1396
Cast >>Lee Van Cleef (McClain), Jim Brown (Isaac), Leif Garrett (Tom Thurston), Glynnis O'Connor (Lisa Thurston)
Director >>Joseph Manduke
Writer >>Ken Globus, Bud Robbins, Jay Tefler
Producer >>Yoram Globus, Menahem Golan, Frank Johnson
Genre >>Western
Country >>USA

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"Killing is one thing, hunting is another"
サーストン家族は人里離れた所で、家族だけで狩り等をして生活していた。まだ子供の少年トム(レイフ・ギャレット)に父は狩りを教えていた。そして町では流れ者のマクレイン(リー・ヴァン・クリーフ)の一味が暴れていた。そんな時に黒人のアイザック(ジム・ブラウン)が金を発掘し、町に換金に来ていた。アイザックは町の白人達に嫌がらせを受けたが、何とか難を逃れた。そしてマクレイン達が、サーストン家族のところに辿りつき、トムの母をレイプし、父を殺した。トムはたまたま狩りで離れていた為、難を逃れたが、馬車に隠れていた姉のリサが馬車ごとマクレイン達に奪われてしまった。トムの復讐が始まったのだった...

ウェスタンの名俳優リー・ヴァン・クリーフが、人気絶頂期だったアイドルのレイフ・ギャレット、そしてもうこの頃はウェスタンをやり尽くした感のあるジム・ブラウンという3人の役者が揃ったウェスタン映画。とはいえ、タイトルでも分かるように主役はレイフ・ギャレット。彼を楽しみに見る女の子向けなのである。なので分かりやすいし、女の子でも見やすい作りになっている。しかし、お母さんのレイプシーンはかなり残酷な表現。しかもギャレット演じた男の子はそれを目撃している。ジム・ブラウンはヒロイックだが、白人を助ける所謂トムでありマジカル・ニグロである。

ハードコアなドンパチが繰り広げられるウェスタンというよりも、ちびっ子が「ホームアローン」的なアイデアで大人をやっつける面白さがあるので、レイフ・ギャレットの映画としては正解。でもリー・ヴァン・クリーフとジム・ブラウンの映画だとしたら、なんで?と思ってしまう作品。
(Reviewed >> 12/22/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
私、がっつりど真ん中世代じゃないんですが、この映画の主役レイフ・ギャレットがアイドル時代だった頃は、かなり薄ーーく記憶にはある。私よりも10歳上の世代じゃないかな?彼が超アイドル時代だったのは。私の頃にはもう「アウトサイダー」だったし、正直彼のスキャンダルの方が馴染みある世代。でも超アイドルだったんだよね。歌手までやってたくらいだし。ジャスティン・ビーバー...というか、彼も今やもう古いの?ワン・なんとかとかいうグループ?並だったと思うよ。女の子にはそういう時期ある。ネットでは男性だと思われている、私にだってそういう時期あった。乙女が可愛い男の子にウホってなる時期ね。

いちようね、この前から続いている「Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)」に向けて、家にあるウェスタン映画を片っ端から観ている訳ですが、なぜかこれがあった。というか、この2本しかなかったよー。探せばありそうだけど、面倒だから探してない。家にあった理由は、レイフ・ギャレットが出ているから!ってな訳じゃなく、ジム・ブラウンが出ているんですよ。ウホ。

タイトルの通りの映画。レイフ・ギャレットの復讐劇。狩りを教えてくれた優しいお父さん。年取ってからの子なんだろうね、お父さんかなり年取ってる。このレイフ・ギャレットの一家が西部劇の名俳優リー・ヴァン・クリーフ演じるマクレインの一味にちょっかい出される。お母さんはお父さんや息子の目の前でレイプ。そして無残にも殺されてしまう。お父さんもそれを見届けてから殺される。レイフ君はたまたまちょっと離れた所で狩りをしていたから、難を逃れたけど、お姉ちゃんが馬車に隠れていて、その馬車もマクレインの一味に持って行かれてしまう。そこからレイフ君の復讐劇が始まるのです。ジム・ブラウンは全く関係ないんだけど、マクレインの一味が来る前にこのレイフ君の家族の所を訪れて、お水を貰って助けてもらっている。ジム・ブラウンは金発掘で生活している男だけど、町のバカ軍団にいつもちょっかい出されている。その後にレイフ君とジム・ブラウンが出会い手を取って、マクレイン一味を追い込んでいく...っていうストーリー。

これを書いている時には、実はもう「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てしまっている。だからこそ書くけど、この時代の西部劇に於ける黒人像と、「ジャンゴ」は全く違うよ。ジム・ブラウン演じたアイザックという男はヒーローであったけれど、やっぱり所謂「トム」だった。トムとは白人に従順な黒人であり、白人の為に犠牲にもなれる黒人でもある。「ジャンゴ」は違う。これはジャンゴの時にじっくりと書くわ。でもさ、全身がマッチョな男を表現しているようなあのジム・ブラウンだって、こうなっちゃうのよねー。切ないよ、私は。

まあね、でも子供向けだから女の子にも観やすいウェスタン。分かりやすい。確かにこの頃のレイフ・ギャレット、滅茶苦茶可愛い男の子だったね。ウホ。

 トリビア
ジム・ブラウンがウエスタン映画で有名なリー・ヴァン・クリーフと共演したウエスタン。後にアイドルとして活躍したレイフ・ギャレットも出演している。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0076261/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2008-07-25
>> HOME