1055
Cast >>Demon, Se3, Spank, Dez, Skeme, Ces 157, Min 1 (NE), Iz the Wiz, Quik, Sach, Dondi, Seen, Case/Kase 2, Dust, Zephyr, Revolt, BTS crew, Wasp 1, Caos97, Noc, Kase, D-5, Trap, Butch, Zone, Kid 167, Cap, Shy 147, Lil' Seen, Aser1, Mare, Daze, Crash, Paze, Cey, Futura, Fred, Duro, Crazy Legs, Frosty Freeze ...
Director >>Henry Chalfant, Tony Silver
Writer >>
Producer >>Tony Silver, Henry Chalfant
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"Let's make this party the real Cold Crush"
『ワイルド・スタイル』と共にヒップホップ草創期が描かれたドキュメンタリー。

1982年のニューヨークシティ。その眠らない街で暗闇にキーキーと音を立ててゆっくり走る電車。たまに街の光に当たると、その車体にはカラフルな色で書かれた「グラフィティ」が見える。1車体ごと、それぞれの思いが込められているようだ。しかしその楽しげな色の上に無造作に塗りつぶされたグラフィティもある。「ボミング」と言われるものだ。そして市長は語る。「コントロールを失った世界のシンボルであり、単なる落書き。公共の物に書くなんてたんなる落書きさ」と。グラフィティアーティストと呼ばれる人たちは、誰からもお金を支払われて書く訳じゃない。自分たちの意志で、自分たちの存在感を残すために電車に書いていく。市長などの人々、そしてボミングする人たちと戦いながら。

1970年代にラップやブレイクダンスにグラフィティが誕生し、彼等はヒップホップという名前の下で活躍し、世界を巻き込む現象を作り出してきた。そんな彼等の秘めた思いや戦いの瞬間を瑞々しくとらえたヒップホップを語る上で決して外せない最高傑作の1作。
(Reviewed >> Unknown:ビデオにて鑑賞、8/9/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
なんとなくタイミングを逃して書いておらず、なので見直して書いてみる企画。昔に日本版のビデオが発売された時に、サンプルビデオで見た(そういうのが貰える仕事していたので)。

というか、もう説明不要でしょ!という位、ヒップホップ映画のマスト作品。これと『Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)』無しにはヒップホップは語れない!!という位に重要。『ワイルド・スタイル』は半ドラマ半ドキュメンタリーの面白い作品で、こちらの『スタイル・ウォーズ』はドキュメンタリー。共通しているのが、2作品共にヒップホップの中でもグラフィティに重きを置いている所。グラフィティはアートの形として描きやすかったんだろうね。

この映画でも色んな物を対決させている。当時のNY市長エド・コッチvsグラフィティアーティスト、ブラフィティアーティストvsボミングするグラフィティアーティスト、グラフィティアーティストvsNY市民、息子vsママ、ロック・ステディ・クルーvs別のダンスチーム...などなど。まあ何かと対決するというのがヒップホップでもある。だからラップでもいつも誰かが対決している。だからタイトルは「ウォーズ」。

グラフィティは自分の存在を表す機会となった。ラップは自分たちの意見を示す機会となった。ブレイクダンスは自分たちの極限を見せる機会となった。いずれにしても、ヒップホップは「自分たち」なのだ。若者はいつだって自分たちを表現しようと必死なのだ。

『スタイル・ウォーズ』も『ワイルド・スタイル』もどちらも当時のヒップホップの世界が瞬間冷凍されたような作品で、いつ見ても鮮度そのままに私の前に当時のヒップホップ界が瞬時に甦る。リアルタイムでその時を経験できなかった若者たちに、あの頃を体験させてくれる作品なのだ。だから今でも何度も見てしまう。あの当時を経験したくて。だからこそ、この2つの作品はマストとなったのだ。

 トリビア
初期のヒップホップドキュメンタリー映画「ワイルド・スタイル」と対で語られる作品。こちらは主にグラフィティアーティストについてのドキュメンタリー。アメリカの公共チャンネルPBSにて製作された。

 その他

 受賞歴
* Sundance Film Festival
1984 Won Grand Jury Prize Documentary

* Chicago International Film Festival
1984 Nominated Best Documentary

 サウンドトラック
1. "8th Wonder" by The Sugarhill Gang
2. "The Message" by Grandmaster Flash
3. "Beat Bop" by Rammellzee and K.Rob
4. "Pump Me Up" by Trouble Funk
5. "Rockin' It" by Fearless Four
6. "Jam Hot" by Johnny Dynell

Soundtracks not available

 関連記事
* 映画秘宝 2014年 10月号 HIP HOPムービーベスト20にて&ヒップホップ映画の歴史

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0177262/
http://en.wikipedia.org/wiki/Style_Wars
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=403916

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

Last Modified: 2010-03-22
>> HOME