2243
Cast >>Freddie Highmore (Hally), Ving Rhames (Sam), Patrick Mofokeng (Willie) ...
Director >>Lonny Price
Writer >>Athol Fugard (play), Nicky Rebello (adapted for the screen by)
Producer >>Michael Auret, Zaheer Goodman-Bhyat, David Pupkewitz, Morris Ruskin
Genre >>Drama
Country >>South Africa

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
Boy Harold and the gentlemen
サム(ヴィング・レイムス)とウィリー(パトリック・モフォケン)は、カフェでの仕事に向かっていた。ウィリーは近々あるダンス大会の事で頭が一杯になっていた。カフェでは、オーナーの女性の夫が病院に居て、慌しく出掛けてしまった。そして雨が降り始め、オーナーの息子ハリー(フレディ・ハイモア)が学校から戻り、カフェに寄った。ハリーは父が学校で失態した為、学校で虐められる事もあったのだった。サムとウィリーはハリーにダンス大会の事を話し始めるのだった...

「ツォツィ」等もヒットさせた南アフリカを代表する劇作家アソル・フガードの劇作を映画化。アソル・フガードはアフリカーナとアイリッシュの間に生まれたが、南アフリカのアパルトヘイトや差別問題を鋭く描くのが上手い。今回はハリー(タイトルの主人ハロルドの愛称)という少年を通じて差別問題を描いている。今回もサムとウィリーが中々バスに乗れなかったり、手帳を携帯する煩わしさをサラリと描いている。そして学校では虐められているハリーが、自分が差別する側にいつの間に居た。幼い時にサムに遊んで貰った時に、凄く楽しかったのに、いつの間にかサムの姿が無かった。それをサムはずっと理解出来ずに居た。ハリーがサムに座っておくように言ったベンチは、「白人専用」だった事を幼いハリーは知る由もなかった。そして、その事実を知った時にハリーは少し大人に近づいていたのである。そして嫌いだった父の事を少し理解するようになった。

夢無くしては、我々の進むべき道が分からない。ハリーを大人にさせていくサムの台詞が詩的で美しい。
(Reviewed >> 12/25/11;DVDにて鑑賞)

 100本映画
ヴィング・レイムスのおじきが出演している作品。いつもの雄たけびや「おじき」ぽさは無い。おじき、そういえばこういうドラマも出来るんだなっていう俳優根性を見せております。元々は南アフリカの有名な劇作家アソル・フガードの戯曲。アソル・フガードは戯曲だけでなく、「Tsotsi / ツォツィ (2005)」の原作となった小説も書いてます。この戯曲はブロードウェイでも上演されていて、オリジナルではダニー・グローバーがウィリーを演じ、「Vampire in Brooklyn / ヴァンパイア・イン・ブルックリン (1995)」等で知られるゼイクス・モカエがサムを演じた。2003年にもリバイバル上演され、その時にはダニー・グローバーがサムを演じ、マイケル・ボートマンがウィリーを演じている。しかもリバイバルの時にはオリジナルでハリーを演じていた少年が、演出家として参加しているのです。オリジナルでは、ゼイクス・モカエがトニー賞を受賞しています。もちろん、ブロードウェイ以外でも小さな劇場で上演されている劇であります。

舞台は1950年の南アフリカのニュー・ブライトン。白人の移住地区だけど、ウィリーとサムは働きにバスで来ている。そこにあるカフェで働いているのです。カフェは白人の夫婦が切り盛りするが、夫の方は病院で、妻の方がカフェも切り盛りしている。その日は、病院から電話があって、妻の方も病院に出掛けてしまい、ウィリーとサムだけ。ウィリーがボールダンス大会に出席するので、2人はその事で頭が一杯。でもウィリーはパートナーと喧嘩してしまい、困っていた。そして学校から戻ってきたのが、夫婦の1人息子ハリー(ハロルド)だった。ハリーはカフェで宿題をしながら、ウィリーとサムの話に耳を傾ける。サムは次第に人生の厳しさをハリーに語っていくのです。その時の台詞が素晴らしい。「良い日は世界では事故なんて起きてないと夢見る事から始まるのさ。でも実際にはアメリカはロシアにぶち当たり、イングランドはインドに、そして富裕者は低層者にぶち当たっていくのさ」と。さらにサムは「けど、夢無しには我々の進むべき道が分からないんだ」とも語るのです。

途中からは3人の密室劇となりますが、苦に感じませんね。というか、そうなってからが面白くなってくる。タイトルもわざと反意語を使っている風刺。社会的にはハリーが主人。でも実際にはサムがハリーに人生を教えるマスターである。ハリー役の子フレディ・ハイモアが少し若すぎるかな?とも思う。舞台やTV映画ではもうちょっと上だった。もうちょっと上の方が伝わりやすいかも。

そしてもう珍しい物でもなくなりましたが...というか、おじきの十八番でもあるかもしれない... ヴィング・レイムスがお尻出してまーす。これがあるから、おじきがキャスティングされたのかもしれないね。いや、違うっしょ。

 トリビア
南アフリカの有名な戯曲家アソル・フガードの戯曲が映画化。1982年のブロードウェイでのオリジナルキャストはウィリー役にダニー・グローバーで、サム役にゼイクス・モカエ。作品もトニー賞にノミネートされ、ゼイクス・モカエがトニー賞を受賞している。2003年にリバイバルされた時には、ダニー・グローバーがサム役で、ウィリー役にはマイケル・ボートマン。リバイバルされた時には、82年で少年のハリー役を演じていたルーニー・プライスが舞台監督となっている。
1985年のTV映画の際には、サム役にゼイクス・モカエ、ウィリー役にジョン・カナイ、ハリー役にマシュー・ブロデリック。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1234546/
http://en.wikipedia.org/wiki/Master_Harold...and_the_Boys_(2010_film)
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 0000-00-00
>> HOME