2595
Cast >>Roger Guenveur Smith (Huey P. Newton)
Director >>Spike Lee
Writer >>Roger Guenveur Smith
Producer >>Steven Adams, Marc Henry Johnson
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"See these people always just wanted to believe in the image that they created of me but they never really wanted to believe in me, doin' the things that I really felt were important to me"
(Reviewed >> 11/8/17:DVDにて鑑賞)

 100本映画
主張の強い男ロジャー・グーンヴァー・スミスの真骨頂『A Huey P. Newton Story』

ロジャー・グーンヴァー・スミス、グーンヴァーの主張が強い。ロジャー・スミスだったらグーグル先生の検索では埋もれてしまうありきたりな名前だ。そんな主張の強い名前を持つロジャー・グーンヴァー・スミスは、スパイク・リー作品でおなじみの顔だ。『American Gangster / アメリカン・ギャングスター (2007)』で、戦地でヘロイン調達する悪い軍人役が私は好きです。そんなロジャー・グーンヴァー・スミスがロドニー・キングを演じた独り舞台『Rodney King / ロドニー・キング (2017)』を制作し、その前にそういえばヒューイ・P・ニュートンの方を書いていなかったじゃん!と、その前に観た。旧知のスパイク・リーが監督。スミスが1人で戯曲を書いている。

ヒューイ・P・ニュートンとは、ブラック・パンサー党(黒豹党)の設立者の1人。ヒューイという名前はアニメ『ブーンドックス』に受け継がれた。そして彼もミドルネームの頭文字「P」の主張が強い。実はこのミドルネームのせいで、幼い事はいじめられたらしいが、お母さんがPを取る事は許さなかったそうだ。話を戻すと、ブラック・パンサー党とは、マルコムX亡き後、自衛武装をし革命を起こそうとしていた。そのブラック・パンサー党の歴史はヒューイ・P・ニュートンの歴史でもある。いや、あの時代を駆け抜けた男たちの歴史であろう。とはいえ、皆さんご存知だと思うが、私は熱烈なるキング牧師のフォロワーであり非暴力こそ最善の策だと思っている人間だ。しかし、ヒューイ・P・ニュートン(とフレッド・ハンプトン、そしてマルコムXは言わずもがなの3人)だけはなぜか惹かれる部分がある。彼が書いた自伝「白いアメリカよ、聞け」にはとても感化された。なので『ムーンライト』でオスカーと黒人について書かせてもらった時に、その日本語タイトルをオマージュさせて頂いた程だ。ヒューイ・P・ニュートンの何が好きかというと、とても柔軟な所。マルコムXにBMFのジョージ・ジャクソンなどにとても影響を受けていながら、それでも自分というしっかりとした芯を彼らからは感じる。他にも色々な物・人から影響を受けているのが伺える。自伝でも触れているが、映画『Black Orpheus / 黒いオルフェ (1959)』を高校生の頃に観て、多大なる影響を受けている。彼は高校生にしてこの映画を観て、死というものを見つめ、そして悩み深く考えている。この舞台でも、『黒いオルフェ』と死について語っている。

と、先にヒューイ・P・ニュートンについて語ってしまったが、この舞台は小さく低いお立ち台に椅子とマイクとロジャー・グーンヴァー・スミスのみ。その周りを囲むように柵があり、その向こう側に観客がいる。柵越しにロジャー・グーンヴァー・スミス演じるヒューイ・P・ニュートンを観る事になる。この舞台は演じるというか、ヒューイ・P・ニュートンの魂が移り込んだロジャー・グーンヴァー・スミスが語るという方が正解かもしれない。ヒューイ・P・ニュートンが柵越しの観客に語り掛けていく舞台。そしてスパイク・リーの『The Original Kings of Comedy / キング・オブ・コメディ (2000)』や『Passing Strange / 日本未公開 (2009)』がそうだったように、スパイク・リーはそのままの舞台を映像化するのではなく、映像に細工してチョイ足しする。実は私はそれがちょっと嫌いだったんだけど、今回ばかりはそれがいい方向へ向かった。今回は演じているロジャー・グーンヴァー・スミスのバックに実際の映像や、『黒いオルフェ』の映像をはめ込んでいた。観客の創造を容易にしていた。

そしてこの舞台の凄い所は、観客を巻き込んだ所だろう。時には語り掛け、時には一緒に歌まで歌う。観客との一体感が素晴らしかった。ロジャー・グーンヴァー・スミス、名前だけじゃなく存在感の主張も強い!最高だ。

 トリビア
監督を担当したスパイク・リーの作品で御なじみの俳優ロジャー・グーンヴァー・スミスがブラックパンサーのリーダーだったヒューイ・P・ニュートンの扮した1人芝居を映像に収めた。
彼はこの舞台でオビー賞を受賞している。

 その他

 受賞歴
* Banff Television Festival
2002 Won Rockie Award Best Performance Program

* Black Reel Awards
2002 Won Network/Cable - Best Actor : Roger Guenveur Smith
2002 Nominated Network/Cable - Best Director : Spike Lee
2002 Nominated Network/Cable - Best Film
2002 Nominated Network/Cable - Best Screenplay (Original or Adapted) : Roger Guenveur Smith

* Image Awards
2002 Nominated Outstanding Actor in a Television Movie, Mini-Series or Dramatic Special : Roger Guenveur Smith
2002 Nominated Outstanding Television Movie, Mini-Series or Dramatic Special

* Peabody Awards
2002 Won Peabody Award

 サウンドトラック
1. "Ballad of a Thin Man" - Bob Dylan
2. "Manha de Carnaval" - Marc Ribot
3. "Tighten Up" - Roger Guenveur Smith
4. "Juicy" - Roger Guenveur Smith
5. "Where is the Love" - Roger Guenveur Smith

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0278490/
http://en.wikipedia.org/wiki/A_Huey_P._Newton_Story
http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=571851

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 0000-00-00
>> HOME