3423
Cast >>Halle Berry (Frankie / Alice), Stellan Skarsgard (Dr. Oz), Matt Frewer, Phylicia Rashad (Edna Murdoch), Chandra Wilson (Maxine Murdoch) ...
Director >>Geoffrey Sax
Writer >>Cheryl Edwards, Marko King, Mary King, Jonathan Watters, Joe Shrapnel, Anna Waterhouse, Oscar Janiger, Philip Goldberg
Producer >>Halle Berry, Vince Cirrincione, Simon DeKaric, Hassain Zaidi
Genre >>Drama
Country >>Canada
Release (US) >>04 / 14 / 2014
Release (JP) >>09 / 20 / 2014

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"Frankie's not here"
1978年、フランキー(ハリ・ベリー)はロサンジェルスでゴーゴーダンサーをしていた。店で働くDJのクリフといい感じになって帰った所、何かの拍子に突然変異して、フランキーは逃げ出し、道の真ん中に居た。来た警官に連れていかれ、病院に居た。あまりやる気のないオズワルド医師(ステラン・スカルスガルド)がフランキーを診た。オズワルドはフランキーに他の患者とは違う障害を感じた。フランキーにはアリスという白人女性と7歳ながら天才である少女という人格が宿っていたのだった。オズワルドは、徐々にフランキーのトラウマを探っていくが...

ハリ・ベリーが第一子ナーラを産んだ後に出演した作品。限定公開され、やっとDVD化となった。そんなハリ・ベリーにはもう第二子が誕生している。中々公開されなくてヤキモキさせてくれた作品だ。まあそういう場合は大抵何か問題がある。しかしこれはなぜか中々公開されなかった。ハリ・ベリーは2人の別の人格が宿った解離性同一性障害の女性フランキーを演じている。フランキーには過去があった。1957年のジョージア州サヴァンナにフランキーは暮らしていた。公民権運動前の南部。そこでフランキーは恋をしていた。自分や母がメイドとして雇われている所の息子ピート。彼はいつもフランキーに優しかった。2人は年頃になると結ばれた。しかし南部ではご法度。2人は一緒に逃げ出す事になるが... と、ハリ・ベリーが主演である意味がそこにはあった。3人の人格を演じきるハリ・ベリーの熱演が見所が、物語も十分に魅力的であった。周りの理解と強力がいかに必要であるかも説いている。その1人、オズワルドを演じたステラン・スカルスガルドの優しさに溢れる演技が心を和ます。

ハリ・ベリーがママになって挑んだ渾身作!だけど、その発表の仕方が不幸であった。普通に公開していてくれたら...と思わずにはいられない。ハリらしい体を張った秀作。
(Reviewed >> 8/25/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ハリ・ベリーちゃんの最新作。というか、ナーラちゃんを出産後の復帰作なんだけど、なぜか中々公開されず... そんなナーラちゃんも今や6歳!メイシオ君という弟まで出来た。アメリカでは去年のオスカーシーズンに、ハリちゃんをママでもオスカーに!という事で限定公開されましたが、ノミネーションすらされませんでした... なんだかそれだけ書いちゃうと、残念な作品ですよね。いやいや、面白かったですよ!ハリちゃん、ママになっても女優魂炸裂!

1957年、ジョージア州サヴァンナ。車の中で激しく息をする女性。警官らしき人々が「大丈夫ですか?」と声を掛けている。時は過ぎ、1978年のロサンジェルス。クラブのケージの中でゴーゴーダンスを踊る女性フランキー(ハリ・ベリー)。ケージに群がる男性たちを上手く挑発し魅了していく。仲間の女性がフランキーから新聞を借りていた。返す時に、クロスワードを全部解いている事を知らせられる。しかしフランキーには覚えがなく、筆跡も自分のものではなかった。そして仲間達と出かけて、そこで一緒に働くDJの男と家路についた。男といい感じになった所で、突然フランキーに異変が起きる。その男を人種的差別語で罵るのだった。走り出して逃げるフランキー。道路の真ん中に崩れ落ち、警察に連れていかれた。警察は精神病の病院に連れていき、フランキーはそこでオズワルド医師(ステラン・スカルスガルド)に出会う。オズワルドは解離性同一性障害ではないかと感づくが...

実際の話を元に作られている。役名などは変えられているようだが、ハリちゃんは実際にその女性とも会ったらしい。その女性は、フランキーとアリスと名前は無いがオズ医師が天才少女のために天才という「ジーニアス」と名づけた3人の女性の人格が、フランキーの体には宿っていた。フランキーは普通の女性、アリスは黒人に憎悪を感じている差別的な白人女性、ジーニアスはIQも滅茶苦茶高い天才少女。何かのキューで人格が入れ替わってしまうのだ。なので、ハリちゃんは1人3役状態。それに対して批評家たちは「こんなに出来ますよっていう、演技のショーケース状態で面白くない」と... オスカー狙ったのに玉砕!いやー、ママになっても半乳出来るハリちゃんは偉いでしょ!守りなんかに入らない。脱いでこそ、ハリ!(はい、←ここ名言)『Monster’s Ball / チョコレート (2001)』は脱いだからこそのオスカー。何よ、今更って感じよ、批評家たち。誰もが脱げばいいってもんじゃない、ハリだから脱げ!という事です。なにもヌードが見たいとかそんな事を言っているのではない。ハリはね、女を見せてこその女優だと常々思っているだけなのです。脱いでいいのは、ハリ。脱いではダメなのが、ポーラ・パットン。

と脱ぐハリを力説したけれど、この映画では脱いでいる訳じゃないのであしからず。そして半乳が見所でもありません。私がこの物語の好きな所は、上手く人種差別を混ぜた所ですね。上でも書いたように1950年代の南部の人種問題が取り入れられている。50年代には超えられなかった人種の壁。フランキーという女性は、ある悲劇によってその壁を心に閉じ込めている。全ては黒い肌に生まれた為に。トラウマとなった事が、彼女が解離性同一性障害を患った原因。その原因を突き止めていく医師。その2人の関係も面白い。ステラン・スカルスガルドも渋すぎでいい。その医師がどんどんと突き止めていくフランキーの悲劇があまりにも悲しくて、切なくて... アリスという名前の由来は泣いちゃいます。ハリちゃんは、こういう女の悲劇を演じさせると最高ですね。女見せてますから... という事ですよ!

 トリビア
ハリ・ベリーが出産後に初めて挑んだ作品。この映画では多重人格者を演じている。プロデュースも参加している。
ベテラン女優のフィリシア・ラシャドや「グレイズ・アナトミー」で人気のチャンドラ・ウィルソンも出演。
カンヌ映画祭で上映された。
オスカーに出展する為に公開時期を早め、12月17日からLAとNYで限定公開される。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1221208/
http://en.wikipedia.org/wiki/Frankie_and_Alice
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=349631

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-10-25
>> HOME