1615
Cast >>Ossie Davis (Lorenzo DuFau), Reggie Austin (Dubois), Vernel Bagneris (Larry's Father), Eric LaRay Harvey (Kevin/James Graham), Rashad Haughton (Hank Fields), Janet Hubert-Whitten (Larry's Mother), Albert Jones (Larry/Young Lorenzo DuFau), Kidada Jones (Gordon's sister), Jeffrey Nash (Marcus/Gordon Buchanan), Denise Nicholas (Gordon's Mother), Aidan Quinn (Commodore Alfred Lind), Keisha Whitaker (Collette) ...
Director >>Mary Pat Kelly
Writer >>Mary Pat Kelly
Producer >>Ally Hilfiger, Sheila Cox ....
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>3

 レビュー
Proudly,
ロレンゾ・デュフォ(オシー・デイビス)は、妻に先立たれNYで静かに余生を楽しんでいた。孫で年頃のラリーの面倒をみていたが、ラリーが友人と夜に騒ぎ始めたのをきっかけに、ロレンゾがラリーの年の頃に第2次世界大戦の最中に海軍に所属し、海軍が実験でほぼ黒人水兵ばかりを配属させたUSSメイソンに、自分も所属していたことを話し始めるのだった...

歴史や海軍に興味がないと、少し退屈に感じるかもしれない。けれど、少しでもそれらに興味がある人には、かなり泣けるストーリーだ。まず、名俳優のオシー・デイビスが静かに語り始める部分から、私は釘付けになった。でも、興味の無い人には退屈に聞こえたかもしれない。派手な演出もないが、事実にあったというそれだけで、私はなぜか釘付けになって見た。確かに若い俳優達の未熟さを感じる事はあったが、それでも彼らが外国で経験した部分になぜか一緒にドキドキした。そしてラスト、本物のロレンゾ・デュフォと仲間達の映像が流れ、ビル・クリントンの演説が始まった辺りで「これは作り物じゃない事実なんだ!」と、思わず前半のゆったりとしたシーンを思い出し、涙が出た。

船で経験する連帯感... そして、実際にあった尊敬すべき出来事... 興味が無いとあまりそれらを感じる事は出来ないかもしれないが、少しでも興味を持ってしまうと、オシー・デイビスの威厳ある言葉に思わず涙が出る。
(Reviewed >> 2/10/07:DVDにて観賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
有名デザイナーのトミー・ヒルフィガーの娘アリー・ヒルフィガーがプロデュース。トミー・ヒルフィガーも実際の映像で登場している。
実在したUSSメイソンのお話。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0393616/
http://en.wikipedia.org/wiki/Proud_%28film%29
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2007-02-12
>> HOME