6171
Cast >>Columbus Short (DJ), Brian J. White (Sylvester), Ne-Yo (Rich Brown), Harry J. Lennix (Uncle Nate), Meagan Good (April), Darrin DeWitt Henson (Grant), Jermaine Williams (Noel), Chris Brown (Duron), Lil C. (Brother Bucc) ....
Director >>Sylvain White
Writer >>Robert Adetuyi, Gregory Ramon Anderson
Producer >>Rob Hardy, William Packer ...
Genre >>Musical
Country >>USA
Release (US) >>01 / 12 / 2007
Release (JP) >>09 / 15 / 2007

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>3 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
Steppin' to the new own place
DJ(コロンバス・ショート)とD(クリス・ブラウン)は、LAでダンスで賞金稼ぎをしている兄弟だった。ある戦いの場で負けた相手が、その腹いせに喧嘩になりDが銃で倒れた。Dを抱きかかえたままのDJは、その場に残った為に逮捕された。それによりDJはアトランタの伯父の家に行き大学に通う事となった。そこで、DJは初めてFraternity(兄弟社交クラブ)のステップを見て...

正直最初の10分間に対してだけは、納得がいかない。DJとDがクランプを取り入れたダンスバトルの後に喧嘩になる。「Breakin' vs. Krumpin'」というドキュメンタリーを見れば、クランプのダンサー達はあくまでも会場でダンスだけで勝負をする。ちから任せに暴力で解決する事はない。それは「Rize」でもあったように、暴力から逃れる為に始めたのが、「クランプ」というダンスだからだ。しかもその「Rize」に出演していたダンサーが出ているのを見ると尚更残念に思う。
DJがアトランタに到着してからは、どんどん面白くなる。正直見る前までは在り来たりの青春映画とも思っていた。所が、「ドラムライン」程の見ごたえある作品になっていた。DJが兄弟のDを失った後にダンスや人生の失望を抱えて、新しい居場所を見つけるまでの物語が、上手く「大学」という舞台にマッチしている。アメリカの大学には伝統的にFraternityが存在し、今までにもスパイク・リーの「School Daze」などでもその存在や中身が紹介されてきた。今までよりも一層「兄弟愛・規律・協調」と言ったFraternityの良さが出ていた、さらにDJが一番必要としていたのもその「兄弟愛・規律・協調」だっただけに内容にピッタリとくる。またDJは、大学に通う事で自信を取り戻す。しかも今ぽい青年が大学生活で少し大人になり変わるが、自分の信念を大人(システム)に向かって通すのには共感を覚える。
台詞や設定もいい。なぜか線路が多いLAの街で、兄弟が線路を見ながらこう言う。「この線路どこまで繋がってるのかな?」「日本だよ」。日本はLAに住む彼等にとって良く見かける人達で知ってはいるものの、遥か遠い国なんだろうなーと思った。
カメラも彼等がステップを刻むと、そのリズムで軽く揺れているのもいい。細かい部分では「ドラマライン」よりも細かく丁寧に作っているように思える。ただ、ダンスにこだわったせいか、演技は今ひとつだったのが残念だが、俳優達それぞれの魅力でそれを補っているようには思えた。

辻褄合わせの為の設定にやや残念な感じは受けるが、それでもラストは読めるが見ごたえあるし、上手い内容だった。大人への成長ストーリー、上手く新しさと伝統を取り入れた、誰の心にも踏み込んで(Step)くる作品。
(Reviewed >> 5/16/07:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア & etc...
ロサンジェルス出身のDJが、アトランタの大学に進学してからの青春ダンスストーリー。シンガーのNe-Yoとクリス・ブラウンが出演しているのも話題。主演は、「ユー・ガット・サーブド」にダンサーとして出演していたコロンバス・ショート。「ロール・バウンス」のミーガン・グッドや「モー・マネー」のハリー・J・レニックス、テレビシリーズ「Soulfood」のダリン・ヘンソンや「Rize」のクランプダンサーであるLil C、Tight EyezにMiss Prissy等も出演している。

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Go Hard Or Go Home - E-40
2. Vans - The Pack
3. Poppin' - Chris Brown
4. Sign Me Up - Ne-Yo
5. The Champ - Ghostface Killah
6. Walk It Out - Unk
7. Pop, Lock & Drop It - Huey
8. The Deepest Hood - Al Kapone A.K.A. Kapeezy
9. Come On - Bonecrusher
10. Supermixx's Black In the Building - Public Enemy
11. Storm - Cut Chemist
12. In the Music - The Roots
13. Ain't Nothing Wrong With That - Robert Randolph & The Family Band
14. Bounce Wit Me - R.E.D. 44

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://imdb.com/title/tt0775539/
http://en.wikipedia.org/wiki/Stomp_the_Yard
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=328120

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack

Not Available
Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2006-11-18
>> HOME