1259
Cast >>Alfre Woodard (Loretta Sinclair), Al Freeman Jr. (Earl Sinclair), Wesley Snipes (Will Sinclair), Esther Rolle (Annie Sinclair), Mary Alice (Rosa Lynn Sinclair), Loretta Devine (Zenia), Anne-Marie Johnson (Monica Sinclair), Mpho Koaho (Thomas Sinclair), Justin Lord (Dr. Rainey) ...
Director >>Maya Angelou
Writer >>Myron Goble
Producer >>Wesley Snipes, Rick Rosenberg ...
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>3

 レビュー
"Yes We Can"
シカゴに住むロレッタ(アルフレ・ウッダード)は、シングルマザーでしっかりしたトーマス(エムポー・クワホー)と、自閉症のトレイシーが居たが、自分はドラッグとアルコールに溺れ仕事もなく、ロレッタの母ローズ(メアリー・アリス)が子供たちの面倒を見ていた。息子のトーマスに励まされ、スーパーのレジの仕事の面接を受けるように言われ、そうするが、簡単な算数すら出来なくて、仕事は貰えなかった。落ち込んだロレッタはまたドラッグに溺れていく。ローズはそんなロレッタの姿を見て、叔父のアール(アル・フリーマン・ジュニア)の住むミシシッピーに行くように企てる。しかも家宝である「ネイサン」を質に入れ、ロレッタ達のバス代を手に入れたのだった。質流れする前にお金を用意して戻ってこいと、ロレッタに言うのだった...

詩人マヤ・アンジェロウの監督デビュー作。主演のアルフレ・ウッダードと母役のメアリー・アリスの演技の力強さがこの映画の全てを物語っている。家族の歴史とその絆の強さを語るのがこの映画だ。その歴史も奴隷時代にまで遡る事になる。家族が経験した経験により、この家族はまた一層強くなっていく。しかしこの家族は「ネイサン」にこだわる事で、一時は危機を迎える。しかし、また「ネイサン」で絆が結ばれるのがいい。監督のマヤ・アンジェロウは、残念ながらデルタの美しさをスクリーンで捕らえる事は出来なかったが、個々の台詞の力強さは十分に伝わってきた。

この脚本がしっかりとした作品に、観客は泣かずにはいられないだろう。しかし、その涙は実に気分がいい「我々にも出来る!」と思わす涙なのだ。
(Reviewed >> 10/9/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
何かオバマ危ないよね。

マヤ・アンジェロウと言えば「驚くべき女性」であり、女流詩人。ビル・クリントンの大統領就任式でも詩を読んでいる。そのマヤ・アンジェロウが監督した作品。監督した映画長編作は、いまのところこの一本。脚本は彼女が書いた訳じゃないが、この映画は物語が最高でした!そして、アルフレ・ウッダードとメアリー・アリスの素晴らしさといったら!!私、反町隆史版のGTOに最近病的にはまっておりまして、脳内でいつも黒人版GTOをリメイクするとしたら、誰をキャスティングするかというのを毎日考えているのですが... 理事長の桜井あきらは、絶対にアルフレだと思ってたんですが、逆にメアリー・アリスだわ!ってこの映画観て思いました。アルフレは、小谷先生とかやらせたいわ。冬月先生は、やっぱり使い勝手のいいケリー・ワシントンなので、ケリーをいじめるアルフレとか楽しみで仕方ありません!まあみんな的にはどうでもいいよね。私の脳内的には凄く楽しい事になってるのですが...

シカゴでシングルマザーやっているのがアルフレ演じるロレッタ。長男のトーマスは聞き分けが良く面倒見のいいお兄ちゃん。頼りになる。妹のトレイシーは自閉症。というか、クラックベイビーなのです。ロレッタは仕事もなくドラッグとアルコールに溺れる日々。実家で面倒見てもらっている。ロレッタの母ローズがメアリー・アリス。あるとき買い物していたら、トーマスがスーパーのレジ係を募集していたので、母のロレッタに勧める。ロレッタは面接に行くけど、簡単な算数が出来なくて門前払い。5.00ドル-3.87ドルの計算が出来ないんですよ!でも意外とアメリカには引き算できない人が多いよね。おつりも足していくんだよね。え、またロレッタ荒れてしまい、ドラッグに溺れる。さすがに切れたローズは、ロレッタを夫の実家の方のミシシッピーに送る事にした。でも夫の兄弟であるアールは、余り歓迎しない。というのも、家宝の「ネイサン」を勝手に持ち出したのが、ローズと夫だったからである。「ネイサン」返せ!と言われるが、なんとその「ネイサン」を質に入れて、ロレッタと子供たちをミシシッピーに送ってしまうローズ。ミシシッピーでお金を作って、質流れする前に「ネイサン」と取り戻す事!とローズは言うんです。ちなみに「ネイサン」はシルバーのろうそく立て。アールはミシシッピーのビロクシーでチキンだけでレストランを経営している。そこでロレッタは働く事になるが、計算に自信のないロレッタは、とりあえずは鶏のソーセージ作りから始める。でも徐々に自信を取り戻し...と、物語は続くのです。

ミシシッピーに居る間に、「ネイサン」にまつわる家族の歴史を知る事になるのです。この話が、これまた超泣ける!ラストは、号泣しちゃいました。最高ですわ。なぜそのキャンドル立てが「ネイサン」という名前がついたのかも、号泣しちゃいました。最後は涙腺やられっぱなし。なのに点数が5点満点じゃないのは、音楽がねー。音楽個々はいいんだけど、この映画には全くあってなかったね。

ちなみにアールを演じたのがこの前の「This Rebel Breed / 暴走する反抗族 (1960)」で、滅茶苦茶かっこよかったアル・フリーマン・ジュニア。ここでもカッコいい。やっぱり、アル・フリーマンはいい!アルツハイマーになった妻を思う気持ちを吐露するシーンが好き。そのアールの息子を演じたのがウェズリー・スナイプス兄貴!スナイプスは制作まで担当しているらしい。スナイプス兄貴は、ドラマ作品でもしっかりアピールするよね。演技が出来るアクションスター。このスナイプスとアルフレ・ウッダードが「Yes, We can!」を連呼するシーンが印象的。これみて、オバマ大統領はキャンペーンで使ったのかな?多分そうかも。オバマにも「Yes We Can」だったあの頃を取り戻して欲しいよ!

つーか、続けてミシシッピの映画見てた!

 トリビア
有名な女流詩人で作家のマヤ・アンジェローが監督して話題になった映画。アルフレ・ウッダードが主役。アル・フリーマン・ジュニアやエスター・ロール等、渋いキャスティングも好評。またプロデューサーとしても参加しているウェズリー・スナイプスも出演している。サウンドトラックも話題に。

 その他

 受賞歴
>> Acapulco Black Film Festival
1999 Nominated Best Actress : Alfre Woodard
1999 Nominated Best Director : Maya Angelou
1999 Nominated Best Film
1999 Nominated Best Soundtrack

>> Chicago International Film Festival
1998 Won Audience Choice Award : Maya Angelou

>> Image Awards
1999 Nominated Outstanding Lead Actress in a Motion Picture : Alfre Woodard
1999 Nominated Outstanding Motion Picture

>> Independent Spirit Awards
1999 Nominated Best Female Lead : Alfre Woodard

>> Prism Awards
1999 Won Prism Award Theatrical Feature Film

>> Young Artist Awards
1999 Nominated Best Performance in a Feature Film - Young Actress Age Ten or Under : Kulani Hassen

 サウンドトラック
1. Believe In Love - Sunday
2. God's Stepchild - Janet
3. Heaven Must Be Like This - D'Angelo
4. If Ever - Stevie Wonder
5. Where Would I Be - The Leverts
6. I'm Only Human - Luther Vandros/Cassandra Wilson/Bob James
7. Just A Little Luv - Shawn Stockman of Boyz II Men
8. We Belong Together - Tony Thompson And Antoinette
9. Don't Talk 2 Strangers - Chaka Khan
10. Let It Go - Jazzyfatnastees/The Roots
11. My Soul Don't Dream - Me'shell N'degocello/Keb'Mo'
12. Uh Uh Ooh Ooh Look Out Here It Comes - Ashford & Simpsons
13. Don't Let Nuthin' Keep You Down - Sounds Of Blackness
14. Family (Score) - Stanley Clark
15. The Rain - Tracie Spencer
16. Patchwork Quilt - Sweet Honey In The Rock

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0142231/
http://en.wikipedia.org/wiki/Down_in_the_Delta
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2007-11-08
>> HOME