775
Cast >>Terrence 'T.C.' Carson (Dexter Jackson), Lisa Arrindell Anderson (Toynelle Davis), Blanche Baker (Kate Penndragin), Nathaniel Hall (Baker Moon) ...
Director >>Michael Schultz
Writer >>William Mosley-Payne
Producer >>David V. Picker
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
White Man's World
デクスター(テレンス・TC・カーソン)は、アトランタで姉ネイディーン(ロレッタ・ディバイン)と共に両親が残したクリーニング業を継ぎながらも、TVニュースのアンカーになる事を夢見て、友人のベイカー(ナサニエル・ホール)と真似事をしていた。恋人のトネール(リサ・アーリンデル・アンダーソン)は献身的にデクスターをサポートした。配達中に、立てこもり事件に遭遇し、リポーターのマイクを奪って、リポートを始めた。それがTV局の敏腕で野心的な女性プロデューサーのケイトに気に入れられ、デクスターはリポーターとなるが...

70年代から一線で活躍するマイケル・シュルツ監督作品。この1991年には、この手の映画が多く作られていた。1986年の「ソウルマン」へのアンサー的なのかもしれない。黒人監督が、黒人が白人に変身してしまうパターンの映画を作っていたのだ。チャールズ・レインの「True Identity」も同じ1991年に制作されている。この映画は、黒人の純粋な青年が白人の世界で変わっていき、アイデンティティを失いかける様子をコミカルに軽快なタッチで軽く描いている。黒人の人々がアイデンティティを失うという事は、ソウル「魂」を失う事と描いているのが興味深い。そしてソウルを失うと、同じ黒人の仲間が苦しみ悲しむのだ。

黒人でありながら成功するという事は2つの社会(Twoness)を背負うという事でもある。でもこの映画はそれらをとても親切に分かりやすく軽快に描いている。マイケル・シュルツらしい、嫌味のない親切な映画。
(Reviewed >> 3/18/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
なんか最近やたらとデ・ラ・ソウルの「Me, Myself And I」がずーーーーーっと頭を駆け巡ってました。いや、今現在も。ずーーーーーっと「Mirror mirror on the wall. Tell me mirror what is wrong?」いってます。話はいきなりズレるけど、アメリカでもイジメ問題が激化している。今回のオスカーで1人勝ちしたハーヴェイ・ワインスタインが「Bully(いじめっ子)」というドキュメンタリーを作っていて、でも映倫でR指定になってしまい格闘中。R指定だと、17歳以下は親と一緒じゃないと観る事が出来ない。まあそれほどイジメはアメリカでも激しい映像内容の問題となっているという事。当事者達が見れないなんて本末転倒ではある。虐められている子達には、このデラの曲で頑張って欲しいわ。自分らしいスタイルでいじめっ子達に打ち勝つ美学を教えてくれたのがデラだぜぇ。ワイルドだぜぇ。すごいだろぉ!



それ以来、ずっと頭は80年代終わりから90年代初頭。その時代のこんな感じの映画が見たいわーと探したら出てきた。以前にも見ているけど、ちゃんと感想とか書いてなかったので丁度いいじゃなーい!しかもさ、デラとは同じネイティブタン一派のジャングル・ブラザーズのアフリカ・ベイビー・バム事ナサニエル・ホールが出演。ぴったりじゃなーい。

主役にはそのネイティブタン一派のクイーン・ラティファが出演していたシットコム「Livin' Single」のレギュラーだったテレンス・TC・カーソン。彼が演じたデクスターは、ニュースアンカーを夢見る若者。でも実際には親が残してくれたクリーニング業を手伝っている。そんな夢を支えているのが、同じお店で働くトネール。可愛いんだ。「Madea's Family Reunion / 日本未公開 (2006)」とかにも出てたけど、この映画が一番可愛い。ラストとかもカッコいい位。デクスターのお姉さん役にロレッタ・ディヴァイン。いいよね。アフリカ・ベイビー・バムは、デクスターの親友、及び映画のナレーション役。

映画の感想の方では難しい事を書いてしまいましたが、本当はそういう難しい事が軸となっているけれど、それを全く感じさせずに軽く描いているのが、この時代の良さだったかもしれません。というか、同じ年に作られた「True Identity / トゥルー・アイデンティティー/正体知られて大ピンチ (1991)」もそうだったけど、人種をネタにこんなに陽気に作っていたのですよ。今なら、タイラー・ペリーやマーティン・ローレンスが女装しただけで、喧々囂々なので、無理ですよねー。とは言え、時代と共にカルト映画とならずに、フェードアウトしてしまった感はありますね。でも私は嫌いじゃないです。

 トリビア & etc...
80年代後半から、90年代始めに、このような「アフロアメリカンが白人になってしまう、またはその逆」の映画が結構あった。「ミスターソウルマン」、「True Identity」等。それらの中でも、比較的に皮肉的メッセージが強い映画。主演には、テレビシリーズ「Livin' Single」のテレンス・’TC'・カーソン。共演には、「天使の贈り物」のロレッタ・ディバイン。ラップグループ「ジャングル・ブラザーズ」のアフリカ・ベイビー・バム事ナサニエル・ホールも出演。監督はベテランのマイケル・シュルツ。

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Doin' Good For Yourself - Jungle Brothers
2. Small Thing - Newkirk
3. The Blues - Terminator X/Andreas 13
4. Paranoia - Nice and Smooth
5. Slick Rick - The Ruler - Slick Rick/Mr. Lee
6. I Shouldn't Have Done It - Slick Rick
7. Love Me - The Famlee
8. 718 Kit - Jungle Brothers
9. She's Not Your Fool - Alyson Williams
10. If I Was - Downtown Science
11. Livin' Large! - Herbie Hancock/The Don

Soundtracks from Amazon.co.jp

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0102322/
http://en.wikipedia.org/wiki/Livin'_Large
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack

Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-07-27
>> HOME