>> キムラー族

キムタク系
ロンゲにしているキムラー族達

Savion Glover
Filmography >> "Tap", "Bamboozled"...

「Tap」の頃は、普通のかわいい少年カットだったが、最近ではすっかりキムラーになっている。 タップ界では、初のキムラーかもしれない。「Bamboozled」では、演技が出来る事を証明してくれた。演技が出来て、雰囲気のある、 タップ界のニューウエイブが、このキムラー君だ。

Tim Meadows
Filmography >> "Saturday Night Live", "The Ladies Man"...

「SNL」を10年も勤めた優等生キムラー。「The Ladies Man」では、見事に主役になったキムラーで、 「The Ladies Man」では、でっかいアフロになってしまったが、普段はドレッドスタイル。<

Harold Perrineau Jr.
Filmography >> "The Best Man", "Smoke"...

男前が多いキムラーの中でも、一番の男前キムラ〜だ。「Smoke」では、 キムラーではなくてかわいらしい少年だったのに、最近はすっかりキムラーに定着している。「Romeo + Juliet」や 「Smoke」等の、所謂ブラックムービーとは違った映画で活躍しているのも、興味深い所。

Gleen Plummer
Filmography >> "South Central", "Speed 2"...

90年代にブラックムービーと言われる物が流行りだした頃から、活躍している俳優だ。 最初の頃はやはりキムラ〜ではなかったが、「スピード2」とかではキムラ〜だった。 あの頭で最初の頃の「ER」では受け付けをしていた。

Malcolm-Jamal Waner
Filmography >>"Drop Zone", "The Cosby Show (TV)"...

有名な「コスビーショウ」で長男のセオ君を演じていたマルコム=ジャマールは、 やはり最初の頃はキムラーではなかったが、最近はすっかりキムラーとなっている。

Denzel Washington
Filmography >> "タイタンズを忘れない", "He Got Game"...

デンゼルの場合は、役柄に合わせて変えている。「He Got Game」や「タイタンズを忘れない」等では、 その映画の時代に合わせ、小さいアフロにしてキムラーの仲間入りを果たした。彼が一番、遊び心を持ったキムラーである。 しかし、キムラーにした時の映画では、ヒットに恵まれない悲しいジンクスがあるかもしれない。オスカーに一番近いキムラー。

Jeffery Wright
Filmography >> "シャフト", "バスキア"...

「バスキア」で、このようなアートなキムラーになったジェフリー・ライト。 キムラーファンの心を鷲掴みにしたかと思ったら、その他の映画ではアートなキムラーが見れず。今や、賞荒らしキムラーだ。


>> 重鎮
George Clinton
Filmography >> "House Party", "The Graffitti Bridge"...

卑怯だと言われようが構わない!ちゃんと映画にだって出ているし....  元は理髪業もしていた、キムラー歴が長いお方。キムラー界では、伝説的存在であり、完璧な色使いを見事にやって見せている。 本家キムタクですら真似できないかっこよさがある。


Last modified 12/15/01

>> Home