1305
Cast >>Dhoruba Bin Wahad
Director >>John J. Valadez
Writer >>
Producer >>Peter Miller
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>N/A 演出 >>4 音楽 >>5

 レビュー
"Why I have to refuse to surrender to my enemy"
(Reviewed >> 8/23/17:DVDにて鑑賞)

 100本映画
「我々は戦う事を諦めない!」あるブラック・パンサー党員の叫び『Passin' It On』

トゥパック・シャクール自伝映画『All Eyez on Me / オール・アイズ・オン・ミー (2017)』の冒頭で使われたのがブラック・パンサー党員ドルーバ・ビン・ワハドのスピーチ。なぜかそれをマルコムXだと思っているバカな批評家もいる。トゥパックならマルコムの前にブラック・パンサー党員のスピーチ使うだろうに、本当にバカ!あの人たちは無知過ぎる。単純すぎる。何も分かっちゃいない。という訳で、ブラック・パンサー党のドキュメンタリーを。

ブラック・パンサー党と言っても、この映画はそのドルーバ・ビン・ワハドと、彼が属していたニューヨーク支部についてのドキュメンタリー。この作品では触れられていないが、トゥパックのママのアフェニ・シャクールもそこに属していて、ドルーバやこの映画でもインタビューを受けているジャマール・ジョセフの先輩であり彼らに教え込んだのがアフェニ。アフェニが逮捕される事になった「パンサー21」なども語られる。しかし、主役というかメインはドルーバ・ビン・ワハド。彼自身もインタビューを受けている。ドルーバはブロンクスで生まれ育ち、マルコムXと同じく刑務所内で転機を迎えて、ブラック・パンサー党に傾倒。ドルーバはパンサー党員となった後にも逮捕されているが、パンサー21とは無関係の事件なのだが関係なくもない。パンサー21を追う地方検事を狙い、検事の家を警備していたNY市警の2人に発砲した罪。2人は重症を負った。で、ドルーバが逮捕されたのが黒人向けナイトクラブで、そのナイトクラブでドルーバはマシンガンを持ち、客を全裸にして虐待していたらしい。なんでもそのクラブでは、警官たちが賄賂を貰う場所として有名で、クラックなどの麻薬売買が見過ごされていたという事で、麻薬なんかするな!という意味で虐待していたらしい。分かるような分からないような... 複雑。

何はともあれ、このドルーバ・ビン・ワハドという人が、とてもナチュラルなスピーチスピーカーというのは分かった。オバマ大統領もそうだったけれど、人に話を聞かせるのが上手い。恐らくアフリカで尊敬されていた語り部「グリオ」とはこういう人たちなのだと思う。言葉選びから話し方が上手い。生まれ持ったもの。

なんでもこれはジョン・J・ヴァラデスというラティーノ系監督の卒業プロジェクトだという。今もドキュメンタリーを撮り続けている。この作品には、あの『Slavery by Another Name / 日本未公開 (2012)』のサム・ポラードが制作総指揮で参加したり、『Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)』の伝説的なドキュメンタリー監督ウィリアム・グリーブスの撮った映像がアーカイブで使われていたりする。この作品自体はPBSにて放送された。

あの時代の力を持って推し進めていく「ブラックパワー」的な革新派のリーダーって、ストークリー・カーマイケルとかエルドリッジ・クリーヴァーとかみんなアフリカやキューバとかに亡命したけれど、ドルーバも亡命じゃないけれどアフリカのガーナに長らく住んでいたみたいで、DVDにはボーナス特典でガーナでインタビューを受けている映像があった。今は、アメリカに戻っている。

で、最初に書いたマルコムXの演説だと思っているアホが、続いて「(マルコムXの演説を使用したという事は)トゥパックがブラック・パワーの英雄という事を述べており...」とか書いていて、本当に無知で嫌になる。マルコムXはブラック・パワーの象徴みたいに使われるけれど、実際にブラック・パワーが台頭した頃には暗殺されてこの世には居ない。なのでブラック・パワーについて公言する事はなかった。「ブラック・パワー」を連呼したストークリー・カーマイケルやブラック・パンサー党でマルコムの思想が受け入れられただけの事。直接的な関係性はまるでない。何なら「ブラック・パワー」という言葉自体は、作家リチャード・ライトが1954年に既に使っている。イメージとかステレオタイプだけで語らないで欲しい。という事で、いかにアメリカのメインストリームでも黒人映画がステレオタイプやイメージだけで語られているのか、よく分かる例でもある。

 トリビア
ブラックパンサー党員ドルーバ・ビン・ワハドの19年の禁固刑で刑務所に入っていたが、判決が覆されて晴れて自由の身になった。そのドキュメンタリー。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0107787/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-07-22
>> HOME