731
Cast >>Paul Robeson (Narrator / Vocalist), Fred Johnson (Fred Hill, farmer), Mary George (Hill's Wife), John Rennick (Hill's Son) ...
Director >>Leo Hurwitz, Paul Strand
Writer >>Leo Hurwitz, Paul Strand, Ben Maddow
Producer >>Leo Hurwitz, Paul Strand
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"We don't forget that, NEVER"
1940年代当時、アメリカは労働組合の闘争で自由が奪われていたと5年掛けて作られたドキュメンタリー映画。ナレーションと歌をポール・ロブスンが担当。

世界第2時戦時、産業スパイが激化していた。スパイ達は勢力を伸ばしていた労働組合を潰す目的で送り込まれていたのだ。ミシガンでは農家が殺され、オハイオでも男性が何者かに殺され、アーカンソーでは男性2人が殺された。フロリダでは労働組合に賛成していた者たちが3人もクー・クラックス・クランによってリンチ死という残虐な目にもあった。それらを当時の映像ドキュメントと、再現映像やドラマタイズにより、労働組合の闘争を描いている。当時、このような政治的なドキュメンタリーは無く、画期的なことだった。そして戦争が終わり、ハリウッドの赤狩りが行われるようなると、彼等は真っ先に疑われたのであった。それにより、5年もかけたこの映画はほぼお蔵入りとなったのだ。

映画は娯楽から政治的へ。その先を行った彼等は迫害された。今では超リベラルで常に先を行くハリウッドだが、昔は保守的であった。そんな時代の歪みがうかがえるドキュメンタリーなのだ。
(Reviewed >> 7/23/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
続いてきたポール・ロブスンもの、ラストです... とりあえずね。こちらは出演はしておらず、ナレーションと途中掛かる歌を担当しているドキュメンタリー映画。というか、半ドキュメンタリー、半ドラマタイズという珍しい作品。もちろんこの時代にもドキュメンタリー映画は存在していた。っていうか、映画の歴史の始まりがドキュメンタリー映画だからね。リュミエール兄弟が工場から出てくる人々を撮った『工場の出口』が映画の始まり。しかしこの映画を撮った「フロンティア・フィルム」が1937年に出来てから、政治的なドキュメンタリー映画が増えてくる。そうだね、ポール・ロブスンの政治的な部分が物凄く反映されているんだね!

という事で、この映画は作られた当時(映画制作には5年かかっているので、30年代中頃)から問題となる労働組合への迫害とかスパイとかを追う。オープニングから「ネイティブ・ランドは、ここ数年のアメリカでの自由迫害の苦労のドキュメントである」って出てくる。そういう事なんですね。という訳で、1607年のジェームスタウンからのアメリカをポール・ロブスンがナレーションで語っていく。そして最近になり、ミシガンの農場にお金を持ってそうな男達がやってきて、農場主のフレッドが殺されてしまう事件、オハイオのクリーブランドのアパートで男性が殺されてしまう事件、アーカンソーのフォート・スミスで白人が黒人を助けたが2人共殺されてしまった事件、アンダーグランドで会議などが行われている労働組合に侵入するスパイ、テネシーのメンフィスの商店が男に荒らされる事件、フロリダのテンパで起きたクー・クラックス・クランによって政治家がリンチされた事件... など、ここで扱われた事件はドラマ化しているのです。ちなみにアーカンソーの所では、ロブソンが劇的に歌って盛り上げております。

で、このDVDには、ボーナス映像でこの映画の監督ポール・ストランドの息子が語っています。少し撮ってはお金を集めて...という感じだったらしい。そしてその中では、ポール・ロブスンはやる気満々で、ナレーションなのに数週間も準備して挑んだらしい。そしてロブスンの名前は資金集めに非常に有効だったらしい。そして「フロンティア・フィルム」にはエリア・カザンも居たらしい。

という事で、この映画を撮った人々は、その後にやってきたハリウッドの赤狩りにはみんな狩られた。言いたい事も言えないこんな世の中は、Poison♪という事で、言いたい事も言えないあんな世の中でポイズンだった赤狩り時代に、堂々と言っていたポール・ロブスンのかっこ良さったら!!!!!って訳です。しかも意見を曲げずに政治的な意見についての姿勢は変えなかった。あの時代は確かにここで描かれたように、自由は迫害された時代った。そして最後が印象的ですね。デモに参加して亡くなった未亡人の泣き顔と共に「我々は忘れない、決して!」という言葉。

 トリビア
ポール・ロブソンがナレーションをしている作品。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0035112/
http://en.wikipedia.org/wiki/Native_Land
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2008-07-26
>> HOME