1381
Cast >>Joe Louis (Joe Thomas), Clarence Muse (Frankie Walburn), Edna Mae Harris (Mary Bowdin), Mae Turner (Flora Bailey;singer), Cleo Desmond (Nora Thomas;Joe's mother), Mantan Moreland (Creighton 'Crickie' Fitzgibbons) ...
Director >>Harry L. Fraser
Writer >>Arthur Hoerl
Producer >>Lew Golder
Genre >>Biography
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
Sprit of Joe Louis
ジョー・トーマス(ジョー・ルイス)は、アラバマ州の片田舎で生まれ育った。お父さん(ジェス・リー・ブルックス)の誕生日、家族は準備していたが、なんとお父さんが事故に遭い、それから車椅子生活となってしまう。年頃となったジョーは医者の娘メアリー(エドナ・メエ・ハリス)と良い関係を育んでいたが、家計を助ける為にミシガンに一人移動する。皿洗いの仕事でクリッキー(マンタン・モアランド)と出会う。クリッキーは偶然ジョーのボクシングの才能を見て、プロモーターである知り合いのフランキー(クラレンス・ミューズ)に紹介する。ジョーのボクシングの才能は瞬く間に開花する。しかしそのジョーに群がろうとする人々が出てきて...

完全なるジョー・ルイスの自伝映画という訳ではないけれど、アラバマ州出身という事とミシガンに移動したという事、そしてボクシングをしていたということは事実であるジョー・ルイス本人が演じた映画。そんなジョー・ルイスの映画を支えたのが、当時の豪華な黒人キャストである。とまあそれが既にジョー・ルイスの当時の人気を証明しているであろう。しかしこの映画、あの世紀の対戦と謳われたマックス・シュメリングとの2回目の対戦前の作品なのだ。世界ヘビー級王座となった後に急いで作られた作品であろう。しかし映画倫理が厳しかった当時なので、「黒人が白人に勝った」という点は強調されずに作られている。が、事実ではあったので勝つシーンはある。

ジョー・ルイスの物語だが、なぜか歌あり踊りありと、当時の慣習そのままをジョー・ルイスの物語に組み込ませた作品。ジョー・ルイスの人気が証明されている作品なのだ。
(Reviewed >> 8/10/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
人気があり過ぎでご本人登場〜〜〜パターンの映画です。人気が当時あり過ぎたのが、ジョー・ルイス。そうだね、褐色の爆撃機と言われた伝説のボクサーだね。ルイスとマックス・シュメリングの2回目の1938年戦い(1回目はルイスが負けている)は、アメリカvsドイツの擬似戦争としてアメリカ中が沸いた。39年から第2次世界大戦が始まるので、その前哨戦でもあったのだ。という当時の様子は色んな映画でも垣間見られるよね。この試合じゃないけれど、『Malcolm X / マルコムX (1992)』では、マルコムがラジオでジョー・ルイスの試合を聞いているよね。大体そんな感じで凄い人たちがラジオでジョー・ルイスの試合聴いているという感じで映画では描写されている事が多いのが、ジョー・ルイスの人気伝説。

そんなジョー・ルイスの半自伝的な映画に本人が登場して演じてしまっているのです。同じ状況はモハメド・アリの『The Greatest / アリ/ザ・グレーテスト (1977)』やジャッキー・ロビンソンの『The Jackie Robinson Story / ジャッキー・ロビンソン物語 (1950)』、そしてコメディアンのリチャード・プライヤーの『Jo Jo Dancer, Your Life Is Calling / ジョ・ジョ・ダンサー (1986)』等で起きた。まあ4人共に誰もが知る名前。スポーツ選手がそのパターンが多いみたい。今でもありますものね。でも今は自伝映画は中々ない。マイケル・ジョーダンの『Space Jam / スペース・ジャム (1996)』は本人役だけど、違うパターンだし。昔は、偉大な事を成し遂げた人々の歴史を知りたかったんでしょうね。今は別にそうじゃないみたい。

とは言え、この作品はジョー・ルイスの半生を正確に描いた作品!という訳じゃない。軽〜〜く取り上げている。アラバマで生まれ育ち、ミシガンに移動したというのは事実。だけどこの映画で描かれたように、父が事故で車椅子生活になり、一人でミシガンに移動というのは違う。でもミシガンでボクシングに目覚めたのは本当。

この映画ではジョー・ルイス以外も黒人のオールスターが勢ぞろい。クラレンス・ミューズは、今で言うと誰だろう??この30年代当時から自分の作品で黒人の描かれ方をコントロールしていた凄い俳優。今だと誰だ?今だと浮かばないけれど、公民権運動時のハリー・ベラフォンテとかオシー・デイビス等が浮かぶね。それに喜劇俳優として活躍していたマンタン・モアランド。そして女優のエドナ・メエ・ハリス。この顔ぶれは今で例えるならウィル・スミスとエディ・マーフィとハリ・ベリーちゃんが勢ぞろいしたと言っても過言じゃないのよ。プラスしてマイケル・ジョーダンが共演しちゃっているんだから!!凄いんだから!まあ、もしマイケルが映画作るって言ったら、ウィルもエディもハリも参加するかもね?という位、ジョー・ルイスは凄かった!という状況がよーく分かる映画でした。

それにしても、この映画でもクラレンス・ミューズが凄い!ミューズは物語のスーパーバイザーを務めた。この時代、それがどんなに難しい事だったか... ジョー・ルイスにクラレンス・ミューズ、本当に凄いぞ!!!

 トリビア
伝説的ボクサーのジョー・ルイス自ら出演している映画。役名はジョー・トーマスだが、ジョー・ルイスの半自伝的なストーリー。コメディアンのマンタン・モアランドやクラレンス・ミューズ、人気女優のエドナ・メエ・ハリスが出演。クラレンス・ミューズは映画のスーパーバイザーも務めている。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "No More Sleepy Time" - The Creole Chorus
2. "Blue, What For?" - Mae Turner and The Creole Chorus
3. "Magic Lover" - Mae Turner and The Creole Chorus
4. "Spirit of Youth" - The Big Apple Dancers
5. "Little Things You Do" - Clarence Muse

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0030781/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2008-08-23
>> HOME