1645
Cast >>Martin Luther King Jr. (archive footage), Andew Young, Clarence Jones, David Halberstam,
Director >>Orlando Bagwell, Noland Walker
Writer >>Orlando Bagwell, Noland Walker
Producer >>Orlando Bagwell, Noland Walker
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>N/A 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
"He struggled with every ounce of his energy to save that society from itself."
1968年12月、夫であるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師を失ったコレッタ夫人がインタビューに答えていた。コレッタは「今年のクリスマスは悲しいわ」と答えている。ドキュメンタリーはキング牧師が駆け抜けた1963年から1968年を追っている。

1963年4月、キング牧師はアラバマ州の空港に降り立った。バスボイコットから8年。キング牧師はアラバマでの活動をする事を依頼され、その地に降り立ったのだった。逮捕されたが、そこで書かれたのが”バーミングハム監獄からの手紙”だった。キング牧師が空港に降り立って1ヶ月ほどで、バーミングハムの人種的な壁が崩された。そしてその夏にはワシントン行進で夢を語った。しかしその2週間後にバーミングハムの教会で日曜学校に参加していた少女4人が爆破により殺された。落胆するキング牧師、さらに追い討ちにかけるようにジョン・F・ケネディ大統領も暗殺された。どんどんきな臭くなっていく。しかし1964年7月にジョンソン大統領が「公民権運動法案」にサイン。キング牧師は満面の笑顔でジョンソン大統領の後ろに立ち、署名するのを見守った。ノーベル賞に、セルマ行進、投票権法案..そしてキング牧師が休暇中にロサンジェルスのワッツで大暴動が起きてしまう。窮地に追い込まれる。黒人のために精を出したキング牧師が、同じ黒人からブーイングを受けたのだ。シカゴ、ミシシッピーと辛い厳しい運動がキング牧師の肉体を蝕んでいく。そしてベトナム戦争へとアメリカは突入し、正式な反対表明を発表。ジョンソン大統領との距離を生んでしまう。そしてメンフィスに飛ぶキング牧師。微熱ながら無理してスピーチした1968年4月3日の夜。次の朝、滞在先のロレインモーテルでアンドリュー・ヤングらとふざけていた。ご飯を食べに出ようとした所で、ジェームス・アール・レイの銃弾により他界。まだ39歳であった。

キング牧師の短い半生の中でも激動に変化していったのが、この映画で描かれた時期である。公民権運動を率いるリーダーとしてのキング牧師、家族の中でも父として成長していくキング牧師、キング牧師の興味深い年代を上手く掻い摘んだドキュメンタリー映画である。
(Reviewed >> 4/26/15:DVDにて鑑賞)

 100本映画
という訳で、今回もキング牧師。というか、今回こそはキング牧師!ゴリゴリのキング牧師おたく。心の底から心酔している。英語の教科書でキング牧師の「私には夢がある」の演説を読んだ時からずっと。

1968年の12月。キング牧師ファンの私にはすぐにピンと来た。1968年という事は、キング牧師が暗殺された年である。キング牧師の居ない初めてのクリスマス。妻のコレッタ・スコット・キングがテレビのインタビューに毅然と答えている。しかし「今年のクリスマスは寂しくなりますね。(中略)こういう特別な時など...1963年のイースターの時の事を覚えております。私の夫はバーミングハムの刑務所に居ました。私は4人目を産んだばかりで、家から出れない時でした。とても落ち込みましたよ。でもとても意味のあるイースターでした。イースターは受難の時ですから...(続く)」と話していた。キング牧師がイースターで逮捕されてしまうちょっと前、1963年4月にアラバマ州の空港に降り立ったキング牧師から、1968年4月に銃弾に倒れたキング牧師までを追う。

私がキング牧師に心酔しているのは、彼が非暴力を貫いたという事と明確で誰にでも分かるビジョンを持っていたという事。そして、指示するだけでなく、自分の足で問題となっている地を訪れ、自分の目で確認した事もある。あのレベルになれば、現地に出向く事なんてしないで、大学などで演説でもしていればお金は入ってくるからね。そこに甘んじなかった。でもそのせいで、体はボロボロになってしまいましたが... ご存知のように暗殺される前日の夜、キング牧師は「約束の地を見た。私はみんなと一緒にそこへ行く事は出来ないかもしれないが...」と、その数時間後の自分を暗示するようなスピーチをメンフィスの教会でした時、彼は熱があった。体は本当にボロボロでした。

現在のボルチモアやファーガソンで思うのが、今は指導者が居ないという事。キング牧師のようにビジョンを持って導く人がいない。だからあのようにブレてしまう。確かにキング牧師の時にも暴動になってしまった事はある。特にこのドキュメンタリーで描かれた年代はそうだ。1966年シカゴでは若者の怒りが爆発した。暴動が起きた。キング牧師はシカゴに呼ばれる。キング牧師は若いギャングたちを集められた部屋で、4時間もセミナーを行って説得させたそうだ。そしてその後にシカゴの郊外シセロで公正な住居環境を巡る抗議行進をした時、キング牧師は白人の暴漢たちに石やレンガに爆竹などが投げ込まれて、非常に危ない状況であった。それでもTV等のインタビューを受けながら歩くキング牧師の姿があった。そしてそれに答えるように公正住居法がキング牧師暗殺後に執行されたのだった。

このドキュメンタリーは、面白い事に今度日本でも公開される『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』で描かれている年代と全く同じなのです!『グローリー』では、ノーベル賞の授賞式前から始まるけれど、バーミングハムの教会爆発やJFKからリンドン・ジョンソンへ大統領が代わる時、FBI(フーヴァー長官)からの嫌がらせテープなども描かれている。なので『グローリー』を補足するのにぴったりなドキュメンタリー。まあでも何回も書いているけど、これはキング牧師にとっての戦いのほんの一部にしか過ぎませんが...

オフィシャルサイトのPBSのページは充実しているので、『グローリー』見る前にでも一読すべし!

 トリビア

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0390981/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-04-27
>> HOME