872
Cast >>Francine Everett (Gertie La Rue), Don Wilson (Diamond Joe), Katherine Moore (Stella Van Johnson), Alfred Hawkins (Jonathan Christian) ...
Director >>Spencer Williams
Writer >>True T. Thompson, W. Somerset Maugham
Producer >>Bert Goldberg
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"She's gonna get what's coming to her"
カリビアンの島リニダッドに、アメリカのハーレムからやってきたスーパースターのガーティ・ラルー(フランシーン・エヴァレット)と一行がやってきて、島はガーティを歓迎した。島一番のホテルで、取り分け一番いい部屋を用意されたガーティ。しかしお陰でホテルが一杯になってしまい、後から来たクリスチャン(アルフレッド・ホーキンス)と助手は1部屋しか空いてなく、粗末な部屋で激怒していた。そしてガーティの一行であるバックダンサーの女性たちは、ガーティの横柄な態度にイライラしていた。しかしガーティが上演する会場の主であるジョー(ドン・ウィルソン)は、既にガーティの虜となっていた。しかし、ジョーのお抱えピアノマン(ピアノ・フランク)が「昔違う名前でどこかで見たような...」とジョーに言い、ピアノマンがとある曲を弾くと、ガーティは顔色を変えたのだった...

当時珍しかった...というか、黒人映画のパイオニアの一人でもあるスペンサー・ウィリアムス監督作品。カリビアンの架空の島が舞台になっているが、その架空の名前から察するにトリニダードが舞台。でも撮影はテキサス州。罪深き女が主役で、演じたのが当時人気のあった美人女優フランシーン・エヴァレット。面白いのがスペンサー・ウィリアムスの代表作「The Blood of Jesus」では無垢な女性が悲劇にも亡くなったが、こちらはその逆。罪深き女性が描かれているのが面白い。そして今や黒人芸能では当たり前となった女装の原点がここにあったのも驚きだった。

哀愁がある。この当時の独特な哀愁。女は確かに罪深き女だし、節操もないが、下品じゃない。それゆえの哀愁。今の時代にでは出来ない哀愁。だから感じる切なさ。
(Reviewed >> 9/30/13:DVDにて鑑賞)

 100本映画
黒人のエンターテイメントの歴史の中では悪名高くプロテストまであったTVシリーズ(元々はラジオ番組が始まり)「アモス・ン・アンディ」のアンディ役で知られるスペンサー・ウィリアムス。しかし監督としては「The Blood of Jesus / 日本未公開 (1941)」という名作を残し、その作品は優れた映画作品の証の一つでもある「国立フィルム登録簿」入りを1991年に早々としている名監督でもある。今回は監督を務めた作品の一つ。そしてその名作「Blood of Jesus」と対角線上にある面白い作品。

タイトルにもなっている「ダーティ・ガーティ」とは、ハーレムで名手の女性エンターテイナーのガーティ・ラルー(フランシーン・エヴァレット)の事。数々の浮名や悪い噂の為「ダーティ」と付けられた。カリビアンのリニダッド(架空の島)に到着したガーティと一行は島の人々から熱烈な歓迎を受ける。ガーティが上演する会場の持ち主であるダイアモンド・ジョーもその歓迎をした人の1人。ジョーは一目でガーティを気に入った。ジョーはその名のとおり、ダイアモンドの宝石をガーティにプレゼントして気を引こうとしていた。一方で、ホテルに泊まりに来たお客のクリスチャンは激怒。なんとホテルはガーティとその一行で一杯になっており、クリスチャンと助手の2人には1部屋しか用意出来ないと言われた。ガーティにイラつくクリスチャン。そしてジョーのバーでピアノを弾いているピアノマンは、ジョーに「(ガーティは)どこかで違う名前で見たことあるような...」と話、悲しげな曲を弾いた。その曲を聴いたガーティは動揺するのだった...

という作品。ガーティは今で言うディーバ。態度も横柄。でも容姿は物凄い美貌で才能もある。ガーティを演じたフランシーン・エヴァレットって、この時代にレイス映画に出ていた女優さん。でもその後には引退して、ハーレムの病院で引退まで働いたそう。本当に綺麗。今の綺麗とは違う感じの綺麗さ。そしてスペンサー・ウィリアムスの映画ではお馴染みで、後には彼の映画で主演も務めていたジュライ・ジョーンズも登場。この映画では元々タップダンサーだったので、タップダンスを相棒のハワード・ギャラウェイと共に披露しています。ニコラス兄弟みたいなアクロバティックな凄い技っていう感じのデュオではなくて、割りと普通のオーソドックスなタップを披露。

そして...私、黒人コメディアンの女装歴史の原点はフリップ・ウィルソンだ!と思っていたのですが、なんとスペンサー・ウィリアムスでありました!!この映画でスペンサー・ウィリアムスはヴードゥ占いの女性を演じております!なんでも適役が見つからず、ウィリアムス本人が1000ドルで演じる!とやったそう。声とかそのままで図太いのが面白い。

それにしても、ウィリアムスは女性と罪を撮らせたら面白い。「Blood of Jesus」もそうだった。でもあちらは「罪」を扱ってはいるけど「無垢」がメイン。こちらは「罪」がメイン。だからラストも間逆になる。ウィリアムス作品は、ジュライ・ジョーンズが主役のコメディよりも、断然に女性が主役の映画の方が面白い!!女性を撮るのが上手い。

ウィリアムスもエヴァレットも、今みたいにもっと活躍の場があれば、もっともっと名声や富を築けたでしょうね。この映画のフィルムだって、長い間テキサスのウェアハウスで眠っていて、もう少しの所で捨てられそうだったんだから!!あ、なんでテキサスかというと、ウィリアムスは主にテキサスで映画を撮っていた。ウィリアムス映画のプロデューサーであるアルフレッド・サックは、テキサス州ダラスでエンタテイメント系の会社を経営していた白人。なのでこの映画の舞台はカリビアンの架空の島ですが、撮影はテキサス!

 トリビア
俳優としても知られているスペンサー・ウィリアムスの監督作品。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1."BLUES IN THE NIGHT"

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0038480/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2007-07-26
>> HOME