222
Cast >>Eden Duncan-Smith (Claudette 'CJ' Walker), Dante Crichlow (Sebastian J. Thomas), Brian "Stro" Bradley (Calvin Walker), Marsha Stephanie Blake (Phaedra Walker), Johnathan Nieves (Eduardo), Michael J. Fox (Mr. Lockhart), Myra Lucretia Taylor (Gloria Thomas), Wavyy Jonez (Dennis Owens), Carlos Arce Jr. (Carlito) ...
Director >>Stefon Bristol
Writer >>Stefon Bristol, Fredrica Bailey
Producer >>Spike Lee
Genre >>Adventure
Country >>USA
Release (US) >>05 / 17 / 2019

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
"I'll see you yesterday."
(Reviewed >> 5/27/19:VODにて鑑賞)

 100本映画
描かなくてもハッキリと見える物『シー・ユー・イエスタディ』

前にも書きましたが、「これ観て欲しいんです!」と言われると嬉しい。信用されているみたいで。Twitterのフォロワーさんに「是非見てください!」と言われて見ました!ありがとうございました。『黒いジャガー』シリーズに溺れていたので、ちょっとだけ時間取ってしまって申し訳ないです。でもその後すぐに見ましたよ。ツイッターに書こうかと思いましたが、敢えて書きませんでした。薦めて頂いて、本当に良かったです!なので、これからも沢山のリクエストお待ちしております。そしてこの作品の監督は、長編映画デビュー作となるステフォン・ブリストル。キング牧師やスパイク・リーが卒業した名門モアハウス大学を卒業。通っている時にスパイクがやってきて、その時に懇願してスパイクのインターンとなった。そのスパイク先生がまたもや生徒のお手伝いでプロデュースした作品です!

C.J.(エデン・ダンカン=スミス)は、高校生ながらタイムマシーンの実験をしていた。親友のセバスチャン(ダンテ・クリッチロウ)が助手。しかし上手くいかず、学校で科学の先生(マイケル・J・フォックス)にアドバイスを求めた。帰る途中、コンビニで元彼ジャレッド(レイショーン・リチャードソン)とイザコザになったC.J.。近くに居た兄カルヴィン(ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー)が助けてくれたが、ジャレッドとカルヴィンにしこりが残った。そして、その夜、ニュースでは誰かが警官に殺されたニュースが流れていた。ようやくC.J.のタイムマシーンのテストが成功した。ジャレッドと揉めた時に戻っていた。C.J.は、ジャレッドに飲み物を投げつけた。その結果、ジャレッドは交通事故に遭ってしまい、そして兄が... C.J,とセバスチャンは過去を変える為、またタイムマシーンで戻るが、今度は...

見た後の余韻が半端なかった。恐らく、きっちりとした結末を見せていないからだ。その演出ゆえ、評価も分かれているらしい。が、私はこのラストが凄く好きだ。C.J.はタイムマシーンが作れてしまうほど頭脳明晰。でも、負けん気が強いのも事実だし、お転婆な所もあるし、何よりまだ高校生の子供だ。あのマイケル・J・フォックスが出ているのも上手い。私も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見て興奮した世代である。ハッピーエンドで終わっておとぎ話のようでワクワクした。でも、過去を書き直す…そんなことはしちゃいけないのだ。同じタイムトラベルでも、『バック・トゥ』がおとぎ話ならば、こちらは非現実的ながら現実的。無実の人々が警官の偏見により銃で亡くなる。あってはならない事が起きてしまう。彼らの日常と化してしまっている。過去はどうしたって変わらない。いずれ悲劇は起きる。そんなことをまだ高校生のC.J.も理解しつつある。とは言え、『バック・トゥ』のような話を信じたい人たちもいる筈。研究って、「無い」って断言してしまったらそこで終わってしまう。あるかもしれない可能性はどこか残しておいて欲しい。だからこそ、人によって何通りもの解釈が出来るあのラストがこの映画にとって最適だと感じた。

C.J.の性格から、彼女は何度でも過去に戻るだろうと私は解釈した。自分がその悲劇の犠牲になっても、彼女はまたあの路地を走り続けるだろう... タイムマシーンを作った者が背負う十字架みたいなものと共に。こんなに切なくなるタイムトラベル映画を私は知らない。そして、いつか無実の人々が警官に殺されるということが無くなることが、C.J.にとって唯一救われる時である。ラストをどう解釈してもそのメッセージは変わらない。

 トリビア
スパイク・リーの母国モアハウス大学に通っていた時に、スパイクに出会い、そしてインターンの座を獲得。その後に、スパイクが教鞭に立つNYU大学院の映画学科にも通う。スパイク作品で下積みを経験し、スパイクのプロデュースにより本作にて長編デビューしたステフォン・ブリストル作品。Netflixにて配信。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
https://www.imdb.com/title/tt8743064/
https://en.wikipedia.org/wiki/See_You_Yesterday
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=368404

 関連商品
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available

ネットフリックス
ネットフリックス USネットフリックス JP

Last Modified: 2019-05-27
>> HOME