1652
Cast >>Roldan Pinto Joao (N'dala), Domingos Fernandes Fonseca (Ze / Nganga), Julia Botelho (Rosita), Ana Bustorff (Religiosa), Raul Rosario (Joka), Custodio Francisco (Pescador) ...
Director >>Maria Joao Ganga
Writer >>Maria Joao Ganga
Producer >>Francois Gonot
Genre >>Drama
Country >>Angola

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"They are up in the sky"
アンゴラの首都ルアンダに飛行機が到着した。尼僧が子供達を先導しバスに乗せた。しかし1人の少年が抜け出した。少年はン’ダラ(ロルダン・ピント・ジョアン)という12歳の子供。当てもない町で歩き続ける。しかし夜中になれば、外出禁止なので軍人がうろつき捕まる可能性もあった。ン’ダラは海に辿りつき、そこで1人きままに魚を捕って生活しているおじさんのテントで眠りについてしまった。おじさんは、そのまま寝かせてあげて、朝にはお腹空いたといえば食べさせてがえるのだった。尼僧は、ラジオ局に頼んで、ン’ダラの情報を待った。そして再び歩き始めるン’ダラ。たまたま入ったアパートにいた自分よりもちょっと年上の男の子ンガンガ(ドミンゴス・フェルナンデス・フォンシカ)と出会う。ン’ダラもンガンガも心を通わせ友情を育んでいくが...

アフリカ映画でも珍しいアンゴラ産映画。それもその筈。膨大な情報量を誇るIMDbですら、アンゴラ映画は81作品しかない。その殆どがドキュメンタリーやショート映画なので、長編になると更に数は減る。しかもアンゴラは長い間内戦に苦しんだ。その内戦直後に作られた貴重な作品なのである。しかもアンゴラ出身の女流監督。その監督が伝えたかった物語は、内戦で傷ついた子供達である。この映画の主人公ン’ダラはとにかく素直で目がキラキラと輝いている。曇りの無い目。そんなン’ダラと同じ境遇ながら兄貴分として世話をするンガンガ(本当はゼ’)も同じように目が輝いており、夢を語る時には本当に可愛らしかった。しかし2人共、親は居ない。戦争がそうしてしまったのだ。彼らは今の状況にすがり、そして悪い大人たちにもすがるしかない。そんな子供たちの物語を監督は冷静に伝えていく。悪い大人たちに向かって、残酷なまでもそのまま伝えていくのだ。ンガンガという戦争英雄伝説と共に。

子供たちの笑顔と目の輝きが忘れられない。そしてそれが余計に観客の心を苦しませる事になる。最後はただただ悲しすぎて呆然としてしまう。心が抉られ、そして心が痛む。戦争も悪い大人も馬鹿野郎!!
(Reviewed >> 10/10/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
何気に借りて、何気に観たのですが、超最高でした!アフリカ映画の1作なのですが、なんとアンゴラから。アフリカ映画というと、昔はセネガル、今は南アフリカとナイジェリアが主流。アフリカは植民地とされていた国からの影響が強い。アンゴラはポルトガルの植民地だった。その時代から映画制作の機関はあったみたいだけど、ニュースリール等が主。まあやっぱりセネガルのように、映画産業が盛んなフランスとはポルトガルも違うのもあって、アンゴラ産映画は中々難しかったんでしょうね。更には、アンゴラは世界的に映画が急成長する1970年代から2003年までずっと内戦で苦しんできた。その内戦直後に作られたのが、この作品。アンゴラ出身の女性監督による、それはそれは貴重で珍しい作品っていう訳です。これが驚きの作品でしたよ!

1991年、迷彩を羽織った軍人が多く乗る飛行機に、同じように沢山の子供が尼僧と共に乗っていた。飛行機が到着した場所は、アンゴラの首都ルアンダ。尼僧に導かれ、バスに乗り込む子供達。しかしそこから1人の男の子(ロルダン・ピント・ジョアン)が上手いこと脱走する。町に辿りつく少年。当てなど無い。夜に疲れ果てて、ベンチで寝てしまう。しかし夜中には外出禁止令が出ているので、軍人が見回っているのだ。休む暇もなく、また歩き始める少年。海にたどり着く。そこでテントを発見。中には誰も居なかったので、その中で寝てしまう。朝になるとそのテントの住人と思われるおじさんが食事を作っていた。おじさんは、激しく問うわけでもなく、少年にどうしたのだ?と聞くと、「名前はン’ダラ。12歳。ビエから尼僧に連れてこられた。両親が殺されたんだ。でもビエに戻りたい。そしてお腹空いた!」と素直に話した。おじさんは、作っていた物をン’ダラに渡す。尼僧は、ラジオを通じてン’ダラの消息の情報を求めていた。また町を彷徨うン’ダラ。とあるアパートで、ンガンガ(ドミンゴス・フェルナンデス・フォンシカ)と出会う。最初は盗人かと思われたが、また素直に顛末を話すン’ダラ。ならば俺が世話するよ!と、映画に連れていったり、知り合いの女性にン’ダラの世話を頼んだりした。ンガンガも両親を亡くし、今住んでいるゴッドマザーと呼ばれる女性の所で世話になっていた。世話というか、殆ど召使のようだったが... ンガンガの心のよりどころは学校での演劇であった。ンガンガという名前は、今練習している劇の役名で、本当はゼ’であった。シネマ・アーティストになるのがゼ’の夢。そしてン’ダラは、ゼ’に紹介されたメカニックの男ジョカ(ラウル・ロザリオ)に憧れるのであった。しかしジョカの本当の姿が、ン’ダラを陥れていくのであった...

もうね、最後は胸が締め付けられる。映画を観て、最後にここまで放心状態になった事は無いわーという位、ラストは辛い。最後、ン’ダラの引き金になったのが、やっぱり長く続いた内戦の為なんだよね。両親が目の前で殺されたトラウマ。でも、ン’ダラもまだまだ少年で子供なので、殺されて星になった両親の話しを尼僧から聞いて、「そこに僕も行きたい、でもここの空じゃないんだ、故郷ビエの空なんだ!」なんていうシーンは、涙ボロボロですよ。このシーンと少年2人が映画を見ているシーンは、本当に目が純粋でキラキラしていてね。このン’ダラを演じた少年がこれまた良い感じのサイズだから余計に切ない!そして兄貴分的なゼ’がこれまた良いお兄ちゃんでね。物凄い優しいんだけど、タバコとかビールとか覗きとか教えちゃうの。世話になっているオバサンはただコキ使うだけで、しかもギャーギャーうるさい!かなり可哀想な境遇のゼ’は、話しを聞いただけでン’ダラを理解して兄貴分になってしまうのが最高でした。彼もまた内戦の被害者。でも希望がある。ゼ’が大きな夢を持って邁進しているのが、観客の心の救いどころ。

あと、大した事じゃないんだけど、ン’ダラとゼ’が映画を見に行く時に、ン’ダラが持っていたバックとワイヤーで作ったン’ダラ製のオモチャを置いていけと言うシーンがあって、ン’ダラは手放したくなかったけど、ゼ’に無理矢理置いて行かれてしまうシーンがあって、あーあれ絶対に盗まれるわーと思ったら、次の朝ちゃんとあったのが嬉しかった。

冒頭のタイトルとかクレジットの出し方とかもお洒落だし、ラストでン’ダラを追い詰めていく描写もカッコいい。あのアパートの空洞感がいいね。映像の素晴らしさ&面白さもあった。

少年たちの青春に、アンゴラが抱える戦争の爪あと、そしてどこにでもある搾取する者とされる者... アフリカなんて興味ないし、アンゴラってどこ?っていう人にこそ見てもらいたい人間ドラマ。知って放心するといい!!

 トリビア
オリジナルタイトルは『Na Cidade Vazia』。アンゴラが舞台で制作。アンゴラ出身女性としては初となる監督作品。

 その他

 受賞歴
* Creteil International Women's Film Festival
2004 Won Graine de Cinephage Award : Maria Joao Ganga

* Paris Film Festival
2004 Won Special Jury Prize : Maria Joao Ganga
2004 Nominated Grand Prix : Maria Joao Ganga

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0397557/
http://en.wikipedia.org/wiki/Hollow_City
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2014-10-11
>> HOME