1826
Cast >>Victor Love (Hank Gathers), Duane Davis (Bo Kimble), George Kennedy (Father Dave), Nell Carter (Lucille Gathers), Sam Hennings (Coach Spencer), Reynaldo Rey (Red), Whitman Mayo (Nick), Ed Arnold (Himself), Ken Foree (First USC Coach), Baldwin C. Sykes (Specs) ...
Director >>Charles Braverman
Writer >>Fred Johnson, Don Enright (teleplay), Ed Fields (teleplay)
Producer >>Don Enright, Les Alexander, James P. McGillen
Genre >>Sports
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"This is what is about, I just wanna do, I always knew I could do"
1990年3月、ロサンジェルスの地元テレビ局にニュースが舞い込んで来た。記者が病院に向かうと、そこでは大学生達が泣いていた。同級生ハンク・ギャザーズ(ヴィクター・ラブ)がバスケットボールコートで倒れ亡くなったのだった。そのハンクの人生を振り返っていく...

私も何度も書いている悲劇のバスケットボール選手ハンク・ギャザーズの人生をドラマ化したTV映画。この作品では、地元フィラデルフィアからずっと一緒の親友であり一番のライバルであったボー・キンブルとの関係、そして幼少時代のバスケットボールのコーチであったキリスト教神父デイブとの関係、そして母と弟との関係など、ハンク・ギャザーズの関係性を軸に語られていく。ボーとの関係性は、会ったその日から親友だった訳じゃなく、そのライバルとしての関係性が意外性があって良い。そして以前に観たドキュメンタリーで、ハンクはとにかく明るい男だったと語られていたが、その片鱗を随所で見せていたハンク役のヴィクター・ラブの好演も光る。だからこそ、やはり最後がとても悲しくなってしまうのだ。

TV映画である事が非常に残念。ハンク・ギャザーズの悲劇はこれから何度も語り継がれていく事と思う。1992年の作品ではあるが、80年代的にド直球に描いているド根性ドラマ。
(Reviewed >> 10/23/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
私はどうもバスケットボール選手の悲劇という物語にとり付かれている。『Rebound: The Legend of Earl ’The Goat’ Manigault / リバウンド (1996) (TV)』は大好きだし、ESPNの30 for 30シリーズの『”30 for 30” Guru of Go / 日本未公開 (2010)』に『”30 for 30” Without Bias / 日本未公開 (2010)』に『”30 for 30” Benji / 日本未公開 (2012)』も大好きでたまらない。バスケットボール自体が大好きなのもある。とりわけ好きなのが、夫からも話で聞かされたこのハンク・ギャザーズの物語。バスケットコートで亡くなってしまったという衝撃もある。という訳で、30 for 30シリーズの『”30 for 30” Guru of Go』でも扱われたハンク・ギャザーズの物語をテレビ映画にて制作。

1990年3月。大学バスケットボールシーズンの佳境「マーチ・マッドネス(3月の狂気)」に入り、トーナメント戦が始まる。ロサンジェルスの地元テレビ局にニュースが一本入る。地元ロヨラ・メリーマウント(以下LMMU)大学の選手がコート上で倒れた...と。1人の女性担当者が、その選手が収容された病院に向かった。着いた時にはその選手ハンク・ギャザーズ(ヴィクター・ラブ)もう亡くなっており、選手や友人、そしてコーチ等が涙を流していた... バスケットボールに詳しくないその女性担当者は、泣いていた1人ボー・キンブル(デュアン・デイビス)に失礼な質問をしてしまう...そしてハンク・ギャザーズの半生を振り返っていくのだった...

『"30 for 30" Guru of Go』でも語られていたけれど、ハンク・ギャザーズは本当に明るい人でいつもジョークばかり言っていたらしい。そんなハンクをヴィクター・ラブという人は見事に蘇らさせている。この作品の中で、カメラを持っておどけていたけれど、大学時代に本当に自分の番組を大学内で持っていて放送していたらしいのだ。だとしたら、生きていたら、彼はNBAとか大学バスケの解説者として立派に活躍したのかもしれないな...と思ったら、やっぱり(´・ω・`)ってなりました。それかTNT辺りでサー・チャールズやシャック等と共に、楽しそうに解説していたかもしれない... おぉ、のぅ...

という訳で割りと忠実にそのまま物語にした風の作品。90年代初頭で90年代のブラックムービー・ルネッサンス時代の黄金期に作られた作品。92年と言ったら、『Mo’ Money / モー・マネー (1992)』に『Juice / ジュース (1992)』という私の人生変えちゃった映画が作られた記念すべき年!スパイク・リー先生はブリブリに『Malcolm X / マルコムX (1992)』を完成させた年!その3作品はいつみても色あせないけれど、なのにこの映画はやたらとなぜだか80年代ぽい。まあ実際の物語は80年代の事を語っているので正解なのかもしれないが、なんだか古臭い。まあ好きだけど、こういう感じーと思っていたら、監督はなんとあの『俺がハマーだ!』の監督を務めた事もある人物でした(但し、ハマーぽいステキなアホさはこの映画にはゼロですよ)!やたらと納得。音楽はブラックムービーにこの人の音楽必ずあり!って感じのスタンリー・クラーク。自身もフィラデルフィア出身。だけどこの映画ではフィリーぽくなくて、やっぱり80年代ぽいピコピコサウンドとKlymaxxみたいな感じ?そして、やっぱりブラックムービーにはこの人のキャスティングあり!というルーべン・キャノンも参加。初期の(良かった頃の)タイラー・ペリーを支えた人でもあり、本当にブラックムービーのキャスティングに関しては神的存在。この映画になぜかケン・フォーリーとか出ちゃってるし。

ハンク・ギャザーズについては、前の『"30 for 30" Guru of Go』の方が沢山書いたかもね。もし詳しく知りたかったら、上のリンクにてどうぞ。でもハンク・ギャザーズの息子の事は知らなくて、この映画で初めて知った。調べたら...おーい、ヤフーさんよ、泣けるじゃないか。ヤフーで作ったビデオを発見しました。どうぞ。泣けますよ。
Memorable Moments: Hank Gathers story brings son and LMU teammates together | Watch the video - Yahoo Sports
24年後にハンク・ギャザーズの息子アーロンがLMMUのコートを訪れる映像。ボー・キンブルとも一緒にシュート。私、涙止まりませんでしたわ!というか、映画でハンクが言っていたけど、ハンクとアーロンで本当にアーロンと名づけていたんですね。大学での番組の件も、アーロンがボーに話し聞いているね。しかし背は低いけれど、アーロンはジャンプ力さすが!お父さんのにそっくりなレイアップとか、泣けるじゃないか... しかし、この息子のアーロンも心臓病の疑いがあって調べたみたいね。しかもそれだけじゃない... ハンク・ギャザーズの従兄弟の17歳の高校生がやはりバスケットコートで亡くなっている。でも希望もあり、別の従兄弟の息子が今は大学バスケで頑張ってるよ!

 トリビア

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0104270/
http://en.wikipedia.org/wiki/Final_Shot:_The_Hank_Gathers_Story
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16732

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-10-23
>> HOME