2695
Cast >>Terrence Howard (Jim Ellis), Bernie Mac (Elston), Kevin Phillips (Andre), Evan Ross (Reggie), Nate Parker (Hakim), Brandon Fobbs (Puddin Head), Alphonso McAuley (Walt), Kimberly Elise (Sue Davis) ....
Director >>Sunu Gonera
Writer >>Kevin Michael Smith, Michael Gozzard
Producer >>Terrence Howard, Brett Forbes ....
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>03 / 23 / 2007

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Pride, Determination, Resilience
ジム・エリス(テレンス・ハワード)は、大学の水泳の大会で黒人というだけでチャンスが無かった。その後、大学を卒業し学位を取得し、フィラデルフィアの水泳の名門で教える予定で訪れたが、門前払いを受ける。仕方なく行った職安で、スラムにある通称PDRと言われているフォスター・レクレーション・センターの閉鎖の片付けをするように言われたが...

インスパイアード・バイ・トゥルーストーリーという事で、ジム・エリスという人物とPDRは存在し、33年後の今でもそのジム・エリスがPDRで水泳を教えている事は確かな事実。舞台となった60年代と70年代に、肌の色が黒いというだけで差別されたのも確かな事実。でも、この手の「インスパイアード・バイ・トゥルーストーリー」系の映画で怖いのが、すべてが事実じゃないって事。もちろん映画になるような演出もされている事を忘れてはならない。
「ハッスル&フロウ」で見事にオスカーにノミネートまでされたテレンス・ハワード。今回は、ジム・エリス直々に水泳を教えてもらって水泳をマスターしたり、見事水泳体系を仕込んできた。共演のバーニー・マックと掛け合いながら、子供達へ説教するシーンは見もの。ただちょっと感情的になりすぎで、泣き過ぎかな?涙は分かりやすいけれど、もうちょっと違う感情表現も見てみたかったかも。
音楽も舞台になったフィラデルフィアのフィリーソウルの「オージェイズ」がメインで当時の雰囲気と重なる部分があって良かったと思うが、フィリーソウル以外もあり、まとまりがなかったのが残念。「オージェイズ」の曲と舞台の映像が見事にはまっていただけに余計にそう思えたのかもしれない。

PDR=Philadelphia Department of Recreationだったのが、後に努力でPride(プライド), Determination(決心), Resilience(回復)と変わっていく。ジム・エリスの物語は少し濃い味付けをわざとされたかもしれないが、彼のPDR(Pride, Determination, Resilience)は、変わらずに映画に生き続けているようだ。
(Reviewed >> 6/28/07:DVDにて鑑賞)

 100本映画
思っていたよりは面白かったです!でも、思ったよりもテレンス・ハワードが泣き過ぎ〜!もうちょっと色んな表現方法があってもよかったかなーと。でも、脱いだらあんなに凄いとは知りませんでした♥
水泳チームのリーダー的キャラクターだったアンドレ役の人、ずっと「Stomp the Yard」のコロンバス・ショートだと思ってたんですよねー。「随分と短期間で演技上手くなったなー」と思っていたらケヴィン・フィリップスという別人だった。ソックリだと思います。あ、でも写真を並べてみると、違いがハッキリしますね。でもスクリーンに別々に出てくるとイマイチ分かりません。


このケヴィン・フィリップス君は、次回作がCiaraとの共演になるだろう「Mama, I Want to Sing!」になる予定です。唾つけました。
ここ最近、この手の映画が多いように思うんですよね。「Coach Carter/コーチ・カーター」に「Gridion Gangs」とか、「Take the Lead/テイク・ザ・リード」、「All You've Got」もそれに入るかな... だからちょっと食傷気味というか。スポーツ競技を変えただけと言われてしまえば、その通りかもしれないし。その中でも「テイク・ザ・リード」とか「Gridion Gangs」は上手く出来ていたとは思うけど。

今回は、バーニー・マックが花丸二重丸です。「Above the Rim/ビート・オブ・ザ・ダンク」のホームレス役の時のバーニー・マックを越えましたわ!って、思えば「Above the Rim」もこの手の映画といわれたら、そうなのかも?って事は、今に始まった訳じゃない。でも最近は続き過ぎかな...

やっぱり、オージェーズの「Back Stabbers」がカッコよ過ぎる!

若い子の海パン姿を見て、今年の夏は熱くなりそうだなーと...少なくても私の体温は上昇したわ。

 トリビア
「ハッスル&フロウ」にてオスカー主演男優賞候補となったテレンス・ハワードの新作は、実在する水泳コーチジム・エリスの物語。共演に、コメディアンのバーニー・マック、「ジョンQ」のキンバリー・エリス、「ATL」のエヴァン・ロス等。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "BACK STABBERS" - The O'Jays
2. "LET'S CLEAN UP THE GHETTO" - The Philadelphia All-Stars
3. "LITTLE CHILD RUNNIN' WILD" - Curtis Mayfield
4. "EXPRESS YOURSELF" - Charles Wright & The Watts 103rd Street Rhythm Band
5. "I'LL TAKE YOU THERE" - The Staples Singers
6. "IT'S YOUR THING" - The Isley Brothers
7. "EXPANSIONS" - Lonnie Liston Smith
8. "BLOW ME AWAY" - Dreamseed
9. "INNER CITY BLUES (MAKE ME WANNA HOLLER)" - Grover Washington, Jr.
10. "SLOW MOTION" - Johnny Williams
11. "I LOVE MUSIC" - The O'Jays
12. "I CAN'T WAIT MUCH LONGER" - Robin Trower
13. "THE FOOL AND ME" - Robin Trower
14. "OH HAPPY DAY" - The Edwin Hawkins Singers
15. "LOVE TRAIN" - The O'Jays
16. "STRAWBERRY LETTER 23" - The Brothers Johnson
17. "THE PAYBACK" - James Brown
18. "DARE TO DREAM" - John Legend

Soundtracks not available

 関連記事
* 映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にて映画の紹介

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0475355/
http://en.wikipedia.org/wiki/Pride_%282007_film%29
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2007-01-05
>> HOME