1905
Cast >>Vincent Cassel (Vinz), Hubert Kounde (Hubert), Said Taghmaoui (Said), Abdel Ahmed Ghili (Abdel), Solo (Santo) ...
Director >>Mathieu Kassovitz
Writer >>Mathieu Kassovitz
Producer >>Christophe Rossignon
Genre >>Crime
Country >>France

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
Hater
パリ郊外のバンリューで暴動が起こり、アブデュルが警官の暴力により重体となった。アブデュルの友人であるアラブ系のサイード(サイード・タブマウイ)とユダヤ系のヴィンス(ヴァンサン・カッセル)とアフリカ系のユベール(ユベール・クンデ)の3人は病院に見舞いに行くが門前払いされた。ヴィンスは暴動でなくなっていた警察の銃を持っていた...

「憎しみ」よりも空しさを感じる。メディアがあまり伝えないフランスを何気なく伝えてくれている。また役名が役者の名前と同じだったりするのでドキュメンタリータッチであり、現実離れしたモノクロで作っている辺りに面白さを感じる。何気ない話しをモノクロで撮っている点はチャールズ・バーネットの「Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)」にも通じる部分がある。
主役の若者3人は、移民2世である。彼等は親の祖国に対して何も感情を持たず、自分達の国であるフランスには不満を抱えていて、遠い国アメリカに思いを馳せている。監督自身もアメリカに影響を受けているようで、主人公に映画「タクシー・ドライバー」の台詞を言わせたり、スパイク・リーで有名なトラッキング・ショットを使ったりしている。この時代に映画を撮っていたアメリカの新進監督とは違って、エンタテイメント性を排除しているのも面白い点だ。ただ、同じ時期のアメリカの監督は音楽の使い方に独創性を感じるアンダーグラウンドを感じたが、さすがにカソヴィッツの音楽の使い方にはポップでメインストリームさを感じる。そういう点がアメリカとの違いも感じて面白いだろう。違うといえば、アメリカでは同じ状況とは言えあまり他人種が絡む事は少ないが、フランスでは絡みあっている。

トイレでの老人の話しや、酔っ払いとの絡みなど、映画には直接関係ない何気ない会話がより一層この映画を現実的にしている。またヴィンスが「あいつ(ユベール)は考えすぎだ」と言う。この映画でのユベールは一番地に足の着いた男だ。その何気ない台詞にバンリューの問題点をも見た。
(Reviewed >> Unknown, 12/26/08:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
フランスのバンリュー(ゲトー)を舞台に人種差別を扱った作品で、フランスの映画祭「セザール賞」にて数々の賞を獲得し、カンヌ映画祭でも監督賞を受賞した作品。モノクロ。

フランスの原題は「La Haine」ですが、英語表記の「Hate」にて登録しました。

 その他

 受賞歴
>> Camerimage
1995 Nominated Golden Frog : Pierre Aim

>> Cannes Film Festival
1995 Won Best Director : Mathieu Kassovitz
1995 Nominated Golden Palm : Mathieu Kassovitz

>> Cesar Awards, France
1996 Won Best Editing
1996 Won Best Film : Mathieu Kassovitz
1996 Won Best Producer : Christophe Rossignon
1996 Nominated Best Actor : Vincent Cassel
1996 Nominated Best Cinematography
1996 Nominated Best Director : Mathieu Kassovitz
1996 Nominated Best Sound
1996 Nominated Best Writing - Original or Adaptation
1996 Nominated Most Promising Actor : Vincent Cassel
1996 Nominated Most Promising Actor : Hubert Kounde
1996 Nominated Most Promising Actor : Said Taghmaoui

>> European Film Awards
1995 Won ard Best Young Film : Mathieu Kassovitz

>> Film Critics Circle of Australia Awards
1997 Won Best Foreign-Language Film

>> Lumiere Awards, France
1996 Won Best Director : Mathieu Kassovitz
1996 Won Best Film : Mathieu Kassovitz

>> Thessaloniki Film Festival
1995 Nominated Golden Alexander : Mathieu Kassovitz

 サウンドトラック
1. Burnin' and Lootin' - Bob Marley
2. Funk Funk - Cameo
3. Outstanding - The Gap Band
4. Beat Goes On - Ripple
5. That Loving Feeling - Isaac Hayes
6. More Bounce to the Ounce - Zapp
7. Mon Espirit Part en C...
8. Peur du Metessage - Assassin, Assassin
9. J'Attends - Marie Daulne
10. Putain de Planete
11. Arrivee at Salut a l' Assistance
12. Je Ne Vois Que Moi
13. Say It (Over and Over Again) - John Coltrane Quartet

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0113247/
http://en.wikipedia.org/wiki/La_Haine
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=28610

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack

Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-09-08
>> HOME