1143
Cast >>Bill Cosby (Caleb Revers), Gloria Foster (Ivy Revers), Leif Erickson (Sheriff Mossman), George Spell (Billy Revers), Douglas Turner Ward (Lee Christmas), John Anderson (Stretch), Yaphet Kotto (Nate Hodges), Shelley Morrison (Rosita) ...
Director >>E.W. Swackhamer
Writer >>Harry Essex, Oscar Saul
Producer >>Marvin Miller, Bill Cosby ...
Genre >>Western
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Father Figure
ケイレブ・リバース(ビル・コスビー)は、南北戦争では北軍の兵士として戦ったが、今はアリゾナに土地を手に入れて、妻(グロリア・フォスター)と息子のビリー(ジョージ・スペル)と共に生活をしていた。死に掛けていた馬のジュバルを貰い、看護してやっと動けるようにしたが、ビリーの不注意で盗まれてしまった。父は息子を連れてジュバルを探す旅に出るのだった...

ウエスタン映画らしい昔からあるようなストーリーに、人種的なテーマを加えた作品。でも、ケイレブやビリーを苦しめるのは、差別だけでなくて、同胞の黒人だったりするのが、中々興味深いだろう。また盗賊になった男の「奴隷解放宣言の後に...」という台詞や、ケイレブが北軍だった為に言われるシーンなどは歴史的に見て興味深い。
しかし、コメディアンのビル・コスビーが全然笑わせない。未亡人の女性に迫られるシーンは少し笑ってしまうが、本来のビル・コスビーの姿ではない。でも、彼のキャリア一貫としてある「父親像」という物が、この映画にはある。言葉だけでなく、自分自身が正しい事をしてその背中を見せて学ばせる... これがビル・コスビーの信念ではないか?と思う。この信念がこの映画でもきちんと貫いている。

一貫とした自分の姿を貫くのは容易くない。でもビル・コスビーは一貫とした父親像をウエスタンという映画を通しても貫いてくれている。これこそ父親だ。
(Reviewed >> 1/16/08:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
コメディアンのビル・コスビーが主演と製作を務めたウエスタン映画。音楽はクインシー・ジョーンズとJ.J.ジョンソンが担当している。「マトリックス」のグロリア・フォスターや、ニグロ・アセッセンブル・シアターの共同設立者であるダグラス・ターナー・ワード、「110番街交差点」のヤフェット・コットーが出演している。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Theme From "Man and Boy" - Bill Withers
2. Solo - Mo
3. Emancipation Procrastination
4. Pull, Jubal, Pull
5. Man and Boy
6. Theme From "Man and Boy" ("Better Days")
7. Country Soul
8. Rosita
9. Trekkin'
10. Hard Times, Mister
11. Man and Boy

By Quincy Jones and J.J. Johnson

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0068907/
Not available from Wikipedia
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319220

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-01-17
>> HOME