2562
Cast >>Katt Willams
Director >>Zo Wesson
Writer >>Katt Willams
Producer >>Katt Willams, Mark McClafferty, Pamela Edwards McClafferty
Genre >>Stand-Up
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
Comedy is Remedy
2001年オハイオ州シンシナティで14歳の黒人の少年が、警官による銃の誤射により亡くなった。町は怒りボイコットやピケを始めた時、同じシンシナティ出身のコメディアンであるキャット・ウィリアムスが、町の人々をコメディで癒そうと立ち上がる。

オープニングのいつもの掴みネタ「Pimp don't know what to wear」から、ネタ的にはそんなに変わってない。このネタも、ライブが行われている地区の気候によって変わる。オチは同じなんだけど、フリがいつも違うご当地ネタなので楽しみだ。違うのは、このライブを行うきっかけになった事件について話す所。その部分も、事件という悲しい事実、人々が怒っているという悲しい事実を、笑いというオブラートに包んで上手く人に伝えているように思える。
普通に始まるスタンダップコメディのライブとは違って、このライブには行われた意味がある。それをハッキリさせた事で、いつもの何倍にも重みが増す。キャット自身がハッキリ言う。「俺には問題を解決する事は出来ないけれど、自分のコメディで人々が癒せるなら... 俺は人が問題で傷ついている時には、バンドエイドみたいな感じになりたいんだ」と。確かにそうだ。コメディは人を傷つける物じゃなくって、人の心を癒すもの。今回のようなハッキリした目的じゃなくっても、いつも人はコメディに癒されてきたと思う。

コメディの素晴らしさを、そして新しいコメディの歴史を実体験出来る。確かに、キャット・ウィリアムスが、人々の傷ついた心のバンドエイドになっている姿を見て、大笑いしながらも、うっすら感動さえしてしまう作品。
(Reviewed >> 12/8/06:DVDにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
人気上昇中の若手コメディアンであるキャット・ウィリアムスのライブ映像。彼の出身地で行われた。9月24日はシンシナティが決めたキャット・ウィリアムス・デーだそうで、彼の両親やその映像も見られる。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2006 Won Best Comedian of the Year : Katt Williams

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0810410/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2006-12-10
>> HOME