3392
Cast >>John Cusack (Jackson Curtis), Chiwetel Ejiofor (Adrian Helmsley), Danny Glover (President Wilson), Thandie Newton (Laura Wilson), Oliver Platt (Carl Anheuser), Amanda Peet (Kate) ...
Director >>Roland Emmerich
Writer >>Roland Emmerich, Harald Kloser
Producer >>Roland Emmerich, Mark Gordon, Harald Kloser
Genre >>Sci-Fi
Country >>USA
Release (US) >>11 / 13 / 2009
Release (JP) >>11 / 21 / 2009

 総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
Pre Avatar
2009年、エイドリアン(キウェテル・イジョフォー)はインドに居る科学者の友人から地球の核の温度が異常に急上昇している事を知らされた。エイドリアンはそれが世界中で大災害の引き金になる事を大統領主席補佐のアンハイザー(オリバー・プラット)と大統領ウィルソン(ダニー・グローバー)に伝えた。アメリカ政府は数カ国の一部の首脳だけにそのことを発表した。2012年、売れないSF作家のカーティス(ジョン・キューザック)は別れた妻との子供達とイエローストーンに来ていた。そこで一風変わったチャーリー(ウッディ・ハレルソン)に出会い、彼は地球の最後の予言を信じていた。

人々は予言していた。「アバター」の出現により映画視覚が変わっていく事を... この映画は悪い訳じゃない。それなりにジェットコースターに乗ったような視覚の面白さはある。スクリーンで見慣れているロサンジェルスの町が無残に崩れていく。その中を見事に避けながら運転していく。でもそれが余りに凄すぎてコメディにしか見えなかった。「インディペンデンス・デイ」のように一般人と要人の結びつきが見えなかった。最後は嘘でも階級もなく一緒に地球を守るんだという熱さが見えなかった。台詞も安っぽかったのが残念。

監督自らが言っていた。大きな仕掛けの映像に小さな親密なストーリーを混ぜるのが自分流だと。そのストーリーが小さすぎた。人々はもう先の映像革命を予言し待っていた。面白くない訳じゃないが、人々は地球が終末を迎えて人が生き延びるだけというストーリーだけでなく、また新鮮で斬新なストーリーを待っている。
(Reviewed >> 3/10/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督の最新作パニック映画。2012年の恐怖。ダニー・グローバーが大統領を演じ、タンディ・ニュートンが大統領の娘を演じている。キウェテル・イジョフォーが大統領の科学顧問役。古代マヤ人が予言したという2012年の世界滅亡説が題材となっている。

全米公開予定が7/10/09→11/13/09に変更。

日本語読み「にせんじゅうに」。日本では7/22の皆既日食に合わせて、ローランド・エメリッヒ監督が来日し、予告編が世界初に公開された。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1190080/
http://en.wikipedia.org/wiki/2012_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332430

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
from Amazon.com
from Amazon.co.jp
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Availablefrom Amazon.co.jp
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2009-01-09
>> HOME