2634
Cast >>Kevin Durant (himself), Taylor Gray (Brian), Brandon T. Jackson (Alan), Doc Shaw (Mitch), Jim Belushi (Coach Amross), Tristin Mays (Isabelle), Candace Parker (herself), Robert Belushi (Assistant Coach Dan) ...
Director >>John Whitesell
Writer >>Eric Champnella, Jeff Farley
Producer >>Mike Karz
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
KD's Mix
ブライアン(テイラー・グレイ)は、バスケットボールが大好きで、中でも地元オクラホマのサンダーに所属するスター選手ケビン・デュラントの大ファンで、彼を真似しようとしていたが、全く才能はなかった。転校していたイザベラに話しかけたかったが、自分がバスケで大失敗したビデオを流され、話しかけられなかった。そんなブライアンを励まそうとお父さんは、サンダーの試合に連れて行く。ハーフタイムでハーフコートからのシュートを決めると20000ドルが貰える事になっていたが、見事に失敗。しかもチームマスコットのランブル・ザ・バイソンにボールを当ててしまった。それを見ていたケビン・デュラントは気の毒に思い、外したボールにサインをしてブライアンに渡した。その時、静電気的なものを感じ...なんとブライアンとケビンの才能が入れ替わっていたのだった!

この手の入れ替わり映画は昔からある。日本だと「転校生」が有名。入れ替わらないけど、突如と凄い才能を手に入れ、人気者になるというプロットは、「ティーン・ウルフ」に似ている。またバスケットの人気者の才能を借りるというのも「Like Mike / ロスト・キッズ (2002)」と似ている。この映画はそういう昔からあるプロットを借りた作品。そういう作品は大抵オリジナルを超えてなくて、外している場合が多い。でもこれはそこまで外していない。まずケビン・デュラントのキャラクターが生かされている。この映画でもとことん良い人。その人の良さが災いしたけれど、最後はやっぱりその人の良さが幸いしている。コスプレまでして登場してくるデュラントの母親もいいキャラクター。お母さんも含め、彼の魅力である。そして、そんなデュラントの本音も出てくる。そこに、しゃべりが魅力なジム・ベルーシが実の息子と絡んでくるのも良い。彼等はいいコミックリリーフ。子供向けになりがちなストーリーを、彼等は大人でも楽しめるようにしてくれている。

私がオクラホマシティ・サンダーのファンだから、点数はちょっと甘いかもしれない。いや、ファンだから楽しめたのも事実。台詞でパーキンスが出てきて笑える自信のある人に勧める!逆にパーキンスを知らない人は見ないで!
(Reviewed >> 11/25/13:DVDにて鑑賞)

 100本映画
私が大好きなNBAのオクラホマシティ・サンダーに所属するケビン・デュラント(以下KD)が主演の作品です。KDはKD本人として出演。まあ所謂マイケル・ジョーダンの「スペース・ジャム」(懐かしい!)的な?作品。でもマイケル・J・フォックスの「ティーン・ウルフ」(これまた懐かしい!)的でもあり、「Like Mike / ロスト・キッズ (2002)」(これはそんなに懐かしくない)的でもある作品。でも「Blue Chips / ハード・チェック (1994)」的ではありません。でもバスケットボールが全面に出ている作品。

オクラホマの高校に通っているのが冴えないブライアン。地元チームのスター選手KDが大好きで、彼の真似をしてバスケをやるけど、全然ダメ。超下手。超美人の女生徒イザベルが転校してきたけど、中々話せない。しかも、自分が失敗した所をビデオに撮られていて、それを彼女の前で見られてしまい、沈没。落ち込んでいたブライアンを励ます為に、父親はサンダーの試合に連れていく。運よく...というか、本当はお父さんが当てたハーフタイムショーの時にショットが決まれば大金を手に出来るというチャンスがブライアンに巡ってくる。しかし、そのショットをチームのマスコットであるランブル・ザ・バイソンに当ててしまう!それを見ていたKDが気の毒だと、ボールにサインしてブライアンに渡すが、そのときに衝撃が走って、二人の才能が入れ替わってしまう!

と、映画では昔からよくある感じのストーリー。でも割と面白かったー。「スペース・ジャム」がビル・マーレイなら、こちらはジム・ベルーシ!!しかも実の息子も出演。2人はコーチとアシスタント・コーチ。2人で漫才ぽい事してます。白人の人たちは「勝利への旅立ち」が好きなんだ!って思いました。ジム・ベルーシはナンセンスを語らせたら最高!さすがにファンの私もKDの演技は褒めないよ。でもKDの真面目で人の良いキャラクターが生かされていたのが、とても嬉しい!やっぱりKDはああじゃなくっちゃ!ボヤキながらもやっていくのが面白い。けれど割と本音を語っていたりする。試合中は彼よりもデカい人が多いので気にならないけど、やっぱり私生活は大きいんだなーと、当たり前的な事を思う。しかもKDは頭を下に下げている事が多い。相棒的なエージェントを演じたブランドン・T・ジャクソンがそんなに大きくないから余計に目立つ。高校に行ったシーンを見ると、何か哀愁のモンスターって感じ。

この映画のように主人公が白人の男の子(または女の子)で、それを助けるのが黒人だったりするパターンは、黒人側から見ると鼻につくパターンばかり。でもこの映画はそれをあんまり感じさせないね。黒人が助けてやった感が抑えられている。まあ主人公も努力してない訳じゃないから...という理由かな。KDの元々のキャラもあるかもしれない。主人公の親友も黒人の男の子。この子も良かったね。

KDも良かったけど、KDのママが最高!KDはママ&お婆ちゃん子でも知られているけど、あんな事をママがやって怒らないのも偉い!私があれやったら、うちの子に半年位は無視されそう〜w。あのシーン、笑ったわー。KDのファンはあのシーンだけでも見るべき!

バスケのシーンはリアリティを求めたらしいが、さすがに主人公の男の子のダンクシーンは酷い。コメディぽい出来。KDのシーンとか、他のロングシュートとかは良いけど、あのダンクだけは茶番。あれが無かったら、もっと良かったかも。

NBA選手が出演の映画にありがちな、NBA選手がわんさか出ている作品。こちらは現役は、WNBAのキャンディス・パーカーだけだけど、引退して解説者として活躍中のチャールズ・バークリー、シャキール・オニール、ケニー・スミス、レジー・ミラー、スティーブ・カーが出演。なんだかんだと、NBA組みは仲良いねー!結束固い。それとも単なる目立ちたがり??前者にしておきますか。

それにしても金曜日のOKCサンダーの残り時間9秒からの逆転は凄かったよねー。シビれたー!あれがあるからNBAはたまらんのですよ!!

 トリビア
NBAスターのケビン・デュラントが出演の作品。ジム・ベルーシとその息子も出演。「パーシー・ジャクソン」シリーズに出演のブランドン・T・ジャクソンがデュラントのエージェント役。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事
* 映画秘宝 2014年 5月号 まだ観ぬ最高に面白い洋画BEST50!!

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2041488/
http://en.wikipedia.org/wiki/Thunderstruck_(2012_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=346927

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-11-26
>> HOME