4939
Cast >>Mark Wahlberg (Daniel Lugo), Dwayne Johnson (Paul Doyle), Anthony Mackie (Adrian Doorbal), Rebel Wilson (Ramona Eldridge), Ed Harris (Detective Ed Du Bois), Tony Shalhoub (Victor Kershew), Ken Jeong (Johnny Wu) ...
Director >>Michael Bay
Writer >>Christopher Markus, Stephen McFeely, Pete Collins (article "Pain & Gain")
Producer >>Michael Bay, Ian Bryce, Donald De Line
Genre >>Action
Country >>USA
Release (US) >>04 / 26 / 2013

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"I've watched a lot of movies Paul, I know what I'm doing..."
ダニエル(マーク・ウォールバーグ)は、野心家でもっとメンバーを増やすと、オーナーのジョン(ロブ・コードリー)に約束し、フィットネスクラブ「サン・ジム」でトレーナーとして着々とメンバーを増やしていた。成金のヴィクター(トニー・シャルーブ)が新たにジムに加わり、ダニエルが個人トレーナーとしてついていた。トレーニング中の会話で、ダニエルはヴィクターが多少危ない橋を渡っているのではないかと思い、ならばそのお金を取ってしまおうと考えるようになった。ジムでトレーニングしている仲の良いエイドリアン(アンソニー・マッキー)を仲間に入れ、そしてジムに面接に来た体格の良いポール(ドゥエイン・ジョンソン)も仲間にした。3人はヴィクターを誘拐する事にしたのだった...

実際にフロリダで1994-1995年に起きた事件を元に制作された作品。史実半分、フィクション半分である。”事実は小説よりも奇なり”と言うが、この奇奇怪怪な事実を見事にフィクションとミックスさせた映画である。この映画でドゥエイン・ジョンソンが演じたポールはフィクション。事件に関係する2人を1人にまとめた様子。様々なアメリカのコメディ映画では、なぜかダニエルとエイドリアンのようなフィットネス・トレーナーは知性の無い輩に描かれる。今回もそのスタンスはあんまり変わっていない。しかしこの映画ではみんな「バカ」なのである。成金のヴィクターも「バカ」なら、ポールも「バカ」。この映画の唯一の良心は、探偵のエドだけである。そのエドが誰よりもいいロケーションでカッコイイ家をもち続けるのが、マイケル・ベイ監督の良心でもある。

この事件を担当した刑事は「これを映画になんて出来ないよ、だってだれも本当の事だと信じないからね」と語っている。実際には、真実を越えた映画であり、真実はより厳しいものである。
(Reviewed >> 4/30/13:劇場にて鑑賞)

 100本映画
嗚呼もう浮かぶわー。日本での宣伝キャッチコピー「全員バカ!」がね。もうとにかくバカ!全てがバカ!登場人物、全員バカ!って、まあ厳密に言えば、1人を除いて全員バカ!アホ!ね。これが事実だっていうのが、アメリカってバカ!でもね、それも全部が全部事実じゃないんだ。この映画の元になった「マイアミ・ニュータイムス」の記事を映画を観た後で全部読んだ。なるほど。映画観ると、もっと真実が知りたくなるんです!!

事件は1994-1995年にフロリダのデイド郡、所謂マイアミ地区で起きた。そこにある「サン・ジム」は、元々会計士だったジョン・メセ(ロブ・コードリー)が経営していたけど、余り良い状態ではなかった。そこに面接に来るのがダニエル(マーク・ウォールバーグ)。野心家で、ジムの会員を獲得するのに躍起。ダニエルのお陰もあって、ジムは繁盛。そこにやってくるのが、成金のヴィクター(トニー・シャルーブ)で、個人トレーナーとしてついたのがダニエル。ダニエルはちょうどその頃にモチベーショナル・スピーカー(ケン・チョン)の話に感化されてしまう。これまたヴィクターが色々と喋るものだから、ダニエルはヴィクターのお金に手をつける事を思いついてしまう。ダニエルはジムの仲間エイドリアン(アンソニー・マッキー)を仲間にし、たまたま面接に来た体格の良い前科者で今は敬虔なクリスチャンになりつつあるポール(ドゥエイン・ジョンソン)を無理矢理仲間に引き入れて、ヴィクターを監禁する事にするが...

というのが映画の中で描かれている事。ドゥエイン・ジョンソンが演じたポールはなぜか実在していない。しかし元になった記事を読むと、カール・ウィークスというのがポールのモデル。ウィークスも前科者で立ち直る為にニューヨークからマイアミにやって来ている。そこは映画でも描かれている。しかし実際のウィークスは、ムキムキなロック様とは違ってガリガリ。ウィークスが余りにも体力的に使えないので、ダニエルはジムで見つけたムキムキ・マッチョのマリオ・サンチェスという男を雇っている程。また、この映画には全く出てこないが、事件には大きく関わっているのが、ホルヘ・デルガド。どうやらロック様が演じたポールって男は、それら3人の男がミックスされたキャラクターぽい。

とまあ、実際には事実とは若干異なるんだけど、そんなのかんけーねー!って位に、物語に引きずり込まれます。マイアミに拘るオタク監督マイケル・ベイらしい。とってもらしい!エンターテイメント性が高くて、正直良心の呵責とか全くかんけーねー!犯罪者が若干だけどアンチヒーロー的になっているからね。この辺は最近の映画では多いよね。「American Gangster / アメリカン・ギャングスター (2007)」でも同じ過ち犯したよね。実際のダニエルは前科もち。元々の悪。でもね、マイケル・ベイはこの映画でその犯罪者達をとにかくアホ・バカに徹底的に描いているね。そこは偉い。3人が忍者とかエイリアンのコスチュームで誘拐を試みるシーンがある。実際にはアイデアだけでやらなかったけれど、ベイ監督はそこを使っていて、この3人のアホさを上手く表現。そして最初に書いた通り、この映画の中では1人だけバカでもアホでもない人がいる。それが唯一の映画の良心であるエド探偵(エド・ハリス)。ラストシーンは最高だね。バカ・アホは最後には何も残らない。でもエド探偵だけは違う。あのマイアミの美しい風景を妻と堪能。あのロケーションが素晴らしい。さすがマイアミオタクのマイケル・ベイ。

そしてこの映画の面白い所は中毒性。ダニエルやエイドリアンはジムで鍛える事に中毒でもある。プロテインは当たり前。そして危険と分かっていながら、ステロイドまで!更にはね、この映画の舞台が1990年代中盤。あの時はそうでもなかった事が、今みると結構ダサい。3人のファッションもだけど、なんだか奇妙で逆に癖になる。当時丁度流行っていた「ギャングスタズ・パラダイス」が超映画にフィットしている。劇中では、2バージョン流れる。クーリオとLVのがエンディング。実際の事件のモンタージュ写真とか流れる。釘付け。こっちも映画に中毒。元になった記事を読むと、実際の事件の面白い所を上手く物語にしているのが分かる。

キャスティングも抜群。3人共に見事な筋肉バカ。しかしアメリカでは筋肉ムキムキはコメディだと、完全なる脳無しの間抜けに描かれる事が多いね。「ロクスベリー・ナイト・フィーバー」とか「ドッジボール」とか。私が好きな筋肉バカは、「ロクスベリー...」のロックリン・マンロー。ウェイアンズ映画でも御なじみの顔。この人が「サン・ジム」に「ロクスベリー...」の時みたくエナジーバー片手に現れてくれたら、こんな事件しなくて済んだかもなのに。

あ、エイドリアンがイン○っていうのは、本当。

 トリビア
マーク・ウォールバーグとドゥエイン・ジョンソンとアンソニー・マッキーが共演のアクションコメディ。マイケル・ベイが監督。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2013 Won Best Movie of the Year (Comedy/Musical)
2013 Won MVP : Dwayne Johnson
2013 映画秘宝 私が選んだベスト10 2013年度5位

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1980209/
http://en.wikipedia.org/wiki/Pain_and_Gain
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=348074

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available


Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2012-09-22
>> HOME