2282
Cast >>Kel Mitchell (Chicago Jones / Pretty Eyed Willy), Cedric the Entertainer (Detective), Katerina Graham (Chaka), Gary Anthony Sturgis (Daddy J), Tommy Davidson (Addict), Affion Crockett (Julius Ho), Ty Hodges (Jamal), Jennifer D. Johnson (Vendetta), Cecelia Antoinette (Mable), Rodney Perry (Mayor Pope), Duncan Tran (Himself / Bboy Dunken) ...
Director >>Cedric the Entertainer
Writer >>Kel Mitchell, Janis Woody
Producer >>Cedric the Entertainer, Mathew Gray, Kel Mitchell, Eric Rhone, Janis Woody
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 2.75点/5点満点中
内容 >>2 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
Put-on
シカゴ(ケル・ミッチェル)は、シカゴでは知られたダンサーだったが、喧嘩がめっぽう弱かった。叔父はハリバンクで人気のクラブを経営しており、シカゴもハリバンクにダンサーになる為にやってきた。幼馴染のシャカ(キャット・グラハム)も美しく成長しており、人気のシンガーとなっていた。しかし叔父のクラブの人気に嫉妬したプリティ・アイド・ウィリー(ケル・ミッチェル)が、叔父を殺してしまう。ウィリーを指導したという空手の達人ホー(アフィオン・クロケット)がリベンジの為にシカゴを指導する事になる。ホーはシカゴの意外な才能を見出し...

ケル・ミッチェルは90年代に、大柄なキーナン・トンプソンとコンビを組んで、ティーン向けのコメディ番組で活躍していた。トンプソンが「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーに決まり、飛躍。ケル・ミッチェルはインディペンデンス映画で活躍している。二人の間には大きな溝が出来てしまっている。コンビの時にはどちらかと言うと、ミッチェルがボケで主役級だった。ボケていたミッチェルの役が起こしたトラブルを、フォローしていたのがトンプソン。ミッチェルがのび太なら、トンプソンはドラえもん。今回はそのドラえもん役をセドリック・ジ・エンターテイナーがこなしている。いやスクリーンでは二人ともボケている。セドリックは今回初監督にチャレンジしてまで、ミッチェルをフォローしているのだ。なんというか、ジャッキー・チェンの酔拳みたいな物語。しかしかなり出来は悪い。全然面白くないのだ。

ケル・ミッチェルもセドリック・ジ・エンターテイナーもこんなつまらない人達じゃなかった筈。とにかく全然笑えない。唯一私が笑ってしまったのが、エンディングの曲。悪ふざけなのである。悪ふざけも、もうちょっと上手くやると「Black Dynamite」みたいに面白くなるのだけど...
(Reviewed >> 11/18/11:DVDにて鑑賞)

 100本映画
この映画のエキストラをセドリック・ジ・エンタテイナーがマイスペースで応募していたことをよーく覚えている。というか、マイスペース時代なのでかなり昔の事。3年以上も前の事。まだLAに居た頃なので、面白いから行こうかなーと思っていたのだけど、集合時間が早かったので諦めた。場所はコンプトンの教会だった。そういえば、あの映画どうなったんだろうなーと思ったら、いきなりDVDになっていた。映画って時間かかるねー。題名も代わっていた。

感想にも書きましたが、主演のケル・ミッチェルは凄かった。割りと可愛い顔もしていた。いやー、年取ったね。変な髪形になっていたし、ちょっと太ったかな??顔がパンパン。「キーナン&ケル」でコンビを組んでいたキーナン・トンプソンは「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーになったり、綺麗な女の子と水族館で結婚したりと、ツキがある。なのにケル・ミッチェルはツキが無い。インディペンデンス映画ばかり。ニコロディオンで放送していた「All That」で一緒だったニック・キャノンにも水をあけられた感じがするわ。

物語はなんていうかジャッキー・チェンの「酔拳」を思わせる内容。お酒じゃなくて、音楽に代わった感じ。でも「酔拳」みたいな最高な面白さは全くないのであしからず。というか、酔拳とか書いちゃって、ジャッキーファンの皆様本当にごめんなさい。一言で言ってしまえば、つまらない。全然面白くないのです。セドリック・ジ・エンタテイナーが初監督に挑んだ作品でもあるのですが... セドリックとケルでなんでつまらない物が出来てしまうんでしょう?と不思議に思う位、面白くない。セドリックはもっと面白かった筈だし、ケルも面白かった。ちなみに注目されている若手コメディアンのアフィオン・クロケットも出演している。彼は割りと面白い場面はあった。しかも途中途中で使われるアニメを制作したのが、「Freaknik: The Musical / 日本未公開 (2010)」のカール・ジョーンズ。「Freaknik」はあんなに面白かったのに、なんで??いやアニメは無茶苦茶カッコ良かった。そういえば、トミー・デビットソンも出ていた。芸達者な人でなにやらせても面白いのに、なんで????なんていうか、ケルがこの役をやるのには、少し年を取り過ぎているのですわ。

先日、やっとテレビ放映された「ソウルトレイン・アワード」の司会だったセドリック。踊ってましたねー。こういう体系の人が踊ると面白いんですよねー。ビヨンセの真似する渡辺直美とか太麺の柔道着でビヨンセの曲で踊っていた人とかも... セドリックが出ていたせいか、ケル・ミッチェルも舞台に立って、有名なスクランブル・ボードやってました。この2人、仲良いのかもしれないですね。

とにかくなんでこの面子でこんなに面白くないの?と思ってしまう程です。なんで?????あ、途中でケルが役名じゃなくて、本名の「Ty」で呼んでしまう場面とかもあった。最後の曲がケルとセドリックの悪ふざけ。あそこまでいってしまうと、ちょっと笑ってしまいますが... そこだけでしたね。エキストラを募集していた教会のシーン、やっぱり人があんまり集まってませんでしたねー。行けば良かったかな... いや、行かなくて良かったかな... 

 トリビア
コメディアンで俳優のセドリック・ジ・エンターテイナーが初監督に挑んだ作品。子供向けチャンネル「ニコロディオン」で活躍していたこれまたコメディアンで俳優のケリ・ミッチェルが脚本と主演。トミー・デビットソンやアフィオン・クロケット、ロドニー・ペリーなどのコメディアンが多数出演する。アニメを担当したのが「Boondocks」にもかかわっていたカール・ジョーンズ。

タイトルが「Chicago Pulaski Jones」から「Dance Fu」に変更。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2011 映画秘宝 私が選んだトホホ映画 2011年度2位

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1204285/
http://en.wikipedia.org/wiki/Dance_Fu
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-04-06
>> HOME