2677
Cast >>Roger Moore (James Bond-007 / James Bond), Yaphet Kotto (Kananga / Mr. Big), Jane Seymour (Solitaire), Julius Harris (Tee Hee), Geoffrey Holder (Baron Samedi), Gloria Hendry (Rosie), Lois Maxwell (Moneypenny) ...
Director >>Guy Hamilton
Writer >>Ian Fleming (novel), Tom Mankiewicz
Producer >>Harry Saltzman, Albert R. Broccoli
Genre >>Action
Country >>UK

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
Pimpmobile?? Really??
MI6のエージェントが立て続けに3人も殺された。彼等はカリビアンの小さな島サン・モニークを捜査中で、ドクター・カナンガ(ヤフェット・コットー)の行動に注意していた。要請を受けたジェームス・ボンド(ロジャー・ムーア)はアメリカに向かい、捜査を開始した。追った先「フィレ・オブ・ソウル」で待っていたのがミスター・ビッグだった。そして美しいタロット占い師ソリテールもそこに居た。ミスター・ビックはカナンガが変装した姿で、ヘロインの売人だったのだ。ボンドはソリテールを救い出そうとするが…

初代ボンドのショーン・コネリーに代わって登場したのがロジャー・ムーア。そのムーアがボンドとして始めて登場したのが、この映画。なぜかブラックスプロイテーション風味。故に初の黒人ボンドガールも登場。ボンドの敵となるのが、カリビアンの架空の国の大統領で、しかも麻薬売人という凄い設定。本家のブラックスプロイテーションではここまで壮大な設定は無かった。しかもテーマ曲を演奏するのが、ポール・マッカートニーという豪華さ。更にはニューオリンズの妖艶なヴードゥ教や盛大なお葬式を物語に上手く取り入れている。敵となるヤフェット・コットーは一人二役を演じていて、いつもの彼の気味悪さはカリビアンの土着な妖艶さを際立たせている。それはティー・ヒーを演じたジュリアス・ハリス、そしてサメディ男爵を演じたジェフリー・ホールダーもそう。ホルダーのラストシーンは特に印象深くて、この映画が描きたい雰囲気を1人で表現していた。
しかし、ボートのチェイスシーンは、ちょくちょくとそれなりにネタを仕込んではいるけど、長すぎ。そしてそれに付随しているが、南部の白人男性の描き方はかつてない程にステレイタイプ過ぎる。ギミックのキャラかもしれないが、あれは酷すぎる。それに一番の敵だったはずのカリンガの死がアッサリとしているし、馬鹿げている。一番の敵は見事に殺してあげるべき。

色々と酷い部分もあるけど、ブラックスプロイテーションファンなので、なんだかんだと見れてしまう。
(Reviewed >> 11/28/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
プチ・ヤフェット・コットー・ブーム到来+新しい007見たばかり=りぶえんれぇだーい、はぁー♪Byポール ですわ。

作品的には、あのアレ…(お茶を濁す)。しかし007の歴史に於いては、作品数も初代のショーン・コネリーと同じ数だけボンドを演じたロジャー・ムーアが本作から登場し、そして黒人女性のグロリア・ヘンドリーが初めてボンドガールとして登場した作品でもあるので、インパクトがある。しかし、時代に感化されて、なぜかブラックスプロイテーションのB級ぽさが漂う。いや漂うっていうか、B級だよね。でもジェームス・ボンドの敵を演じたのが、我らのヤフェット・コットー。うーひー!テンション上がるよね。いやー、やっぱりヤフェット・コットーは最高!!ボンドとの対決シーンで、薄気味悪く笑顔なのがいいねー。これから人殺すかもしれないのに笑顔なんだよ。どんだけ悪い奴なんだ!って事ですよ。この映画はカリビアンの陽気なイメージとは真逆の土着的な陰気な雰囲気のあるブードゥとか入れちゃってるから、あのコットーの薄気味悪さはぴったり。気味悪さと言えば、サメディ男爵を演じたジェフリー・ホルダーが最高ね。「Carmen and Geoffrey / 日本未公開 (2005)」をまた見たくなったわ。

物語も黒帯ジョーンズ事ジム・ケリーの映画にMI6を足して、ただ主役がジェームス・ボンドだったという感じ。ジェームス・ボンドがハングライダーで蹴りを入れるのは、ジム・ケリーの映画ぽい。あと、ワニの背中歩くとか、爆笑したねー。さすがのジム・ケリーもワニの背中は歩かないね。そういうダメな愛嬌のある所が、ブラックスプロイテーションぽいというか、そのものだったね。そして南部の差別的な白人のオヤジとかね。でもあのキャラクターは無いかなー。酷い描写。イギリスがそれやっちゃうと、嫌味ぽいんだよね。ジェームス・ボンドがやたらと紳士なだけに。台詞も無理あるよね。ピンプ車とかさ。子供がいきがってるみたいだった。

そして一番の敵だったヤフェット・コットーが演じたカナンガの死に様が酷い。風船爆弾って!!なんでティー・ヒーの方がカッコいいんだよ!やっぱり一番の敵だったキャラクターは、すっきりかっこ良く死なせてあげないと、浮かばれないよ。第一、物語として面白くなくなっちゃう。

確かにポール・マッカートニーのタイトル曲は良い。映画にも合ってると思う。でもさ、スカルとかブードゥとかいったらさ、イギリスにはローリングストーンズが居るじゃないか!!ブロッコリ、何やってんだよ!!そういう所だよね、私がイマイチ007にハマレないのは!!でも時計の小細工とかは大好き。007って言ったらアレだよね。

しかし、ジェーン・シーモアは最高に可愛いね。お陰でグロリア・ヘンドリーの影薄い…( ノД`)シクシク…

 トリビア
007がブラックスプロイテーション全盛期に作った、007版ブラックスプロイテーション。ポスターを見てもその影響され度が分かる。主演はこの作品からジェームス・ボンドに抜擢されたロジャー・ムーアで、共演にブラックスプロイテーション映画の火付け役となった映画「110番街交差点」のヤフェット・コトー。ジェームス・ボンドが始めて黒人女性のボンドガールと恋仲になる。そのボンドガールを演じたのがグロリア・ヘンドリー。彼女もブラックスプロイテーション映画のヒロインと成長する。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Live and Let Die (Main Title) - Paul McCartney
2. Just a Closer Walk With Thee/New Second Line - Traditional
3. Bond meets Solitaire
4. Whisper who dares
5. Snakes alive
6. Baron Samedi's dance of death
7. San Monique
8. Fillet of soul - No / Live and let die / Fillet of soul
9. Bond Drops In - George Martin
10. If he finds it, kill him
11. Trespassers will be eaten
12. Solitaire gets her cards
13. Sacrifice
14. James Bond Theme - Monty Norman

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0070328/
http://en.wikipedia.org/wiki/Live_and_Let_Die_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14181

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack


Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2009-01-30
>> HOME