1627
Cast >>Tom Cruise (Stacee Jaxx), Julianne Hough (Sherrie Christian), Diego Boneta (Drew Boley), Russell Brand (Lonny Barnett), Alec Baldwin (Dennis Dupree), Catherine Zeta-Jones (Patricia Whitmore), Kevin Nash (Stacee Jaxx's body guard), Mary J. Blige (Justice Charlier), Paul Giamatti (Paul Gill) ...
Director >>Adam Shankman
Writer >>Chris D'Arienzo, Allan Loeb, Justin Theroux
Producer >>Adam Shankman, Jennifer Gibgot Tobey Maguire, Matt Weaver, Samuel J. Brown, Michael Disco, Garrett Grant
Genre >>Musical
Country >>USA
Release (US) >>06 / 15 / 2012
Release (JP) >>09 / 21 / 2012

 総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
Just Like Paradise
シェリー(ジュリアン・ハフ)は、オクラホマからスターを夢見て、ロサンジェルスに向かった。大好きなレコードが詰まったカバンがすぐに盗まれてしまう。そこで助けたのが、ドリュー(ディエゴ・ボネータ)だった。ドリューは有名なライブハウス”バーボン・ルーム”でバイトしながら、歌手を目指していた。ドリューの助けもあって、シェリーもバーボン・ルームで働くようになり、2人はすぐに恋に落ちた。しかしバーボン・ルームは経営が傾いており、外ではロック禁止を求める政治家の妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)がピケを張っていた。バーボンで昔ライブをしていて、今はスーパースターとなったステイシー・ジャックス(トム・クルーズ)が、バーボン救済の為にソロ転身前の最後のライブをバーボンでやる事になった。オープニングアクトが急遽キャンセルしてきたので、ドリューのバンドが代わりにやるチャンスを得た。しかし彼のマネージャーのポール(ポール・ジアマッティ)が、バーボンのオーナーのデニス(アレック・ボールドウィン)からお金を要求し...

ロック全盛期のナンバーが沢山つまったミュージカルの映画化。「ロック全盛期」なんて書くと、ロック好きの人は「今も全盛期じゃい!」と怒るかもしれない。怒るだろうね。80年代前半のロックは無茶苦茶カッコ良かった。今は全くロックを聞かなくなった私も、80年代は普通に聞いていた。ヴァン・ヘイレンにデフ・レパードにガンズにポイズン... 絶対的な個性があって好きだった。トム・クルーズが演じたステイシー・ジャックスは、アクセル・ローズにニッキー・シックスにブレット・マイケルズなんかを思い出させる。エキセントリックで危険な感じ。そして夢を掴もうと、ロサンジェルスに向かい、同じ夢同士の者が協力し合うのもいい。あの時の曲のように、主人公が明るいのもいい。そして、昔のタワーレコード。あそこには夢があったよね。その雰囲気が出てたのも嬉しい。ポール・ジアマッティの胡散臭さが最高!あれこそザ・80年代!

貸しレコード店で早業でレコードを探して、そのレコードからカセットにダビングして、ウォークマンで伸びてしまった曲を聴いていた人達には確実に胸がワクワクしてしまう作品。
(Reviewed >> 12/8/12:DVDにて鑑賞)

 100本映画
私、何度も書いている通り、80年代っ子なんですよ。うちの地元のテレビ局神奈川テレビは、なぜかその頃に洋楽ばっかり放送していたんです。環境的に良かったんでしょうねー。なので80年代の洋楽全般大好き!なのでありますよ。でも当時は今みたいに海外のCDが簡単に手に入るような環境ではなかった。でもね、80年代の終わり頃に、地元にWaveが出来たんですよ!当時はLPと、LPの高さでLPの半分の幅の箱に入ったCDが売ってたんですよー。今と比べると高かったですけどね。でもそれでも日本版よりは安かった。夢みたいな所でした。買ったよねー、ベリンダ・カーライル。神奈川テレビの番組にも一生懸命リクエストしてたよ。私ったら、かわいい子。まあ!

っていうのを思い出しちゃうような映画でした。オクラホマの田舎からロサンジェルスに出てきた女の子の夢と挫折、そして恋愛を描いているミュージカル。使われている曲が殆ど80年代と90年代初期。ポイズンの曲とか懐かしいーーー!デフ・レパードの曲も神奈川テレビでよーーーーく流れてたわ。主役のジュリアン・ハフは「フットルース」のリメイクにも出てたね。可愛い。でも声がちょっと細いかなー。こういうミュージカルだと、どうしてもクリスティーナ・アギレラみたいなドスのある声を期待してしまう。いや、逆に彼女位の方が癖がなくていいのかな?それにしても、主人公の男の子があんまりハンサムじゃないのが、がっかり。それこそ、ポイズンのブレット・マイケルズとかスキッド・ロウのセバスチャン・バックみたいなパツ金で、セクシーな感じが良かったなー。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの比喩は笑ったけどね。ジョシーZ。Zeeeeって所。まあでもこの映画は、トム・クルーズだよね。絶対に口パクだと思ってたんだけど、本人歌ってたらしいね。声が可愛い。猛特訓したらしいけど、歌は... でもあの当時のロッカーの雰囲気は出てたね。50歳というオッサンなのに、凄いよ。30歳そこそこに見えた。でもさすがに「卒業白書」の時にパンツ一丁で踊ってたのと比べると、オッサン度は酷いけどね。でもやっぱりトムクルはさすがだよ。

やっぱり、ポール・ジアマッティは上手いよね。あの当時のマネージャーとかプロモーターの胡散臭さが見事!ダサいポニーテールの髪型も最高!キャサリン・ゼタ=ジョーンズのダンスや歌のハリキリ具合に笑ってしまう。そこまで頑張らなくても... あとアレック・ボールドウィンのロン毛は、顔の大きさを目立たせてたね。メアリー・J・ブライジ姉さんが出てたから観たんだけど、正に姉さん!って感じでしたね。演技は殆どなくて歌が多かったので、姉さんにはちょうど良かった感じ。

つーかさ、タワー・レコードのアメリカのお店で働くのが夢だったわ。伝はあるので、いつか夢叶えてみせる!と思ったけど、アメリカのは潰れちゃったからね。日本のタワレコも、昔の方が好き。テープじゃなくって、ホチキスで止めてた頃のタワレコがね!そんな雑な所が、アメリカぽくて好きでした。

これを観て思い出した事がもう一つ。ロサンジェルスに住んでいる時に、車で目的地に向かう途中... 目に飛び込んできたのが、80年代にタイムスリップしたかのようなタイトなパンツ(もちろん皮製)にやぶれたTシャツ、そしてロン毛の4人組。彼等はその格好で、昼間なのにストリップクラブから出てきた。彼等がこの映画のようにこれから夢を掴む為にLAに居たのか、それか今もその途中か、それともこの映画の時代にやってきて夢破れて、そのストリップクラブから出てきたのか分からないけど、この映画観たら、急に思い出した。

これ舞台で見たら、数百倍面白いだろうね。やっぱり舞台の方がライブ感と圧倒感が凄いし。

ってかさ、この物語、ゴア夫人をモデルにしたりする所とか、クリス・ロックの「CB4 / CB4 (1993)」とかなりかぶってるよね!CB4のロック版ぽい!!

 トリビア
人気舞台ミュージカルの映画化。メアリー・J・ブライジが参加している。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Paradise City (Tom Cruise)
2. Sister Christian / Just Like Paradise / Nothin' But A Good Time (Julianne Hough, Diego Boneta, Russell Brand, Alec Baldwin)
3. Juke Box Hero / I Love Rock 'n' Roll (Diego Boneta, Alec Baldwin, Russell Brand, Julianne Hough)
4. Hit Me With Your Best Shot (Catherine Zeta-Jones)
5. Waiting For A Girl Like You (Diego Boneta, Julianne Hough)
6. More Than Words / Heaven (Julianne Hough, Diego Boneta)
7. Wanted Dead Or Alive (Tom Cruise, Julianne Hough)
8. I Want To Know What Love Is (Tom Cruise, Malin Akerman)
9. I Wanna Rock (Diego Boneta)
10. Pour Some Sugar On Me (Tom Cruise)
11. Harden My Heart (Julianne Hough, Mary J. Blige)
12. Shadows of the Night / Harden My Heart (Mary J. Blige, Julianne Hough)
13. Here I Go Again (Diego Boneta, Paul Giamatti, Julianne Hough, Mary J. Blige, Tom Cruise)
14. Can't Fight This Feeling (Russell Brand, Alec Baldwin)
15. Any Way You Want It (Mary J. Blige, Constantine Maroulis, Julianne Hough)
16. Undercover Love (Diego Boneta)
17. Every Rose Has Its Thorn (Julianne Hough, Diego Boneta, Tom Cruise, Mary J. Blige)
18. Rock You Like A Hurricane (Julianne Hough, Tom Cruise)
19. We Built This City / We re Not Gonna Take It (Russell Brand, Catherine Zeta-Jones)
20. Don't Stop Believin (Julianne Hough, Diego Boneta, Tom Cruise, Alec Baldwin, Russell Brand, Mary J. Blige)

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事

 リンク
Not availableJP Official Site

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1336608/
http://en.wikipedia.org/wiki/Rock_of_Ages_(2012_film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=341646

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack


Not Available
Not Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2012-04-16
>> HOME