2793
Cast >>Anthony Mackie (Tommy), Forest Whitaker (Angel), Sanaa Lathan (Maggie), Nicole Ari Parker (Sophie), Mike Epps (Ben) ...
Director >>Philippe Caland
Writer >>Philippe Caland (story), Shintaro Shimosawa (screenplay)
Producer >>Forest Whitaker, Philippe Caland, Philippe Caland
Genre >>Horror
Country >>USA

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>4

 レビュー
"Wipe the trouble out and let the beauty in"
トミー(アンソニー・マッキー)と兄のベン(マイク・エプス)は酔っ払って車を運転中に何かにぶつかり事故となった。4年後、トミーは作家として成功していた。その本はトミーが事故で瀕死からの生き残りを書いた本であった。本のサイン会に訪れたのがエンジェル(フォレスト・ウィッテカー)で、トミーの本を何度も読み返した後があり、熱心にトミーの話を聞いた。1対1でのセッションを願い出たが、トミーはもうやっていないと断った。ベンがトミーの元に戻ってくる。誰からか追われ、12000ドルを要求されているという。ベンを救う為にトミーはエンジェルの誘いを受け入れた。お金のために。しかしそれがトミーの後悔となっていく...

オスカー俳優のフォレスト・ウィッテカーと、これからオスカーが期待出来るアンソニー・マッキーのスリラー作品。監督は『ボクシング・ヘレナ』のプロデューサーで原案者のフィリップ・カラン。カランの『The Guru & the Gypsy』を観たフォレスト・ウィッテカーと彼の映画制作のパートナーであるニナ・ヤンがリメイク。脚本はホラー畑の『519号室』のシンタロウ・シモサワが書き直している。オリジナルは見ていないが、この作品に関して言えばニュー・オリンズの独特な土着な雰囲気を生かしたスリラー作品である。確かに予測はつきやすいプロットではあるが、それでもフォレスト・ウィッテカーが精神状態ギリギリの男を演じているというだけで面白いのだ。こういう役をフォレストにやらせたらピカイチだ。元々、何をしでかすか分からない怖さみたいのをフォレストは秘めている。そしてアンソニー・マッキーが演じる混じりのない真っ直ぐな男。しかし彼にはニューオリンズ生まれらしく土着な神秘性があって不思議な色気がある。この2人に絡んでくるのが、問題を抱えているマイク・エプス演じるベン。最近のマイク・エプスはシリアスドラマで絶好調である。

ニューオリンズのバイユーに潜む魔物。3人の男達が不思議にそして時には不気味に輝くのであった。
(Reviewed >> 6/28/14:DVDにて鑑賞)

 100本映画
なぜだろう?評判は良くなかった。しかし私は好きだ!フォレスト・ウィッテカーが「変な人」を演じているってだけで、ワクワクする!黒人のくせに普段は全くブラックムービーを見ないうちの夫も「フォレスト・ウィッテカーが変な人やっているいう映画あるでしょ?あれ観たいんだよね」と話していたほど。フォレスト・ウィッテカーの「変な人」はなんだか人をワクワクさせるのだ!

というのもあるし、何といってもアンソニー・マッキーが出ているからねー。観ない訳にはいかないのだ!!しかもアンソニー・マッキーの地元ニュー・オリンズが舞台!観ない訳にはいかないのだ(2回目)!

という訳で、ニュー・オリンズ。2人の男が随分と陽気に車を運転していた。車内にはガンガンとラップが響いている。おどけてハンドルから手を離す。トミー(アンソニー・マッキー)とベン(マイク・エプス)で、2人は兄弟のようだ。大笑いする2人。そんな時に何かにぶつかって、車は車道から逸れて事故った。ベンはすぐに意識があって、トミーの名前を呼び「逃げるぞ」と叫んだ。しかしトミーの返答はなかった。それから4年。トミーは本のサイン会に居た。トミーの書いた本のサイン会だったのだ。そこにやってきた男。トミーは彼が持ってきた本を見て、随分と自分の本を読んでくれているのが分かる程だった。男はトミーの本から引用する。「暗闇を呪う事よりもキャンドルを灯した方がいい」と。男はどうしてこの引用を本に付け加えたのか聞いてきた。そして男は、自分はエンジェル・サンチェス(フォレスト・ウィッテカー)という名前で、もし良かったら1対1でセッションして欲しいと頼む。トミーはカウンセラーで、自分の臨死体験を本にしていたのだった。1対1のセッションはもうやってないと答えたが、エンジェルは名刺を置いていった。そして突然ベンが帰ってくる。何も言わなかったが、どうやら人からお金を借りていて、12000ドルも借金していたのだ。トミーはベンの借金を返す為に、エンジェルとの1対1のセッションを受け入れる事にするが...

と...大体、ご想像はついちゃいますよね?大体、そのご想像通りに話は進んでいきます。が!!!面白いんです。フォレスト・ウィッテカーの「変な人」が最高です!!あの人は本当にああいう怪しい役をやらせると天下一品!!とことん怪しい!それに怖い。「あの人絶対におかしいよー」って言葉がぴったりなんです、フォレストは!!今日の写真見てよ!完全に危ないでしょ!!目が笑ってないとか、目が死んでいるとか...色々言われておりますが、実際のフォレストに会ってみると、実に地に足が着いた落ち着いた大人なんです。オスカーを獲得したあの『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』を地で行っていて、もっとギラギラしているかと思ったら大間違い!優しそうとまでは言いませんが、大人だー!と思わせてくれました。どちらかと言うと『Ghost Dog: The Way of the Samurai / ゴースト・ドッグ (1999)』の方が地に近いのかも??職人俳優。でも映画の中じゃ、こんな変な人が合うからね。びっくりです。さすがです!しかも娘には優しいパパだから余計に怖いー!!

で、アンソニー・マッキーね。最高よー。やっぱりニュー・オリンズ育ちなのねー。ああいう怪しげなバイユー的な土着な雰囲気がより一層アンソニー・マッキーに色気を出させているのですよ。彼はぜーーーーーったいにバンパイア映画やるべき!!もちろんニュー・オリンズが舞台で!スパイク・リーがリメイクしちゃったけど、『Ganja & Hess / 日本未公開 (1973)』のリメイクはアンソニー・マッキーでやるべきだったね。じゃないのが非常に残念なほど!

そしてマイク・エプスね。コメディアンだけど、『Sparkle / スパークル (2012)』で根性見せてから、私の中では急上昇中。この映画でもシリアスな演技が良かったですわね。滑舌が良くて早口。悪い言葉も彼だとなぜか聞けちゃう。この良い人なんだか悪い人なんだか、観客を翻弄させる役にはぴったり。

タイトルは後悔とか良心の呵責とか。でもそんなのかんけなーい!と、「変な人」フォレスト・ウィッテカーが色気のアンソニー・マッキーをギッタギタに虐めておりますの。もうそれだけで面白いの!

 トリビア
フォレスト・ウィッテカーが主演・制作をしているホラー映画。ウィッテカー演じる男が、アンソニー・マッキー演じるライフコーチしている男を誘拐して起こるスリラー作品。サナー・レイサン、ニコール・アリ・パーカー、マイク・エプス等が共演。スラムダンス映画祭にて公開。

タイトルが「Vipaka」から「Repentance」に変更。

アメリカでは2014年2月28日から限定公開。

 その他

 受賞歴
* BET Awards
2014 Nominated Best Actor : Forest Whitaker

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt2012665/
http://en.wikipedia.org/wiki/Repentance_(2014_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=350873

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-01-25
>> HOME