3369
Cast >>Edouard Bamporiki (Emmanuel), Cassandra Freeman (Lt. Rose), Marc Gwamaka (Patrique), Zaninka Hadidja (Jeanne), Mutsari Jean (The Mufti), Cleophas Kabasita (Francine), Hassan Kabera (Ishmael) ...
Director >>Alrick Brown
Writer >>Alrick Brown, Ishmael Ntihabose (story), Patricia Janvier, Charles Plath
Producer >>Alrick Brown, Darren Dean, Tommy Oliver
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
One Language, One Love
町の遠くでは銃声が聞こえるルワンダ。その喧騒から逃れるように、若者達は家の中で音楽や踊りに夢中になっていた。その部屋に居たのが、パトリケ(Marc Gwamaka)とジーン(Zaninka Hadidja)だった。2人は恋心を抱いていた。帰りがちょっと遅くなったジーンは、両親に隠れるようにこっそりと家に帰る。しかし、その両親は何者かによって殺されていたのだった。そして場所と時は変わり、殺人者達の更生施設では、殺人者達が次々と自分の犯した罪を告白していた。しかし、エマニュエル(Edouard Bamporiki)だけは心を閉ざしたままだった。そして敬虔なモスリムの指導者の家では、子供達がいたずらをして、父(Mutsari Jean)はカンカンに怒っていた。そして別の場所では、ローズ将校(Cassandra Freeman)と正義感溢れるフレッド軍曹(Kena Onyenjekwe)がツチ族救出の為に戦っていたのだった…

サンダンス映画祭にて観客賞を受賞した、ルワンダが舞台の作品。しかしサンダンスよりも先に行われた日本のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、大賞を受賞している。
「ホテル・ルワンダ」と同じくルワンダの虐殺がテーマ。しかし、この映画の面白さは、ヒーローを描いただけだったり、その残酷さを描いただけじゃない所。一番の中心にいるのは、ルワンダの普通の人々。その人達が、この問題に対してどう感じ、どう行動したかが描かれている。アフリカが舞台の映画にしては珍しく、ハイパーリンクで映画が語られていく。そう「クラッシュ」などで人気となった手法。様々な人が結ばれていく。ジャマイカで生まれ、アメリカで学んだアリック・ブラウンの初の長編作品。その監督がどうしてここまでルワンダ人の心を上手く描いたのかは、私にも謎だが、監督は旅行に出かけたアフリカに魅せられ、現地で活動した事もあったらしい。そんな彼がさりげなく「ホテル・ルワンダ」の皮肉的な裏話を入れているのも面白い。そして、どんどん謎が明らかになっていくラストが見事。ラストは思わず「うわー!」と唸ってしまった。映画のラストとして完璧である。

タイトルは「ルワンダ語」という意味。ツチもフツもこの言葉をしゃべる。だからこそ、仲たがいがあったとしても、謝れば分かり合える時が来る。フツにとってツチを意味するゴキブリという蔑称。イシュメルという少年にとっては、ゴキブリはゴキブリだった。言葉の持つパワーを知らさせる。
(Reviewed >> 8/15/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
今やインディペンデンス系映画祭の最高峰とも言えるのが、ロバート・レッドフォードのサンダンス映画祭。そこで観客賞に輝いた作品。でもこの映画を世界で一番最初に認めたのが日本。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011で公開され、最優秀作品賞を受賞。いやー、日本の配給会社さん達が、アフリカの映画やアメリカのブラックムービーを悉く「売れない」と避けてらっしゃるのはその配給数で十分に感じております。面白くなくたって、デンゼルが主演なら公開はされる!その状況には悲しく、そして切なく思う。確かにデンゼルは素敵だ。でもたまにはつまんない映画にだって出るよ。でも日本には芸術を分別出来る人たちがまだまだ沢山残っているようですね。良かった!売りにだけ走るから、悪循環で見る目を養えない。もっと映画人を増やせるような配給をお願いしたいものです。

こちらもルワンダを描いた作品。「Hotel Rwanda / ホテル・ルワンダ (2004)」が興行的・批評的にも成功を収めて以来、ルワンダを描いた作品は多産され続けてきた。その映画の多くは、ルワンダ虐殺の残虐性が描かれ、そこで生まれたヒーロー達が偶像化された。しかしこの映画にはルワンダ虐殺で傷ついた人達や立ち直った人達の心が描かれている。ルワンダ虐殺をハイパーリンク方式で描いているのも面白い。あの虐殺によって多くの人と人の運命が交差していくのだから。主人公は、ティーンの男女、モスリムとその家族、そしてキリスト教説教師、そして嫉妬するフツ。冒頭はティーンの男女が遠くで銃声が聞こえる中、家に集まりみんなでパーティをしている。銃声を聞きたくないから、自然と音楽のボリュームは上げられ、彼等は大きな声で歌う。と、何てことないシーンなのだけど、これが後でこの若者達はフツとツチの両方がいる事が分かる。若者にとっては、フツとツチなんて関係ない...と思ったりもするのだけど、同じ年頃の男の子の中にはツチに物凄く今までの恨みを持っている子も居たりする。まあその辺が、このルワンダ虐殺の根の深い部分。

と、冒頭から何気ないシーンが多い。しかも最初は人物像を追うのがちょっと大変。でも最後は見事にそれが全て結びつく。ハイパーリンク方式を上手く使ったんです。最後は上手すぎで、ウォーと唸ってしまいました。タイトルが「ルワンダ語」っていうだけあって、台詞の使い方も上手い。国連の車が日本の中古車だったりするのが、日本人としては胸熱。まあ一番胸熱なのは、キリストの説教師を助けるモスリムの指導者達。映画だから必要以上に美しく描かれているのは分かっているけれど、今の中東の反アメリカのデモを見ていると、どうしてこうなってしまったの?としか思えない。たかが見知らぬ映画監督が作った映画一本で??アメリカを代表するようなスピルバーグとかルーカスとかが作った映画なら分かるけど... それに信仰心で人殺しちゃうなんて到底理解出来ないわ。だったらさ、この映画一本で、世界が幸せになってもいいじゃんか!と、能天気な映画好きの私は思う。というか願う。まあアメリカもアメリカで、この大事な時期に民主党だろうが共和党だろうが、一つになれないなんてダメだね。言葉が通じ合うからこそ、謝罪すれば許す事だって出来たのだ。

と思わせるような一体感のある映画。ルワンダはルワンダ語で一つになった。アメリカ版のDVDにも使われたイシュメル少年が印象的。小さいけれど、今日の写真もそのイシュメル君。

 トリビア
ルワンダの大量殺戮が行われていた1994年に実際にあった話を映画にした作品。ルワンダのイスラムのムフティー(指導者)は、殺戮に加担する事を禁止するファトワーを発令した。キガリにあったモスクは、モスリムもクリスチャンもツチもフツもみんなが集まれる逃亡所となった。

日本ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011で上映され、最優秀作品賞に選ばれた。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2011 Won Best Movie of the Year (Drama)
2012 映画秘宝 私が選んだベスト10 2012年度3位

* AFI Fest
2011 Won Audience Award
2011 Won Best International Feature Film

* Black Reel Awards
2012 Nominated Outstanding Foreign Film

* Heartland Film Festival
2011 Nominated Crystal Heart Award
2011 Nominated Feature Film

* Image Awards
2012 Nominated Outstanding Directing in a Motion Picture (Theatrical or Television) : Alrick Brown
2011 Nominated Outstanding Independent Motion Picture
2011 Nominated Outstanding Writing in a Motion Picture (Theatrical or Television) : Alrick Brown

* Skip City International D-Cinema Festival
2011 Won Best Picture - Feature Length Feature Film

* Sundance Film Festival
2011 Won Audience Award World Cinema - Dramatic : Alrick Brown
2011 Nominated Grand Jury Prize World Cinema - Dramatic : Alrick Brown

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1572154/
http://en.wikipedia.org/wiki/Kinyarwanda_(film)
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-11-28
>> HOME