2504
Cast >>Kel Mitchell (Rickey Bell), Bombay (Kennedy Ross), Katt Williams (Mr. Ross), Antwon Tanner (Hector), Kenn Michael (Hector's brother), Fredro Starr (Ice Pic) ....
Director >>Kenn Michael
Writer >>Kel Mitchell, Tyisha Hampton-Mitchell
Producer >>Kenn Michael, Kel Mitchell, Tyisha Hampton-Mitchell
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
Ganked by Kel's charm

リッキー(ケル・ミッチェル)は、シンガーを目指してレコード会社にデモテープを送ったりと努力していた。有名レコード会社の社長(キャット・ウィリアムス)に会える事になった。そのレコード会社の娘ケネディ(ボンベイ)も、シンガーとしてデビューしていて、人気はあったが才能が無く態度もでかいので、ヒット曲に恵まれずにいた。社長は、ケネディにリッキーと会う事を命令する。リッキーの曲を聴いたケネディは...

ケル・ミッチェルは、日本の漫才風に言えば「ボケ」担当。ウェイアンズ兄弟で言えば「マーロン・ウェイアンズ」的だし、アイス・キューブのコメディ映画で言えば、「マイク・エプス」的だ。子供心を持っていて、いつも失敗してトラブルに巻き込まれてばかりだけど、憎めない役。それがケル・ミッチェル。そんな彼のいい特徴が出ている映画。

最近になって、ラップやR&B界の権力者達の2代目が、色んなリアリティ番組に出ているのを見かけるけれど、この映画は上手くそれを批判しているかな?とも思う。

ケル・ミッチェルは、自分の魅力を知っていて、上手く利用しているなと思う。
(Reviewed >> 4/20/06:DVDにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
子供向けチャンネルNickで「キーナン&ケル」の主役だったケル・ミッチェルの作品。ケリ・ミッチェルの妻であるタイーシャ・ハンプトン=ミッチェルとの共同作品。女優をする時だけ「Bombay」という名前を使っているので、分かりにくいんですが、主役の女性は、ケリ・ミッチェルの妻です。脚本とプロデュースを夫婦共同作業。
コメディアンのキャット・ウィリアムスも出演。

 その他

 受賞歴
>> New York International Independent Film & Video Festival
2005 (L.A. festival) Won Grand Jury Prize Best Feature Film : Kenn Michael

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0469374/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2006-08-02
>> HOME