1659
Cast >>Malachi Kirby (Kunta Kinte), Forest Whitaker (Fiddler), Laurence Fishburne (Alex Haley), Jonathan Rhys Meyers (Tom Lea), Anika Noni Rose (Kizzy Waller), Anna Paquin (Nancy Holt), T.I. (Cyrus), Chad L. Coleman (Mingo), Rege-Jean Page (Chicken George), Emayatzy Corinealdi (Belle), Matthew Goode (Dr. William Waller), Derek Luke (Silla Ba Dibba), G. Hannelius (Missy Waller), Carlacia Grant (Irene), Mekhi Phifer (Jerusalem) ...
Director >>Bruce Beresford, Thomas Carter, Phillip Noyce, Mario Van Peebles
Writer >>Lawrence Konner, Mark Rosenthal, Alison McDonald, Charles Murray and Alex Haley (Book : Roots: The Saga of an American Family)
Producer >>Mark Wolper, LeVar Burton, William Packer ...
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>05 / 30 / 2016
Release (JP) >>08 / 22 / 2016

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"This is I heard about Kunta Kinte"
1750年アフリカのジュフレ(現在のガンビア)に男の子が誕生した。その生まれたばかりの男の子は夜空に向かって掲げ上げられ父のオモロ(バブス・オルサンモクン)と母ビンタ(Nokuthula Ledwaba)は、クンタ・キンテと名付けた。立派な青年になり、マンディンガ族伝統の成人の儀式を済ませたクンタ(マラカイ・カービー)は、長年確執のあるコロの一家に囚われた。無理やり乗せられた船の中で過酷な経験をし、たどり着いた所はアメリカだった。クンタ・キンテとその子孫たちの壮絶な物語が始まった...

1977年、テレビで放映されると全米を席巻し、視聴率は脅威の51%という記録を持つあの『ルーツ』のリメイク。4夜連続で3局が同時放送。あの時のような熱烈なフィーバーぶりは残念ながら無かったが、中々のリメイクであった。オリジナルに忠実な部分、逆にオリジナリティある物語を足した部分、新人とベテラン俳優の上手さと無駄のなさ、クエストラブの熱のある音楽、映像の美しさ、どれも素晴らしい一流そのものでオリジナルに引けを取らない面白さだった。なぜに今?という声もあったが、それらは逆に今だからこそ出来た事でもあった。ちょっぴり過激な描写が増えているのは、今だから出来た事だ。しかし一方で、各回のムラがあったようにも思えた。それはオリジナルもそうだった。パート3の脚本が素晴らしく、クンタ・キンテにチキン・ジョージにトムを演じた若手も素晴らしくて楽しみが増えた。

素晴らしいリメイクと共に、また新しいスターたちが誕生した!『ルーツ』。あの時の伝説のように、今回も参加者たちはしっかりと大地に根付いて、また成長し逞しく元気に伸びていく事だろう。これからの楽しみも増えたのだ。
(Reviewed >> 5/30/16-6/2/16:TV放映にて鑑賞)

 100本映画
アメリカTV界の歴史に燦々と輝く金字塔TVミニシリーズ『Roots / ルーツ (1977) (TV)』(以降オリジナル)のリメイク版。その後の黒人映画の全てに影響を及ぼしたと書いてしまっても過言ではない程の現象を生み出したのがオリジナルだ。そのオリジナルを超える事が出来るのか?多分無理であろう。あの現象を超える事はもう2度と無理なのだ。今現在、メディアが多様化して以前のような視聴率を取る事が出来ないので、あの現象を生む土壌がテレビには無い。しかし、出来具合に関してはオリジナルを超える事は可能かもしれない。なぜなら技術は進歩しているのだから。それを楽しみに観た。やはり確実に技術は進歩している。あの『ルーツ』がこんなにも美しい映像で蘇るとは思ってもいなかった。夜のシーンは特に美しく、技術の進歩を感じずにはいられない。そして研究も進んでいる訳だから、衣装などが様変わりしているのも面白い。アフリカというとイメージする裸だけではないのだ。青が鮮やかな衣装に心が躍る。割と目をそむけたくなるような過激なシーンが増えたのも、今だから出来た事であろう。観客もそのようなシーンに慣れたのでオブラートに包む必要などないのだ。そしてオリジナルにも原作にもない物語を上手く取り込んで、オリジナルを観た人でも楽しめるのが良い。そしてオリジナルでの最高のシーンをもちろん残している。そのバランスが最高であった。バランスの点で書けば、新人俳優とベテラン俳優のバランスも良かった。情熱的なクンタ・キンテには新人、難しいフィドラー役にはオスカー俳優のフォレスト・ウィッテカー。またこの作品で多くの俳優が羽ばたいていく事を確信した。オリジナルの時のように。そして進んでいると言えば、オリジナルの6エピソード中、黒人監督はたったの1人であったが、今回は4回のうちの2回が黒人監督で、しかも黒人脚本家が書いているのが、進歩した。人々は確実に進歩している。そう確信した。

 トリビア
70年代のアメリカのお茶の間を席巻しエポックメーキングとなったあの『ルーツ』がリメイク!オリジナルのプロデュースを担当したデビット・L・ウォルパーの息子マーク・ウォルパーがプロデューサーとして参加。またオリジナルでクンタ・キンテを演じたレヴァー・バートンもプロデューサーとして参加している。クンタ・キンテ役にはイギリス出身の新人マラカイ・カービーが抜擢された。原作「ルーツ」の著者アレックス・ヘイリー役にはローレンス・フィッシュバーン、フィドラー役にはフォレスト・ウィッテカーなどのベテランがキャスティングされた。アメリカではヒストリー・チャンネルを中心にA&Eとライフタイム・チャンネルで同時放送された。4夜連続。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2016 映画秘宝 私が選んだベスト10 2016年度6位

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3315386/
https://en.wikipedia.org/wiki/Roots_(2016_miniseries)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=356301

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Book

Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2016-05-31
>> HOME