見つけ出す為に色々と潜入捜査を繰り返し、多くの黒人たちが誘拐されている事を知る。どうやら黒人地区に格安のBBQ屋で儲けているカーネル・ルイビル・クロスが怪しいと目をつけるが...

『007』にも出演した女優トリーナ・パークスが主役!でカッコいい四駆のバイクのバイカーというのが売り!というブラックスプロイテーション。ロジャー・コーマンの弟がプロデュース。酷い内容のブラックスプロイテーションには慣れっこだし、そんな映画でもどこか可愛げとか面白さが溢れているものだけど、この映画だけは本当に救いようがない!ここまでの酷い内容を見たのは初めてかも?レベル。いや、それでも一つはやはり良いところがあるもので、R&Bグループのザ・ドラマティックスやジョン・ゲイリー・ウィリアムス&ザ・ニューカマーズという2組が劇中で歌を披露しているシーンだけは最高!後はZ級映画でのスタン・リーは光っている。四駆はかっこよかった。

この脚本・企画が通った事が奇跡...としか言い様がない。くだらないとかバカとかいう以前にどうしようもないのである。
(Reviewed >> 10/2/14:TV放映の録画で鑑賞)

 100本映画
この映画、アメリカのアマゾンでも昔発売していたビデオで安くても$98で、2007年に出たブートレグぽい安いDVDでも$60にまで値上がりしているんだよー。っていうのが、マニアにはソソられるでしょ?最近、マメにTCM(ターナー・クラシック・ムービー)というチャンネルのスケジュールをチェックしている私は見つけたのですよ!どうもTCMはプチ・ロジャー・E・モーズリー特集したのかな?『Sweet Jesus, Preacherman / 日本未公開 (1973)』と続けて放送しやがった!早速録画〜、ファンキー・モンキー・ベイビーっすよ!

それぞれカラフルで派手な衣装を身にまとった4人の女性が四駆バイクを颯爽を走らせていた。その後を追うのが、オモチャみたいな車の天井を覆いつくすサイレンをつけたパトカーが彼女達を追う。海辺の休憩所に立ち寄る4人。警察官たちは彼女を追うも、4人は警察官にクリームたっぷりのパイを投げつけて、見事に逃げ切った。地元のワッツに戻ると、ライバルの男バイク軍団が、BBQ屋の駐車場でたむろっていた。女性チームのリーダーであるシレーナ(トリーナ・パークス)と男性チームのリーダーであるメロー(ロジャー・E・モーズリー)がバイク対決!途中クー・クラックス・クランの乗ったトラックに邪魔されるも、見事にシレーナが勝った。みんなでメローの家になだれこむ。そこで良い関係になるシレーナとメロー。しかしシレーナは突然行方不明になった母シンデレラ(フランシス・E・ニーリー)を探していた。BBQ屋のオーナーでもある、カーネル・ルイビル・クロス(ノーマン・バートールド)の所でメイドをしている知り合いに話しを聞きに行く。母だけではなく多くの黒人が行方不明になっていた。しかし警察官たちは相変わらず邪魔ばかりで、役にも立たない。シレーナは徐々に母への足がかりを突き止めていくが...

と、この映画の馬鹿馬鹿しさを上手くまとめようとしたのですが、無理でした... 言葉には出来ない馬鹿加減。制作はロジャー・コーマンの弟ジーン・コーマン。なんていうか、どうしてこの企画・脚本が通って制作されたのか謎なレベルなのです、私には。いやー、色んなブラックスプロイテーション見てきましたよ、私はこれまで。モテモテ男美容師が下のお世話までする『Black Shampoo / 日本未公開 (1976)』だって、それなりに面白い所があって、遊んでいた男が好きになった女性を守るのが良かった。『The Black Gestapo / 日本未公開 (1975)』も、ギョっと思わせるタイトルと冒頭はカッコ良かったし、コミュニティを守ろうとする意思は伝わった。しかし、これは...さすがの私でも呆れましたわ。この映画の存在意義を全く見つける事が出来なかった。普段なら、ブラックスプロイテーションの悪ふざけもそれなりに楽しめた。何かを訴えようとする意識があったからね。でもこの映画での、「二×ー・アラート」とか「ゲトー・アラート・マップ」とか、ブラックフェイスとか全く笑えなかった。もちろん、悪役のカーネル・ルイビル・クロスがKFCのカーネル・サンダースなのは分かるし、最後のクロスの大邸宅の庭での決闘は南北戦争のパロディなのも分かる。でも分かった所で面白くもなんとも無かったかなー。

とは言え、悪い所ばかりを書いてもアレなので... この映画では、「In the Rain」とかが有名なR&Bコーラスグループのザ・ドラマティックスが歌を披露したり(In the Rainではありませんが)、ザ・マッド・ラッズで知られるグループが、ジョン・ゲイリー・ウィリアムス・アンド・ザ・ニューカマー名義であの名曲「Don't Have To Shop Around」をアカペラで披露!これは映像見つけたので張っておきますね。歌は最高!この映像の最後の感じで、この映画のダメぷりがどんな感じか理解してもらえると思う。


あと特記すべきは、西のアポロシアターと言われた、クレンショー通りにある「マーヴェリック’ス・フラット」ね!とあるシーンで使われている。このナイトクラブ、LAの黒人史には欠かせない場所なのよ。最近、またリオープンしたらしい。パム・グリア嬢の自伝にも出てくるんだけど、パム嬢がカリーム・アブドゥル=ジャバーと出会い連れて行ってもらったのも、このマーヴェリック’ス。黒人たちの社交場だった。マーヴィン・ゲイやザ・テンプスなんかもLAに来たら、ここで歌っての。

というところは見所。まあ悪い所しかないゼロっていう訳じゃないよね。まあそれも映画の醍醐味ですな。前にロジャー・E・モーズリーについては、今度ゆっくりと書いていて、今回がその良い時期かな?とも思いましたが、もうお時間が来たようで。焦らすの、私。

 トリビア
主役は007の「ダイアモンドは永遠に」で黒人女優として初のボンドガールだったトリーナ・パークス。共演には「The Mack」で、弟役を演じていたロジャー・E・モーズリーや「ハーレム・ナイト」のスタン・ショウが出演している、70年代テイストのアニメーションライクなアクションコメディ。制作に、ロジャー・コーマンの弟のジーン・コーマン。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0072844/
http://en.wikipedia.org/wiki/Darktown_Strutters
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19710

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2007-07-16
>> HOME