1141
Cast >>Michael Boatman (Johnny 'J.J.' Johnson), Ice Cube (Teddy Woods), Lori Petty (Dep. Deborah Fields), Bernie Casey (Locket) ...
Director >>Charles Burnett
Writer >>Charles Burnett, John Eddie Johnson, Ned Welsh
Producer >>Thomas S. Byrnes, Carolyn Schroeder
Genre >>Crime
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
Charles Burnett's Shield is made of Gold
ジョン・”JJ”・ジョンソン(マイケル・ボートマン)は小さい頃からの夢である保安官になり、LAにあるエッジマー署に配属された。しかし仕事は夢と現実の間で揺れていた。そんな中、JJが同僚のボノと共に捕まえたのがテディ・ウッズ(アイス・キューブ)だった。JJは同僚の為にウッズの裁判で偽証した。テディは別件で殺人罪として裁判にかけられることになり、JJが深みにはまっていくスタートに過ぎなかった...

小さい頃からの夢を叶えたのに、腐敗した保安官達が蔓延る署内に配属されてしまった主人公の様子が緊張感のある映像で伝わってくる。チャールズ・バーネットの鬼才がそうさせていると、私はハッキリと断言出来る。弁護士の部屋での緊張したやりとりをそのまま映すのではなく、モノクロの影を使ったりするのはやっぱり並の監督ではないと思う。またオープニングのアメリカンコミックのシーンは、最初「らしくないな」と思ったが、これが実は後からじっくりと主人公の性格を現す良い伏線になっているのを感じとれる。主人公JJが小さい頃から憧れていたのが、アメリカンコミック調のヒロイックな保安官であり、彼はコミック調のナイーブさがあった。そのコミックの最後の「あなたのシールド(保安官バッジ)はゴールドで出来ているわ」という台詞こそが、JJの理想であった。しかし署内の緊張感で、それはガラスの脆い物になってしまった...というのがよく伝わる。台詞も興味深い。JJの唯一の味方が、女性のデボラ。黒人であるJJはデボラに「女性だから」というと、デボラは「彼等は私を女じゃなくってユダヤと呼んだのよ」と言い返す。JJにとっては、ユダヤも白人と同じという事。そういうちょっとした台詞が私を何かハッと気づかせる。

ラストのラストが深い。自分のした間違いを償う者も居れば、中にはそうじゃない者も居る。人生は不公平である。人生の機微を知る。ちょっとしたサスペンス映画をここまで深くするのはやっぱりチャールズ・バーネットの凄さだろう。
(Reviewed >> Unknown、5/27/09:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)」のチャールズ・バーネット監督の作品。アイス・キューブが出演している。

ジョン・ジョンソンという実在する人物が実際に経験した話。そのジョンソンもこの映画製作に脚本とコンサルタントとして関わっている。

 その他

 受賞歴
>> Locarno International Film Festival
1994 Nominated Golden Leopard : Charles Burnett

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0109906/
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Glass_Shield
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=27524

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-12-19
>> HOME