847
Cast >>Glynn Turman (Isaac / 'Ike'), Louis Gossett Jr. (Reverend Elija Bliss), Joan Pringle (Christella), Carl W. Crudup (Tony), James Watkins (Carl), Fred Pinkard (Theotis Bliss), Jo Anne Meredith (Sara Divine), Alice Jubert (Roberta Bliss / Betty Jo), David McKnight (J.D. Walker) ...
Director >>Arthur Marks
Writer >>Jaison Starkes
Producer >>Arthur Marks
Genre >>Horror
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
"Smoke weed, Don't let mind tricks on you"
1942年ニューオリンズ。食肉解体場で女性が殺され、そして駆けつけた男性も殺された。殺された女性はベティ・ジョー・ウォーカー(アリス・ジュバート)、男性はJ.D.・ウォーカー(デビット・マックナイト)だった。そして今日、アイク(グリン・ターマン)は、明るくリーダー的な男で、弁護士を目指している学生で、今はタクシー運転手で生計を立てている。妻のクリステラ(ジョーン・プリングル)も献身的に支えていた。ある日、2人が友達とダブルデートし、そこで催眠術のショーをやる女性のクラブに入った。アイクが催眠術に掛かるのを笑って楽しんでいた。しかしそこでアイクには、J.D.の悪霊がついてしまう。アイクは頭痛に悩まされ、そして徐々にJ.D.の性格などが出始める。J.D.はハスラーで女遊びが酷くてナンバー賭博などをし、ナイフを持ち歩くアイクとは正反対の男だったのだ。J.D.の悪霊は、自分と妹のベティ・ジョーを殺した男へのリベンジを果たすべく、アイクの体を使うが...

アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ制作のホラー映画。ワースト映画と評される事が多い。でもなにこれ面白い!!グリン・ターマンが正反対な男を熱く好演していて、引き込まれる。滅茶苦茶いい奴が滅茶苦茶悪い奴になってしまう苦悩、そしてどうしても自分の死を解決してやるぞ!という執念の両方をターマンの演技から感じ、とても切なくなる。そしてJ.D.役のマックナイトからも怨念を感じて、鏡に映ると結構怖い。うわ!っとなる。最高だ。そしてなんと言ってもロケーションが良い。撮影はヴァージニアなどでも行われたようだが、ニューオリンズに設定したのが上手かった。当時のバーボンストリートが見れるし、なにしろニューオリンズには幽霊話が多いのだ。あるな!と思わせる。

これは確実に「良い」ワースト映画。人々に好かれるタイプのワースト映画。さすがにターマンがコンクまでしちゃうのは笑ってしまうが、それもある意味怖くてカルトとなった!
(Reviewed >> 8/8/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
グリン・ターマン。一時期はあの歌姫界ナンバーワンのアレサ・フランクリンと結婚していた俳優。私の好きな俳優の一人でもある。何ていったってこの作品の1年前の『Cooley High / 日本未公開 (1975)』のプリーチ役は伝説。20代後半で高校生役をあんなに活き活きと演じられるなんて奇跡!マイケル・J・フォックスとグリン・ターマン位だよ。という事で、今回もターマンは学生役。さすがに高校生ではないが、弁護士を目指して勉強中の苦学生を演じている。

パム・グリア嬢の『Friday Foster / 女記者フライデー/謎の暗殺計画 (1975)』なんかを撮っていたアーサー・マークス監督作(いちよう書いておくと白人のおっちゃん監督)。まあね、物凄く正直に率直に書かせていただくと、いい映画を撮っていた監督ではないですよね。『女記者フライデー』だって、グリア嬢以外にもヤフェット・コットーとかゴッドフリー・ケンブリッジにサールムス・ラスララにアーサ・キットなんていう錚々たるキャスティングが出演していたけれど、まあパム・グリア嬢の代表作!として紹介される事はないよね。そういう事ですよ。でも『Detroit 9000 / デトロイトポリス (1973)』はそこそこ面白かったよね。そんなアーサー・マークス監督ゆえなのか、なぜかこの映画はワースト映画として知られているらしい。が...そんな事ないぞ!面白い。非常〜〜〜に面白い!!

私、何度も書いておりますが、とてもチキンな女でして、ホラーがとても苦手。この映画はいちようホラー映画という事で大好きなグリン・ターマンが出ているのにも関わらず中々手が出なかったのです。しかし前のめりで見てしまいましたよ。ビクビクしながら!というのも、J.D.という男の怨霊がステキな青年アイクにのり移ってしまうというストーリーなのですが、ちょいちょいJ.D.が鏡に出てくる(今日の写真もそうなんだけど、写真が小さい過ぎるので分からないかもしれない)。このJ.D.を演じた俳優がとても雰囲気あり過ぎで、怖いの。ぎょえ。後は牛さんの無残な姿とか色々。ホラーに慣れている方なら、なんて事ないんでしょうけど。

そしてブラックスプロイテーションなので、当然エロい!確実に『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』よりもおっぱいの数も大きさもエロさも上!しかもエロそうな夫人がベッドに横たわりながら「今までで一番のファ×クだったわ〜」とエロく言う。名シーン。なのでウータン・クラン傘下のゴーストフェイス・キラの「Wildflower」でその台詞の部分が使われておりますよね!台詞といえば、コーネル・ウェスト教授のようなルックスの医者も面白かった。アイクが自分がおかしくなったと思って友達に紹介してもらった医者。「疲れているんだよ、大麻でも吸ってリラックスしなはれ。自分の心に遊ばれる事ないように」と。あれかな?ゲトー・ボーイズの「Mind Playing Tricks on Me」も少なからずこの映画に影響されている気がする!

ニューオリンズが舞台なのも最高。ニューオリンズって、沢山ホラーストーリーがあるじゃないですか!一番怖いのが、ラローリー邸。ここの夫人が、奴隷を100人位拷問して殺したという幽霊邸。今でも奴隷たちの悲鳴が聞こえるらしい。ニューオリンズの雰囲気って独特ですからね。ヴードゥとかもあるし。ぴったりでしたね。という事で、ニューオリンズの街もこの映画の主役でした。

それにしても、グリン・ターマンが最高!やっぱりこの人最高!!アカデミー賞2回くらい取ってないとおかしいレベル。って書くの忘れちゃいましたが、ルー・ゴセット・ジュニアも出ております!2人は人気舞台『A Raisin in the Sun』で共演しているんだよね。ターマンのデビュー作。映画化されたとき、ターマンだけが出てないんだよね。残念。

 トリビア & etc...
「An Officer and a Gentleman/愛と青春の旅立ち」でアカデミー賞を受賞しているルイス・ゴセット・ジュニアと、「Cooley High」のグリン・ターマンが主演のアクションホラー映画。監督は、パム・グリア主演「Friday Foster/フライデー記者」のアーサー・マークス。

ゴーストフェイス・キラの「Wildflower」の冒頭でこの映画の台詞が収録されている。

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0074703/
http://en.wikipedia.org/wiki/J._D.'s_Revenge
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24816

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-04-14
>> HOME