1890
Cast >>Regina King (Natalie Hawkins), Imani Hakim (Gabby Douglas :14-16 yrs.), Sydney Mikayla (Gabby Douglas :7-12 yrs.), Brian Tee (Liang Chow), S. Epatha Merkerson (Miss Caroline), Gabby Douglas (Herself) ...
Director >>Gregg Champion
Writer >>Sterling Anderson (story), Maria Nation (story)
Producer >>David A. Rosemont, Gabby Douglas (executive producer), Natalie Hawkins (executive producer)
Genre >>Biography
Country >>USA

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
"Today should always be better than yesterday"
1995年の大晦日、ガブリエル・ダグラスは生まれた。しかし出産時、母(レジーナ・キング)はもう少しで亡くなる所だった。そしてガブリエルもメープルシロップ尿症という小児疾患になってしまう。父と母はガブリエルを含めた4人の子供の為に職を求め、全米を転々とするが、中々いい職には恵まれなかった。そんな両親は別れ、母は1人で4人を育てる事になる。バージニア州で母は職を見つけた。そんな時、ガブリエルは人並みならぬ身体能力を見せた。母はお金に余裕が無かったが、なんとかガブリエルを地元の体操クラブに入れた。そこでも才能を発揮するガブリエルだったが、中々認められる事はなかった。そんな時見たのが、ショーン・ジョンソンのコーチであるリャン・チャウ。彼のコーチングスタイルに何かを感じたガブリエルは、彼の居るアイオワにてコーチを受けたいと母に願うが...

まだ記憶に新しい2012年のロンドン・オリンピックの新体操の個人・団体と両方で金メダルに輝いたガブリエル・ダグラスの物語がTV映画化された作品。ガブリエルと母親が製作総指揮を担当し、ガブリエルは出演もしている。子供向けの立身出世物語だと思っていたが、いい年の大人の私でも思わず泣いてしまった感動作品。ガブリエル自身の努力も素晴らしくて感動的だが、何と言っても彼女を支えたお姉ちゃんとお兄ちゃんが素敵。ガブリエルのターニングポイントとなる所で、彼らは最高のアシストをしている。という事で、家族愛・兄弟愛も描いている。そして金メダルまで取ってしまうような人は、負けず嫌いで頑固!そんなガブリエルの性格もうまく演じられ描いている。

成功する人はやっぱり何か違う。でもそれ以上に誰よりも努力している事が爽やかに描かれているスポーツ感動作。
(Reviewed >> 4/18/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
未だ記憶に新しい2012年のロンドン・オリンピックの新体操で個人・団体共に金メダルに輝いたガブリエル・ダグラスの自伝映画!というか、原題ではギャビー・ダグラスなんですよね。うちの夫に言わせると黒人はガブリエルをギャビーなんて呼ばないよなーと毎回彼女の名前を聞くたびにほざいております。実際に彼女の家族はギャビーなんて呼ばずにブリー(Brie)と呼んでいるみたい。という事で、私もなんとなくギャビーという呼び名はイマイチ好きになれないので、ガブリエルと書いてます。ガブリエルでも間違いじゃないからね。

という訳で、ライフタイムというチャンネルで放映された。ライフタイムは真面目な感動作品を作る事が多いので、この作品も真面目な感動作なんだろうなーと思っていたが、その通りだった。なんていうか、私よりも年下の自伝映画では泣かない!と高を括っていたけれど、こんなおばちゃんを号泣させたわ!

1995年の大晦日に生まれたガブリエル・ダグラス。しかしその出産の時に母はもう少しで命を落とす所であった。そしてガブリエル自身もメープルシロップ尿症である事が分かる。4人兄弟の末っ子であった。しかもガブリエルが生まれた頃、両親は仕事を見つける事に必死であった。家が無くて車で寝る事すらあった。そういう状況下で両親は上手く行かなかった。ガブリエルの母(レジーナ・キング)は1人で4人を育てる事になる。ヴァージニア州にて、クレジットの回収の電話の仕事を見つけた。家計は相変わらず苦しかった。そんな頃、ガブリエルの姉がガブリエルの身体能力に気づく。母は体操クラブに入れる余裕などなかったが、姉のプッシュもあって、ガブリエルをクラブに入れる。そこで頭角を現すガブリエル。大会に出場してもいい成績が残せるようになる。しかし母の病気が発覚し、家計は更に酷くなる。姉2人は自分たちはスポーツを諦めるから、ガブリエルを続けさせてあげてとガブリエルは姉たちの助けで続ける。2008年北京オリンピックをTVで観ていたガブリエル。そこで金メダルを獲得したのがショーン・ジョンソン。彼女のコーチはリャン・チョウ。自分もリャンからトレーニングを受けたいという気持ちを募らせていた。1人でもいいから、リャンの居るアイオワに行きたいと頑固になっていくガブリエル。しかし母にはそんなお金もなく...

と、やっぱり勝負師は頑固!頑固なガブリエルが可愛い。というか、あそこまでじゃないと、オリンピックなんていう舞台には立てないのよね。もちろん努力もする。そして失敗もある。涙もある。まあ普通のど根性スポ根映画。普通でシンプルなんだけど、面白いんだなー。私が号泣したのは、お姉ちゃん達が自分たちのスポーツを諦める所。お、お姉ちゃん...(´・ω・`)。しかもこのお姉ちゃん、別のシーンでも最高なアシストしていたりする。お姉ちゃんたちの優しさに釘付けになりました!お兄ちゃんと仲良すぎ!

お母さん役にレジーナ・キング。子役からTVで活躍していた女優さんなので「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」や「Enemy of the State / エネミー・オブ・アメリカ (1998)」までと活躍の場も幅広い。私の好きな女優の1・2を争う程好き!力強くも優しい、そして母だって悩むのよ!っていう所まで見せてくれ、今回も堅実な安定ぶり。主役のガブリエルを演じたイマニ・ハキムも頑固なガブリエルを熱演。彼女はTVシリーズ「Everybody Hates Chris」というクリス・ロックの中学生時代を描いた番組で、クリスの妹役だった子。その役が、ビリー・オーシャンが大好きで、ムーンウォークはビリー・オーシャンのものだと信じきっている子なの。面白かったんだよねー。今回は鋭い勝負師の目を見せていますよ。このTV映画はガブリエル本人とお母さんが製作総指揮も務めております。

 トリビア
2012年ロンドン・オリンピックの新体操で個人・団体にて金メダルを獲得したガブリエル・ダグラス(ギャビー・ダグラス)の自伝映画。「Lifetime」チャンネルで放送。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3386954/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-04-23
>> HOME