393
Cast >>Richard Roundtree (John Shaft I), Samuel L. Jackson (John Shaft II), Jessie T. Usher (John "J.J." Shaft Jr.), Regina Hall (Maya), Alexandra Shipp (Sasha), Method Man (Freddie P), Isaach De Bankole (Gordito) ...
Director >>Tim Story
Writer >>Kenya Barris, Alex Barnow, Ernest Tidyman (novel by)
Producer >>Kenya Barris, John Davis
Genre >>Action
Country >>USA
Release (US) >>06 / 14 / 2019

 総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
"In the name of John Shaft"
(Reviewed >> 6/15/19:劇場にて鑑賞)

 100本映画
今なぜまた『シャフト』なのか?をじっくり考える

この映画が公開前に、私は『Shaft / 黒いジャガー (1971)』から順にTVシリーズ『Shaft / 黒いジャガー (1973-1974)』まで含めて時間を掛けてじっくりと再見した。新しい『シャフト』の前に、それをやったことは実に有意義だった。色々な事がクリアに見えたから。まず、この2019年版『シャフト』制作ニュースを聞いて、「なぜ今に?」と思った。確かに、『SuperFly / 日本未公開 (2018)』もリメイクされたりして、ブラックスプロイテーション映画の波は再び来ているのかもしれない。でもリメイク/リブート制作されると言われていた『Foxy Brown / フォクシー・ブラウン (1974)』や『Get Christie Love! / 女刑事クリスティー (1974-1975)』などは続報なくて、恐らく暗礁したんじゃないかと思う。第一、正真正銘のヒーロー『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』があんなに成功したんだから、もうブラックスプロイテーションはいいじゃないか...と、私は思っていた。だからこそ、ジョン・シャフトとは何者で、どうして生まれ、どう愛されたのか... じっくりと再見して理解しようとした。それが分かれば、今なぜシャフトなのか、分かる気がした。

1989年、ジョン・シャフト(サミュエル・L・ジャクソン)はマヤ(レジーナ・ホール)と激しい口論を繰り返していた。車外の異変にシャフトが気付くと、シャフトの車目がけて夥しい数の銃弾が撃ち込まれた。シャフトは反撃して、彼らをやっつけた。車の後部座席には赤ちゃんが乗っていた。その後、マヤは赤ちゃんと共にシャフトの元を離れた。そして時は流れ、現在。NYのFBIにて働くJJ(ジェシー・アッシャー)。FBIで働いてはいるが、エージェントではなく、データアナリスト。捜査を受け持ちたいが、まだ新人で受け持たせてもらえない。JJは、どことなく頼りなく、銃も嫌いだ。久々に学生時代の友人カリーム(アヴァン・ジョーギア)とサーシャ(アレクサンドリア・シップ)と会ったが、カリームはどこか変だった。そしてカリームは... 異変に気付いていたJJは、「ジョン・シャフト探偵事務所」に向かった。

オブラートに包んで書くのは良くないので、率直に書こう。見た後は正直、複雑な感情が渦巻いた。英語ではこんな感じの映画を「Mixed bag」なんていう良い方をする。良い感情と悪い感情が混ざった状態。まさに、それだ。正直、普通に面白かった。今ぽい面白い軽快な会話や音楽と共に心地よいテンポで進んでいくエンタテイメント性優れたアクション映画。実際に、劇場内も大きな笑いに包まれることが多かった。私も思わず笑った場面もある。でもこれが『シャフト』なのかと訊かれたら、私は目を逸らしてしまうだろう。ジョン・シングルトン監督の2000年版『Shaft / シャフト (2000)』はれっきとしたジョン・シャフトだった。いや、ジョン・シャフトII映画だった。オリジナルを越えられないと分かっていたからこそ、敢えてジョン・シャフトII映画を作り、そして時代を紡いだ名作だった。2000年に『シャフト』を作るならば、あれが一番最適で正解だったのだ。2000年版ジョン・シャフトは、サミュエル・L・ジャクソンの個性を大事にしながらも、どこかオリジナルのジョン・シャフトに寄せた美学と哲学が見えた。冒頭で悪党(クリスチャン・ベール)を2発殴ったシーンでそれを感じた。でも、2019年版ジョン・シャフトIIは、悪いブラックスプロイテーション映画のヒーローそのものだった。腕力の強さだけがパワーの象徴で、言葉遣いも以前よりも悪く威張っていて大袈裟だ。それが、JJという新しい世代を際立たせるためだったとしても、どこか違和感を感じた。2000年版と2019年版はキャラ変していると言っても過言ではないだろう。そして、2000年版で私が書いた良い部分が、見事に... 2000年版の私のレビューを読んで2019年版を見て頂ければ、なぜに私がこのような感情になっているのか容易に分かって貰える事と思う。これが『シャフト』というタイトルを使用しない、新作アクションコメディ映画だったら、ティム・ストーリー監督の『Ride Along / ライド・アロング ~相棒見習い~ (2014)』系の映画だと思って、そこそこ面白いと私は褒めていたことだろう。

最近としては珍しく、久々にニューヨークのハーレムが舞台になっている。セリフでも「110番通り」が出てきたり、ハーレムで長いこと歴史を見つめてきた「アムステルダム・ニュース」の事務所の上にジョン・シャフト探偵事務所を構え、愛読していたりするが、そんなにハーレムの個性を感じなかった。如何にも部外者が一生懸命ハーレムを詰め込みましたという感じを受けた。『黒いジャガー』では、そこまでハーレムらしさを意識して作られていないけれど、それでも若者たちや風景やロケーションに生々しいハーレムの息づかいを感じた。

それでも確かにJJという役に今を感じた。ジョン・シャフトIIは馬鹿にしていたけれど、JJのスマートで脅威を感じさせない気を使った服装とか、頭でちゃんと行動するタイプとかに今の若い世代をとても感じる。恋愛にも奥手で慎重なタイプ。でも実は...っていう所が余計に今の20代ぽい。でも、それだけでは2000年版のように時代の変化を描いているようには思えなかった。ジョン・シャフトIIをキャラ変してまで「家族愛」を安易に描き、そして笑いを取りつつ、結局は昔の「シャフト」と価値観の方が良いと見せられているようだった。そこまでして描きたい今の『シャフト』がこれなのか?20年後、これが2019年だったのだと思えるのか... 私は未だ複雑な感情が拭い去れないでいる。

 トリビア
ブラックスプロイテーション・ブームを作り出し牽引した『黒いジャガー』(1971)が、『シャフト』(2000)に続いて再リブート!3世代のジョン・シャフトが揃う!監督は、『バーバーショップ』のティム・ストーリー。脚本・制作にはTVシリーズ『Black-ish』のケニア・バリス。
アメリカでは2019/6/14から劇場公開。アメリカ以外(日本を含む)は、アメリカ公開から2週間後にNetflixにて配信開始予定。

 その他
*『Shaft / 黒いジャガー (1971)』(オリジナル)
*『Shaft's Big Score! / 黒いジャガー/シャフト旋風 (1972)』(オリジナル版の2作目)
*『Shaft in Africa / 黒いジャガー/アフリカ作戦 (1973)』(オリジナル版の3作目)
*『Shaft / 黒いジャガー (1973-1974)』(オリジナル版のTVシリーズ)
*『Shaft / シャフト (2000)』(サミュエル・L・ジャクソンによるリブート)

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
https://www.imdb.com/title/tt4463894/
https://en.wikipedia.org/wiki/Shaft_(2019_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=368674

 関連商品
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2019-01-27
>> HOME