2973
Cast >>Arnold Schwarzenegger (Conan), James Earl Jones (Thulsa Doom), Max von Sydow (King Osric, Sandahl Bergman (Valeria), Ben Davidson (Rexor), Cassandra Gava (The Witch), Gerry Lopez (Subotai), Mako (The Wizard / Narrator), Valerie Quennessen (The Princess), William Smith (Conan's Father) ...
Director >>John Milius
Writer >>Robert E. Howard (stories), John Milius, Oliver Stone, Edward Summer
Producer >>Raffaella De Laurentiis, Buzz Feitshans
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
Let me tell you of the days of high adventure!
コナン少年は村で両親と共に暮らしていたが、タルサ・ドゥーム(ジェームス・アール・ジョーンズ)たちが村を襲い、父も母も彼等に殺された。それから奴隷のように使われ、成長したコナン(アーノルド・シュワルツェネッガー)。ある日突然、解放されて逃げ出した。洞窟に落ちた所で剣を発見し、タルサ・ドゥームへの復讐を誓うのだった。

アーノルド・シュワルツェネッガーが一躍有名となった作品。シュワルツェネッガーが見事にコナンとなっている。子供が肉体的にも精神的にも痛めつけられた結果、無知なままに、目の前にある死と立ち向かい強くなっていく。しかし過酷な状況でも、父からの言葉はどこか胸にしまっていた。ある日それが突然表に出た時に彼は本当の自由を手にした。持ち前の性格と魅力で友人を手に入れると、彼は過去に立ち向かおうとする。そういう細かい事が手に取るように不思議と分かってくるのだ。やはりそれはシュワルツェネッガーがコナンと一体化していたからだ。また共演している俳優達も当たり役だ。彼等のちょっとしたユーモアがいい。冒頭のシーンでタルサ・ドゥームが非情な行為をした時に見せた表情が何とも言えない難しい表情をしているのは、ラストで見せる彼の弱さに繋がっている。ヴァレリアも素晴らしいキャラクターだ。

ラストも圧巻である。これぞ映画のラストだ!という素晴らしさを見せてくれている。
(Reviewed >> Unknown, 10/15/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
前の作品からの勢いで見る。リメイク作品がいまいちだったので、期待していなかったけれど、凄い面白かった。結論から言うと。コナンおたくのオヤジさんに「これは面白い」と前々から何百回言われていても、信用してなかった。だって、こういう映画苦手だと思っていたもの。

説明不要のシュワちゃんやターミネーター知事で知られるアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作。そういえば、シュワちゃんも苦手である。知事としてはもっと嫌いである。ムキムキも実は苦手である。ロン毛もかなり苦手である。色んな苦手要素があったが、この映画は最高だった。見る前までは、ずっとジェームス・アール・ジョーンズのタルサ・ドゥームはいい人役だと勝手に思い込んでいた。ジョーンズの印象って、心優しいお爺さんの印象がある。でも実は悪役やらせると最高なんだよね。声だけだけど、ダースベイダーもそうだし、彼自身がアカデミー賞にノミネートされた「The Great White Hope / ボクサー (1970)」も、悪役ではないけれど、国民(というか白人市民にとって)のヒール的存在だったジャック・ジョンソンがモデルになっている映画だし。そのジョーンズが冒頭でコナンの母親を切るシーンの表情がなんとも言えない。悲しい顔という訳でもない、本当に無表情。その一瞬にタルサ・ドゥームというキャラクターが形成されている。タルサ・ドゥームはそうやって子供達から親を奪い、子供達を奴隷化していく。黒人であるジョーンズのキャラクターが子供達を奴隷化してしまうのは、かなりの皮肉である。オリジナルでは敵役だった黒人が、リメイクでは友人というか協力者になっている。奴隷となった子供達の中で唯一残ったのが、コナン。そしてコナンはグラディエイターとなって、殺し合い競技で力をつけていく。ここまでのエピソードも、リメイク作品より全然面白いし深い。そうやって、コナンは「バーバリアン(野蛮)」になっていく。それが唯一の生きていく為の道だから。ふと仲良くなった盗人と共に行動し盗みを働く。その途中で出会ったのが、女盗人のヴァレリア。それまで女を抱くのもただ抱くだけだったコナンが、初めて感情を持ち始めて、復讐心に芽生える。と、大人の面白さがあるんですわ。最後もウォーーー!ってなります。映画の最後はああでなくては!!これ、オリバー・ストーンが脚本に参加しているんですよね。この次には「スカーフェイス」とかも書いているし、一番のっていた時期。監督のジョン・ミリアスも「若き勇者たち」とか好きでしたね。ラストの舞台とか壮大でいいです。

ヴァレリアもカッコいい女戦士。愛する男の為に命だって授けてしまう。だからこそコナンも滅茶苦茶にヴァレリアを愛してしまうのですわ。これがあるから、最高にスッキリとするラストが待っているのです。しかもラストのジェームス・アール・ジョーンズの台詞は、ダースベイダーぽい。「私の息子よ」ですべて片付けようとしている。このジェームス・アール・ジョーンズが演じた独裁者のタルサ・ドゥームとか見て、オバマ大統領に例える馬鹿な人とか居るんだろうなーと思ったら、居たわ。

そして影のMVPであるマコ。綺麗な英語じゃないからこそ出た味と雰囲気。コナンというか、シュワちゃんが思わずマコにお辞儀してしまうシーンが妙に好き。あと、ちなみにコナンの父親を演じたのが、ブラックスプロイテーションでフレッド・ウィリアムソンと激闘を繰り広げていたヒールのウィリアム・スミス。

私、意外とこういう映画好きだったのかもしれません...

 トリビア
アーノルド・シュワルツェネッガー主演。ジェームス・アール・ジョーンズ共演。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0082198/
http://en.wikipedia.org/wiki/Conan_the_Barbarian_(1982_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7974

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book

Soundtrack
Not Available


Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-10-13
>> HOME