4933
Cast >>Keegan-Michael Key (Clarence Goobril / Smoke Dresden), Jordan Peele (Clarence Goobril / Smoke Dresden), Jason Mitchell (Bud), Luis Guzman (Bacon) Will Forte (Hulka), Nia Long (Hannah), Method Man (Cheddar), Tiffany Haddish (Hi-C), Darrell Britt-Gibson (Trunk), Jamar Malachi Neighbors (Stitches) ...
Director >>Peter Atencio
Writer >>Jordan Peele, Alex Rubens
Producer >>Keegan-Michael Key, Jordan Peele, Peter Principato, Paul Young, Joel Zadak
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>04 / 29 / 2016

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"Everything happens for a reason"
麻薬売買のアジトとなっていた教会で全員が殺された。後に「教会大虐殺」と呼ばれ、LAのギャングたちが恐れた。犯人はオールタウン・ボーイズと呼ばれるドレスデン兄弟(ジョーダン・ピール&キーガン=マイケル・キー)の2人。しかし現場で発見したのは、子猫。彼らはその可愛さに心奪われる。しかし警察が到着して捕まった。ドレスデン兄弟から逃げた子猫はLAの街を走り回った。一方で恋人と別れ気力の無いレル(ジョーダン・ピール)は、従兄弟のクラレンス(キーガン=マイケル・キー)から励まされていた。そんな時にレルの玄関には子猫が居た。子猫にキアヌという名前を付け、レルはキアヌを可愛がった。しかし2週間後、アパートに戻るとキアヌが誘拐されていた。レルとクラレンスのキアヌ探しが始まるが...

とにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコが登場するたまらないコメディだ。映画にはまだ余り出ていないので、日本では知名度がイマイチないジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーだが、アメリカではコメディセントラル・チャンネルの番組でそこそこ顔が知られた2人だ。その2人による初主演映画。気合いが入る。とにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコが主役ではあるが、ちゃんとそのピールとキーのお得意であるちょっとナードで斜めなジョークが随所一杯あって、2人の見どころも満載である。何しろアメリカでデュオでコメディをやるのは珍しいので、その2人の息の合った掛け合いも見物なのだ。彼らを支えた共演者も面白かったし、ゲスト出演も最高だったし、何しろジョージ・マイケルの曲がナイスアシストであった!そしてとにかくカワ(・∀・)イイ!!ネコも素晴らしいアクションや切ない表情を見せてくれた、とんでもない役者である。

キー&ピールに大笑い、ネコにウットリ。とにかく顔は緩みぱなしだ!実はネコ派でも犬派でもなく、パンダ派の私ですけど、それでもこのネコに可愛さにやられた!
(Reviewed >> 5/1/16:劇場にて鑑賞)

 100本映画
んもう、とにかくカワ(・∀・)イイ!!ニャンコ先生😹!ひょんな事から、振られたばかりで落ち込んでいた男の前に現れ、キアヌ(ハワイの言葉で涼しい風。もちろんあの!)と名づけられたニャンコ先生。その男をとにかく癒した。が、部屋に強盗が入り、なぜかキアヌだけが奪われた!という事で、落ち込む男を心配している従兄弟と共にキアヌ探しに疾走。キアヌは町のギャングになぜか飼われていた。2人は別のギャングを装い、ギャングに侵入してキアヌを探すが...っていうコメディ。キアヌは可愛いだけじゃなくて、アクションも 人 猫一倍頑張る!凄いキレがあったので、ウェズリー・スナイプスかよ!と思う位。このキアヌが猫一番の役者だね。こちらもとても癒される。そのキアヌと同じ位、映画のいいアシストをしていたのが、ジョージ・マイケルの曲。ギャングの人たちがジョージ・マイケルを知らなくて、どんどん好きになっていくのが笑った。黒人の間にも色々なギャップや違いがあって、それを笑っているのが心地いい。主役は、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キー。と書いた所で日本では無名。アメリカではコメディセントラルにて『キー&ピール』というコント番組で有名になった2人。アメリカのコメディアンはスタンダップコメディと呼ばれる、所謂一人でやる漫談が主流。ほぼ99%が一人漫談。だけど、たまーーに、本当にごくたまーーーーーーーにコンビが居る。コメディ創世記のバート・ウィリアムスとジョージ・ウォーカーもコンビだったし、80年代にはティム・リードが白人とコンビを組んでいた。デフ・コメディ・ジャム時代にも居た(名前失念)。でもキー&ピールは、コンビである事にこだわっていないと思う。たまたま2人で番組始めただけで、これからはコンビで出るのは少なくなるかも?元々一人ずつだったし。という訳ですが、コンビで初主演がこの作品になりました。特別ゲストも最高に笑えるよ!良い人達だなーって。とにかく劇場でゲラゲラ笑いました!

 トリビア
コメディショー『Key & Peele』のコンビであるキーガン・マイケル・キーとジョーダン・ピールが2人そろって初主演となるコメディ映画。ピールが脚本。他にも『ストレイト・アウタ・コンプトン』のイージーE役で好評のジェイソン・ミッチェル、ウータン・クランのラッパーであるメソッドマン、ベテラン女優となったニア・ロングなどが出演。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2016 映画秘宝 私が選んだベスト10 2016年度9位
2015 映画秘宝 私が選んだベストガール: キアヌを演じた子猫7匹(オス猫もいましたが)
2016 Won Best Movie of the Year (Comedy/Musical)
2016 Won Best Female Supporting Performance of the Year : Tiffany Haddish / ティファニー・ハディッシュ

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt4139124/
https://en.wikipedia.org/wiki/Keanu_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=359447

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available


Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2016-01-22
>> HOME