2930
Cast >>Isaach De Bankole (Ayodele Balogun), Danai Gurira (Adenike Balogun), Yaya Alafia (Sade Bakare), Anthony Okungbowa (Biyi Balogen), Bukky Ajayi (Ma Ayo Balogun), Angelique Kidjo (Ma Nike) ...
Director >>Andrew Dosunmu
Writer >>Darci Picoult
Producer >>Lars Knudsen, Jay Van Hoy, Matt Parker, Carly Hugo, Darci Picoult, Chris Maybach, Saemi Kim, Patrick Cunningham, Tony Okungbowa
Genre >>Drama
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
"But why? Why is it always the woman?"
NYでアフリカ料理のレストランを経営しているアヨデレ(イザック・ド・バンコレ)は、アフリカから呼び寄せたアデニケ(ダナイ・グリラ)と盛大な結婚式をした。アデニケは結婚式で実の母や義理の母にも沢山の子供を早く産みなさいと言われ、長者の女性にも男の子と女の子、そして双子を産むでしょうと言われた。それから18ヶ月、アデニケには中々子供が授からなかった。義理の母からは、物凄くプレッシャーを掛けられ、結婚を無効にして、他の女性と結婚させるとまで言う始末。そんな義理の母は、「男は自分が父親なんて分からない、事実を知っているのは母親だけ」と、アデニケに言うのだった。しかもアヨデレは不妊治療に協力的ではなかった。プレッシャーの中でアデニケは信じられない決断をしてしまう...

イヴ・サンローランのアシスタントデザイナーをしていたオシャレ監督アンドリュー・ドスンムの最新作。今回も撮影技師はブラッドフォード・ヤング。そのヤングは、別の作品とこの作品でサンダンス映画祭の撮影技師賞を獲得。今回は派手な光を使う事はなかったが、日常の本物の光だけを頼りに撮っているのが面白い。今回は壁と衣装の色使いにとても凝っている。そして今回は脚本がちゃんとしていて、物語がしっかりとある。まあ女性の多くは経験しているであろう「産め」プレッシャーとストレス。私は25歳で1人妊娠・出産したが、その後は今でたまーにも「もう一人産まないの?」というプレッシャーを受ける。さすがに最近は減ってきたけれど、20代後半と30年代前半は酷かった。なので、この主人公の女性が感じたプレッシャーは非常に理解出来る。上の世代と今の世代の結婚に対する価値観の違いもある。

アンドリュー・ドスンムは今回、ブラッドフォード・ヤングの大胆な色使いと光によって、そして俳優達の非常に集中力のある演技によって、女性のストレスと社会的な位置をぶきみなまで見事にむき出しに再現している。
(Reviewed >> 2/8/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
ブラッドフォード・ヤング。絶対に名前を覚えておいて欲しい人物。インディ界隈で今最も期待されているシネマトグラフィー(撮影技師)。その証拠にインディペンデンス映画の最高峰「サンダンス映画祭」のシネマトグラフィー賞を2回受賞している。最初は「Pariah / 日本未公開 (2011)」で、そして2回目はこの作品と「Ain't Them Bodies Saints」という作品で。まあー、彼の映像はとても癖があるけれど癖になる、本当に息をのむほど美しい。今回の監督も「Restless City / 日本未公開 (2010)」で組んだナイジェリア出身のアンドリュー・ドスンム。スティングの「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」ならぬ、ドスンムの「アフリカン・イン・ニューヨーク」。NY在住のアフリカ移民を描くのは、「Restless City」に続き2回目である。彼の作品のテーマはそれ。

今回は「ウォーキング・デッド」で刀を背負った超カッコいいミショーンを演じているダナイ・グリラが主演。彼女がタイトルの「マザー・オブ・ジョージ(ジョージの母)」を演じている。しかしまだ「ジョージ」は存在していない。物語はニューヨークでアフリカ料理のレストランを経営しコックでもあるアヨデレ(イザック・ド・バンコレ)に嫁いできたのが、「マザー・オブ・ジョージ」のアデニケ(ダナイ・グリラ)。結婚式の時から、早く子供を産めと言われるし、お告げでは男の子と女の子が生まれる事になっている。義理の母からも早く子供が産める腰につけるお守りを貰った。あれから18ヶ月、アデニケとアヨデレにはまだ赤ちゃんは授かっていなかった。義理の母からはネチネチと言われ、実の母とも電話で喧嘩。破れかぶれのアデニケは不妊治療をしたいと、アヨデレに言うけど、アヨデレは全然のる気無し。魔女的な所でお祈りをしてもダメ、良いといわれるアロエやお茶を飲んでもダメ。義理の母には「結婚無効にして、他の女の結婚させようかしら」と嫌味まで言われる。しかも義理の母は追い討ちをかけて「男は自分が父親なんて分からない、事実を知っているのは母親だけ」なんていうトンデモない事をアデニケに言い...

「Restless City」とは違って、起承転結のある物語。しかも重い。これね、30代の女性の多くが経験しているんじゃないかな?という私も経験している。私は25歳で子供を産んでいるので、そんな事ないでしょー!と思われるかもだけど、1人なので「2人目はまだ?」を30代の時に散々言われました!放っておけ!その2人目を育てるのは私で、君じゃないから!!余計なお世話様。っていうのを言った事ある皆々様、デリカシーに欠けているよと、心に留めておいてください。なんてことない事を言ったと思っているだろうけど、本当にプレッシャーになるし、ストレスになるし、何しろムカつきますので!この映画を見て反省して欲しい。と、私は心を鷲づかみにされました。

男の人はアヨデレ目線で見ると、見た後に非常に思う所があるんじゃないかな。俺ならどうするか?って。アヨデレの弟目線で見ても面白い。するか?しないか?両方ともに、正当論だけで簡単に出せる答えじゃないんだよね。また古い伝統を守るという事と、要らない伝統を変えていくというテーマもある。

所でヤギが畜殺されているシーンが長々とある。あれはジブリル・ジオップ・マンベティ監督の「Touki Bouki / トゥキ・ブゥキ / ハイエナの旅 (1973)」のオマージュだろうね。そっくりなシーン。この映画での「犠牲」のメタファー。

途中途中で流れる不気味な旋律も良かったし、何しろブラッドフォード・ヤングの今回は壁の色使いが、主人公の気持ちを色で表現しているようだった。「ウォーキング・デッド」であんなにカッコいいダナイ・グリラが、この映画ではとても献身的で脆いアフリカから来た移民を演じている。でも、生まれてくるかもしれない「ジョージ」が一番気の毒なんだよね。でも決意したアヨデレの顔を見ると、大丈夫かな?という希望も少しだけある。と、今回は前回とは全然違う重いテーマをこれまた見事にアンドリュー・ドスンムとブラッドフォード・ヤングがやってくれていた。やっぱり予想通り、脚本がよければこのコンビは最強!!

 トリビア
「Restless City」のアンドリュー・ドスンムの作品。またニューヨークに移住したアフリカ移民の物語。「Restless City」に続いて、ブラッドフォード・ヤングが撮影技師を担当。
2013年サンダンス映画祭にて上映された。

 その他

 受賞歴
* The BEST OF SOUL
2013 Won Best Female Performance of the Year : Danai Gurira

* Black Reel Awards
2014 Nominated Outstanding Actress, Motion Picture : Danai Gurira
2014 Nominated Outstanding Breakthrough Performance, Female : Danai Gurira
2014 Nominated Outstanding Independent Feature : Andrew Dosunmu (Director)

* National Board of Review, USA
2013 Won Top Ten Independent Films

* Sundance Film Festival
2013 Won Cinematography Award Dramatic : Bradford Young
2013 Nominated Grand Jury Prize Dramatic : Andrew Dosunmu

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事
* 映画秘宝 2014年 5月号 まだ観ぬ最高に面白い洋画BEST50!!

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2094890/
http://en.wikipedia.org/wiki/Mother_of_George
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-01-27
>> HOME