1998
Cast >>Prince Adu (Lucky), Karren Karagulian (Levon Krikorian), Aiden Noesi (Prince), Kat Sanchez (Linda), Victoria Tate (Nadia) ...
Director >>Sean Baker
Writer >>Sean Baker, Darren Dean
Producer >>Darren Dean
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
Ghanaian and Armenian in New York
ニューヨークのブロードウェイの街角でラッキー(プリンス・アドゥ)は、人に声を掛けていた。グッチやナイキやプラダの商品が安く買えるという。人が興味を持つと、レヴァン(カレン・カラグリアン)の店の中に隠れてあるドアから入り、商品を売っていた。ラッキーはレヴァンの元で働いているキャッチセールスマンだったのだ。ラッキーはガーナから来た違法移民で、レヴァンも同じくレバノンから来たアルメニア人で、偽装結婚していた。ラッキーはある日突然、元彼女から名前も知らない赤ちゃんを渡されてしまうが...

様々なアワードや映画祭に出展したインディペンデンス映画。白人の監督とプロデューサーがニューヨークのブロードウェイを舞台に映画が撮りたいと、2人でカメラを抱えて物語を探している時に出会ったのが、この映画の主役ラッキーを演じているプリンス・アドゥ。彼らはアドゥの話に惹かれて、物語にする事にした。レヴァンを演じているのは俳優だが、ラッキーは素人。2人の即興でこの物語は進んでいく。なのでドキュメンタリーにも見えてくる作品だ。レヴァンもラッキーもアメリカ・ドリームを夢見てアメリカにやってきた移民。現実は厳しい。人種のサラダボウルと言われているニューヨークの今を象徴するような作品だと感じたが、BETの評論家は「知らない人にはこの映画がリアルに感じるかも」と書いていた。それを裏付けるようにNY系の映画祭を避けて、ハリウッドや外国系の映画祭に出展して評価を受けている。

赤ちゃんの自然な表情にアドゥやレヴァンの即興の台詞... ニューヨークの住民がリアルと感じない非現実的なリアルこそが、あの街のリアルなのじゃないか?と思わせる力作。
(Reviewed >> 11/23/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
私、こういうの好きなんだなって改めて思わせてくれた作品です。こういうの...とは、ネオリアリズム調の作品。しかも即興で出来た作品。ネオリアリズムという点では世界一大好きな作品「Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)」で、即興という点では「Shadows / アメリカの影 (1959)」なのですよ。ハリウッド調のハッピーエンドも嫌いじゃないですが、でもやっぱりネオリアリズムのこれでもか!という力強さが大好き。

ニューヨークのブロードウェイを舞台に起こるドラマ。ブロードウェイでキャッチセールスをしているのが、主人公のラッキー。ラッキーはガーナからの移民。狭いアパートに住み、ベットも粗末な物で寝ている。ラッキーはブロードウェイに来る人々にグッチやナイキやプラダ等のコピー商品を安く売る。ラッキーのボスがレヴァン。彼もレバノン出身のアメラニアンで移民。レヴァンは店番をしている。店番と言っても、表向きは質素な洋服屋さん。しかしそこには隠しドアがあって、その先でコピー商品を売っている。レヴァンはお客が来ると警察かどうか判断しているのです。レヴァンは若いアメリカ人女性と偽装結婚して、グリーンカードを手に入れている。レヴァンはその彼女に感情移入してきてしまったが、彼女の方はかなり割り切っている。それにイライラするレヴァン。そしてラッキーはなんと昔の彼女から赤ちゃんを押し付けられる。名前も知らないし、自分の子供かどうかも分からない。何より、赤ちゃんの育て方なんて分からない。途方に暮れるラッキー。しかしキャッチセールはしなくてはならないし... こんなドラマが即興で行われるんですよ?感想にも書きましたが、BETの評論家は「こういう世界を知らない人にはリアルだと感じるかもしれないが、拡張されている」と書いている。確かに非現実的かもしれない。しかし、非現実的なことが起きるのが現実的だったりしませんかね?

移民同士で助け合う?図式。しかしそこにもヒエラルキーがあるという現実。まさか...という事が起きちゃうのが、ネオリアリズム。これがニューヨークの移民の全ての姿とは思わないけれど、一片ではあると感じた。

レヴァンがDNAの結果をラッキーには見せずに結果を答えて、ポケットにしまってしまうシーンが好き。レヴァンの人間性が見える。

にしても、この赤ちゃんを演じた子が可愛い!彼だけは本物の表情だもんねー。アフリカンレストランで一人になった時の表情は、神!

 トリビア & etc...
ガーナからの違法移民とレバノンのアルメニア人が主人公のドラマ。ニューヨークが舞台。
「プレシャス」のリー・ダニエルズは直接制作には関わっていないが、DVDが発売されるときに「リー・ダニエルズ・プレゼンツ」として発売されている。

 受賞歴
* Boulder International Film Festival
2009 Won Best New Filmmaker - Narrative Competition : Sean Baker

* Cleveland International Film Festival
2009 Won Best American Independent Feature Film : Sean Baker

* Entrevues Film Festival
2008 Won Audience Award : Sean Baker

* Florida Film Festival
2009 Won Grand Jury Award Best Narrative Feature Film : Sean Baker

* Gotham Awards
2010 Nominated Breakthrough Award : Prince Adu

* Independent Spirit Awards
2009 Nominated John Cassavetes Award

* Las Palmas Film Festival
2009 Won Golden Lady Harimaguada

* Locarno International Film Festival
2008 Won Special Mention - Filmmakers of the Present

* Los Angeles Film Festival
2008 Won Best Dramatic Feature Best Film : Sean Baker

* Los Angeles Pan African Film Festival
2009 Won Best Feature Narrative Competition : Sean Baker

* Marrakech International Film Festival
2008 Nominated Golden Star : Sean Baker

* Rhode Island International Film Festival
2009 Won First Prize Audience Choice Award : Sean Baker

* Torino International Festival of Young Cinema
2008 Won Jury Special Prize : Sean Baker

* Woodstock Film Festival
2008 Won Jury Prize Best Feature Film : Sean Baker

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1000769/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2008-06-14
>> HOME